2015年11月10日

ヴォク、ラフランスをいただいて Plus 光のお気に用紙(方眼紙はこれだ)

もはやお礼のしようがない。甘い果物に目がないのでうれしいことこの上ない。この日記をいつもなぜか読んでいる親戚が「◯◯いいなー」などとよくメールを送ってくる。そう言われると気まずいではないか。

DB670B71-89BC-4D63-8581-0B5F08716AD9.jpg

プリントの問題を勝手に解き直して練習しているところが見えてうれしさ倍増。

たまぼくシリーズのように恥ずかしいことも少しは書いているが、いただいたものを日記に書くのはさすがにどうかと思いこれまで極力書かないようにしていた。しかし最近一度書いてしまいどこで書かなくしたらよいのかの切れ目がわからなくなってきた。山本昌のスクリューボールみたいな切れが必要なヴォクなのだ(3回読んだ直後で頭の中がヤマモトマサ)。

Plus 光は文具マニアかも。子どもが持ってくる文具が気になって仕方がない。
でね、ヴォクがいつも解説を書くときに使っている用紙があるの。
それは方眼紙なの。
それは白い地でなんとぬあーーんとオレンジの方眼がひかれているの。
まじでオレンジなの。
もち、コピーしたら線が見えなくなるの。
用紙は0.7mmのシャープペンシルの芯で書くとよい音を出すの。
ヴォクは頷いたりのけぞったりしながらひとりドップラー効果を楽しめるの。
C15339A6-AE88-47EF-833E-1E975534782C.jpg
しかも、セリアで100円なの。
あまりに感動してはじめて見つけたその日に200セット大人買い発注したの。
それくらい気に入っているの。
ヴォクはオレンジとピンクの、方眼の色に驚いたの。
万年筆が方眼にひっかかっても方眼紙には万年筆では書かないの。
シャーペンでカリカリと音を鳴らしたいの。
方眼紙にシャーペンの芯を重ねるの。シャープペンシルの芯の音が島桑のボディで響いていい音になるの。
なんで文末にのをつけているのかはわからないの。
ほなねの。

紙質だけで選ぶなら、コクヨのセクションパッドとか、ライフのクリッパーレポート用紙などよいのが他にあるの。
でも木のペンで書いたときにいい音が鳴るのはこの紙なんだ。

以上が音編。
続いて書きやすさ編。
コクヨのセクションパッドとか、ライフのクリッパーレポート用紙、マルマンのレポートパッド report pad 、オキナのプロジェクトペーパー project paper 。

最後に総合で、
ヴォクのお気に方眼用紙は、・・・これだ。

OKINAオキナの seminar セミナー 5mm SQ(SPA45S)。
何と言っても目に優しい用紙。
これは育伸社さんの教材一式にも言えることだが紙質と紙の色はいちばん重要。
集中力に直接的に作用する。

オキナのセミナーはその点、総合でダントツに気に入っている。
黄色い地に黒い文字を書くと、ハチと同じ配色で視覚的効果が高い。




posted by ヒカリ at 23:00| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

ヴォク、かきをいただいて Plus チャクテビガの大虎杢のシャープペンシル plus 木材のデータベース

光っ子にかきをいただいた。
このお方にはつい先日も絵本などをいっぱいいただいたばかりなのにおいしそうなかきをいただいた。

お礼のしようがない。

くいしんぼうのヴォクは早速ナイフを手に取りかきをみつめる。どれにしようかな。

あ!
柿さんと目があった。

まさか、そ、そういうことなのですね。
ありがとうございます。

0584E15C-7EBB-4E90-B172-43A3452F4751.jpg

オレンジつながりでオレンズとかデルガードとか、あとクルトガの折れないシャープペンシルは好き。
でも木の軸でないと普段使いしない。

毎日使うシャープペンシルはチャクテビガの虎杢。
手の大きさに合わせてカスタムオーダー、銘木マニアのS職人に御製作いただいたもの。
ペルナンブーコもチャクテビガも大好きだが、虎杢の入ったチャクテビガなんて後にも先にももう2度と入手できないくらいの虎杢がびっちり細かく全面に入っている。

太いので木の迫力を手の中で堪能できる。
ひとつ問題はシャープペンシルばかり眺めてしまい書くのに集中できないことが多いことくらいか。
すごいすごいシャープペンシル。

plus データベースへのリンク
木材を調べるときに重宝している。
posted by ヒカリ at 22:30| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォク、55松井秀喜をいただいて plus 故郷の木のペン

6F5D522A-DCA0-4BA8-8B53-FE32E807D4E8.jpg
2:30にお越しの小学生が袋から取り出して突然くださった。
「おばあちゃんが好きなんです」

え! い、いいんですか!?

