2014年06月15日

セルフラーニング力の向上(13)

今回も次回7月も全員受験。
きょうの会場模試がはじまる。

部活動や生徒会やクラブチームと両立させてやってきた中3の子たち。さすがにつよいぞ。

時間がないので朝勉している子。
勉強時間を確保するため趣味を1つ減らした子(エネルギーが減るから両立させろと言ったが勉強を趣味にするのでいいです!と言い返してきた子)。

しかし結果がすべてだ。
数字をとるんだ。

プレッシャーがかからない模試など試験ではない。
自分のプレッシャーに押しつぶされるようでは練習が足りない。
練習が足りないから自信が持てない。

復習1周がいまだに終わってない?
終わらせてないだけだ。
せめて次の模試までには予定通りに進めたらいい。

同じ生活同じ勉強法のままではだめだ。
工夫して改良してどんどんよくなれ。

前回は努力に比例する社会しか結果が出ていない。
きょうは5枚全部数字をつくってほしい。
入試当日も試験形式は同じだ。

結果が肝心だ。
模試で結果が出せなかったとしたら日々の練習ひいては日々の姿勢自体を見直す必要がある。

その根拠は次のようなことだ。

たとえば入試までに本の中の401問だけ解けるようになっておくだけで試験本番で80点中60点以上の得点をとることの見込めるすぐれた問題集と解説書があるとして。

「セルフラーニング◎◎」を身につけた者は毎日1題か2題だけとにかく解けるようにしてから寝るということをする。

飯を喰うとか風呂に入るとか洗濯物を洗うとかのささいな用事は当たり前として新聞配達をしながらでも部活動をやりながらでも、「セルフラーニング◎◎」がみについているというその一点がぶれないその独学者はとにもかくにも日々の一題を解けるようにし、問題に印をつけ、そうした後で寝る。
「済み」と印をした問題が自力で解けたというまさにそのことが次の日の一題に進むことの根拠となる。

「済まなかった」という文字はセルフラーナーの辞書には存在しない。
「済まない」というのはセルフラーナーにとっての自己否定であり、済まねば寝られぬという根気が彼の独学を支えている。

たった1年後、かくしてその独学者はその問題集一冊のすべての問題を自力で解決できるようになっており、年数に1、2年の余裕があるので趣味的に復習したり研究したりすることを許されている。

(1日くらいいいやと飛ばしたりパスしたり休んだりしなかったというただそれだけのことの継続によって、圧倒的な思考と知識がつくられていく。継続は力なり。)

入試本番では60点でよいところを満点近くまで得点したりすることができる。
日々の勝負に毎日勝ち続けた彼が模試のある1日だけ、入試のある1日だけ負けるわけがない。

だからヴォクが言おう。
模試や入試本番で結果を出したかったら日々の1題のノルマに勝て。
毎日、自分に克て。(そしてノルマを全部終えた後に好きな本を好きなだけ読め。本を読むかどうかが学習の成果に与える影響は計り知れない。)


セルフラーニング◎◎が身につくとはそういうことだ。




posted by ヒカリ at 06:08| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

北辰テスト結果(2014年4月)

中3生の会場模試がかえってきた。私学在籍者の受験はなく、公立中3年生が受験していた。
小学生と一緒に勉強していたつもりがいつの間にか高校受験を迎えた。
はやい。この調子でいくのなら高校入試は、
も〜い〜くつ寝ると〜、高校入試?

浦和、大宮、一女、早稲田、お茶と志望書に書いて入ってきた子たち。
合格するための指導をしている。
結果主義と分類されようと結果にはこだわっている。コーチえのもとの教えがこびりついている。
彼は1軍も2軍も強くした。
たしかに1学年が45人かける10クラスをゆうにこえるマンモス中学校だったからチームとしては有利な方だったかもしれない。
でもそれだけで2軍まで強くはならない。
やはり、うまくなるかどうかは練習次第だ。そう信じている。

勉強以外のことまで先生には色々教えていただきました、とありがたい言葉を頂戴するよりも希望の進学先でがんばっている姿が見たい。
これまで7年間、上記の学校に不合格だった人が1人だけいる。
いつもその人の悔しさを胸に指導にあたっている。
確実に合格する方法はないが点数をたくさんとる方法はたしかにある。
量も質もそこに到達せねばならない。
今年の中3生たちの全員が一人残らず。