実は34にするか55にするかいつも悩むくらい大好きでして、うんぬんかんぬん。

この子にはつい先日もヴォクの苗字入りのキャンディーその他たくさんをいただいたばかりなのに、恐縮しきり。その時は袋にヴォクの名前が書いてありもーびっくり。あれ、ヴォク、サインとかしたことないよな。てか、これ、印刷されているというか、なんというか、袋のデザインの中に確実にヴォクの苗字が入っているような。

またしても差し出され恐縮しているはずなのに手がもう伸びているという。
ちゃっかり手が伸びてもう握りしめているという。

ありがとうございます。

plus ヴォクは鹿児島県の出身だ。鹿児島県で生まれいくつかの小中学校を出た後に高校時代までの大部分を鹿児島県で育った。
どんなときも桜島と屋久杉の木の香りがヴォクから離れたことはない。

お気に入りの木はいっぱいあるが、鹿児島の屋久杉の木のペンはいつも一軍ペンケースの中にある。
椿油で磨きながら屋久杉の香りをかぐ。

毛筆の筆のような形で太く製作された油木のこのペンはウネウネ杢の虎杢でヴォクの手の肌に椿油の潤いを与えてくれもする。
いつもありがとう、屋久杉のペンよ。


posted by ヒカリ at 22:25| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォク、34山本昌をいただいて

ただいま光っこがお母様と到着。
余っていたということでご本をいただいた。
ありがたいなー。
うれしいなー。
かっけー。

キスして教室の本棚の真ん中に飾った。

B19D55C5-5D31-4DEA-AE86-9FDBE4DDC27F.jpg

『山本昌という生き方』

でも余っているってどれだけ昌が好きなのだろう・・・

そもそも、ご旅行のお土産のお返しさえできていないのに、さらによりによっていちばん好きな山本昌を。

当たり前なので書いていないのだが133km怪速球はこのお方の本の題名である。

ついつい授業と関係のない話をしてはいけないと思いながらもどんどん続けてしまう。

え!もう読んだの?
あー、ヴォクは読んでないのだよな。
買っていなかったのだよな。
早速今夜読もう、ヴォクの目で。たのしみ。







posted by ヒカリ at 14:10| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

今日のイチロー

山本昌が引退してしまうというこの同じ年に投手イチローがメジャーで投げた。イチローが20歳の頃からずっと見たかった。

これが待ち望んでいた投手イチローの姿か。それはまるでいつものルーチンのことであるかのように投手イチローはマウンドにのぼり、力みもなくテンポよくぽんぽんとボールを投げた。それはまるで愛工大と中京の降雨ノーゲームの翌日の試合で、イチローが途中から投手として出てきたあのときと同じくらいの自然な、ごくふつうの仕草であるかのようだった。

投げる前も投げた後も、それはまるでキャッチボールのような自然さだった。

51 投手 イチロー

足を高く上げ、軽く力を抜いてビュッと投げるきょうのイチローも、すごくよかった。150は出さなかった。曲がるボール、スライダーも投げていた。
嗚呼。


70E04078-4A34-4E5F-ACC5-B7759FC7D002.jpg
この写真が上記のサイトで見られた。とてもいい写真だ。投手イチローのフォームは当たり前として、一塁手の真剣な構えがめっさいい。
とりあえずせめて同じ帽子がほしい。

posted by ヒカリ at 14:03| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

きょうのイチ plus 塾生の健康相談 plus 指導のタネ本


きょうのイチロー選手もよかった。
中日でもオレンジのシューズを履いてムネリンと一緒に野球をしてくれないかなー。

でもなー ベーブルースやピートローズがイチローを待っている。
帰ってきてとも願えない。

F63ABAF2-DEE1-435B-8E0B-DF3B767CBC25.jpg
画像は上記サイトより。

グランダル選手、それにしてもイチロー選手のあのポーズと似ている。
藤浪投手もムネリンもニッチローこと今村健太さんも驚くんじゃないかってくらいのすごい構え。
B3A724F6-4260-4688-ACEF-8A0C74E2B6CE.jpg

plus
今日の東大物理。
きょうの子は過去問を京都30年、東大30年分解いている。市販の新しい参考書も毎年よいのが多数出ているが、この子は古い一冊の参考書と過去問しかやらない。
代わりに過去問を解いては一冊の参考書を読み返し、また過去問を解いては同じ一冊の参考書に書き足している。変わったことを言う。私の知りたいことがここにいつも書いてあります、と。