光塾上尾教室、今年の中3生も一昨年去年に続き難関校志望者のみで進学志望高校は、
浦和、大宮、大宮北、一女、早本、お茶となっている。
昨年は公立高校第一志望者がほとんどだったが今年はいろいろ。そこを目指すに至った理由も聞けばいろいろ。
でも早い時期に決めていて年賀状などことあるごとにその学校が書かれているのを見ると初心のパワーの偉大さを知る。
(ヴォクは卒生にしかお手紙の返事を出さない。へんなこだわり。)


全員合格へ向けて中学全単元の総復習1周回目がまもなく終わるところ。今年の傾向として社会の仕上がりが早く理科が極めて遅かった。

英語は得意な子ばかりなのだが今回はなぞの不発。「よくばり英作文」とか高校範囲を欲張ってやりすぎか。
定期試験対策同様「実力向上あるのみ」方針なので、模試の過去問は一題も授業で扱っていない。
模試や入試の形式に不慣れなうちはそういうこともあるだろう。次はもう慣れると思う。

物理について言えば、
光を何ヶ月もやっていた。(光子だけに)
浮力を何ヶ月もやってしまったのでは・・・。
まあよろしい。

個々の分析と今後の計画立案(実力錬成)は各自に任せよう。
自分のことは自分が一番よく知っている。

部活や生徒会との両立生活でここまで週の通塾日数1回ペースでやってきた。
部の子が部活を引退し週2日通塾の予定。

塾の週日数は関係ない。
勉強する順番と場所が変わり一問一答口頭試験(約100個/日)の問答回数が変わるくらい。

夏期講習会は7年連続実施しない。
合宿は実施しない。
なぜなら光子たちには自習時間を与えた方が勉強が進むから。
金もかからなく考える力を極限まで高められ暗記も進み結果成績が上がる。
一石四鳥。


もっと力をつけるには?
2000回くらい書いていると思うが書こう。

力をつけたければ自学自習すること。
力をつけたければ自分のためになる練習をすることだ。

他人があなたに説明する点はポイントが中心であり、原理原則の導出が基本である。

それをつなげ線や面にまで育てるのが自学自習である。
自分の身につくまでやるには自分だけの時間が必要だ。
そして詳しい参考書問題集には線や面も書かれている。
あなたがそこに行くか行かないか、本の記述の方はただ同じ本の同じページに印字されたままでいる。



今年の目標:
1、光子全員偏差値65以上: 4月は未達
2、光子平均偏差値70以上: 4月は未達
3、(毎回)県内順位目標(医学部と東大を希望している子3名は県内100位以内キープ)、全員達成。
4、県内1位を塾生がとること

(3が一番あてになるデータである。
私立中進学者の割合を考えると偏差値は参考程度。
一方、受験者順位は高校、大学の定員を計算すると到達段階がよくわかる。とくに県内順位は参考になる。)
4、は満点をとれば自動的に受験者内1位、埼玉県内1位になるのでバランスを壊さない範囲でもちろん狙って指導している。
こと受験勉強に関する限り大は小を兼ねる。
勉強はしすぎるということはない。


受けるからには一回いっかいが勝負。
北辰テスト上位2回の平均ではなく毎回自己ベストを狙って備えている。12月まで1点ずつでもあげてゆきたい。
3つの目標は、6月と7月までに、遅くとも9月までには届きたい。
工夫と実践あるのみ。



得点(上段が塾内)
7CF293F9-0E5B-45B7-AFE7-78E3809A3465.jpg

偏差値
F32E5156-F47D-422E-82D7-0FDDAA48B21A.jpg

塾でわかるのは1、2の結果のみなので後は口頭で聞いている。

塾生の志望校は5年前の代(現大学2年生の代)とそっくりだ。
光子全員の同じ模試結果の平均というところに意味がある。帳票の形式も写真の通り形式は変わらない。
年度により中学受験生の数の差こそあれ母集団の層について大きな差はないので毎年の差を確認することができる。
各教科の練習成果を経年で追跡することができる。



次回の会場模