plus
ヴォクは医師ではない。
光子の相談の中で多いものとして、体調不良の悩みがある。
頭痛の場合、通常の2タイプ(偏頭痛、緊張型)だけでなく何百種類もある。仮に2タイプのどちらかであったとしても自分の型を勘違いして逆の薬を飲んでいては薬が効かないどころか症状が悪化することも多くなる。副作用の問題や飲み合わせの問題も考慮せねばならない。
勉強法と違って気楽にいろいろ試すのは健康によくない。
病気はきちんと専門家に診てもらう必要性がある。相談先はヴォクではない。病気のことなら医師に診てもらえばよい。

plus 
教科指導のタネ本のことはヴォクはどんどんここに書いている。
良い本があれば独学ができる。
くわしい物理の新研究、くわしい化学の新研究、くわしい地学の新研究、山口英文法講義の実況中継、英語リーディング教本、英文解釈教室、古文解釈の方法、ほかあげるときりがないがhikari推薦独学図書についてはここ足音でブログをはじめるさらに前のSABの頃からほぼ全部公開している。
指導のネタもタネもすべてくわしい本の中に書いてある。
すばらしい参考書はどんどん伝えたい。


posted by ヒカリ at 12:21| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

サッカー 大久保嘉人 と 6plus サルビアのパープル紫とピュアホワイト白のアクアフレッシュ風ストライプ

野球もサッカーも見るだけだ。
プレイしたことはほとんどない。

サッカーはド素人でヴォクよりも周りの人の方がずっともっとサッカーを見ている。

「本田△」、『モリゲターン』、『ヨシトラップ』、『オオクボレー』を見ていちいち驚く程度の知識。

まあ知識などどうでもよろしい。代表の試合だけはなぜか気になって見ている。
みな足の速いこと速いこと。
マラソンの川内選手が見たくて買ったDVDの機械がこんなところで活躍するとは。
素人なので一部2倍速で見ていると選手の足が速く解説者の声が早口に聴こえる。
超速・トッキュウ・ワールドじゃ。

サッカーを見たら、大久保選手が出て叫んでた。珍しく何回も巻き戻してしまった。

きょうの大久保選手がチームメイトに向かって叫んでたシーンが印象的だった。
感動的だった。

あー、サッカーも本当にいいなと思った。


こんなことを言ってた気がする。周りの選手は流血していたり足を怪我していたりまだ試合に出られていなかったりそれぞれ色々だが、ヨシトがなんか叫んでるといった感じでポカンとしているようでもあった。ヨシトの言葉に驚き心の中で復唱しているようでもあった。

日本はそこからガラッと変わった(ような気がした)。


「無駄無駄無駄無駄、簡単にやれ、簡単に!」







ほなね。はなね。ほなはなね。
トッキュウジャーが闘いの舞台にする公園はきれいなところが多いに3000点。

plus サルビアとチェリセージが好きで庭に集まっている。

チェリセージは色んな色がある。
イエロー
レッド
ブルー
ピンク
これでグリーンの花が咲けば日曜日の戦隊物に出られるが5色めはパープルアンドホワイトのストライプ。

ホワイトのストライプがかなりやばい。
91D35357-7068-4B0B-8C28-20178342BDD5.jpg
BF461DFC-63EF-490B-90E2-EC39A724AD5D.jpg





posted by ヒカリ at 06:12| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

きょうのイチ

きょうのイチもわるくなかった。


40という年齢のことを尋ねられてそう応えたのかー。


中日穐村氏の記事へ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/mlb/news/CK2013011602000161.html
posted by ヒカリ at 06:30| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

きょうのマサ

落合博満がやめてプロ野球やキャンプを生で観に行くことがなくなった。

きょうのマサボールもわるくなかった。
一球投げるまでに気持ちが入っていた。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201210/CK2012102002000087.html

今日の小学生。
「せんせー、ここあっていたのに×でした。」

「うん、読みにくい字は内容に関係なく×。0点。」

「いまから丁寧に書きます。」
posted by ヒカリ at 10:49| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

きょうのイチ

きょうのイチもわるくなかった。


「(試合に至る)プロセスとしてもっとやっておけばよかったというのは一切ない。」(イチロー選手)(引用)



(引用)中日スポーツの紙面より
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/mlb/news/CK2012102002000159.html
posted by ヒカリ at 08:53| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

きょうのイチ

posted by ヒカリ at 06:40| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

きょうのイチ

posted by ヒカリ at 11:20| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする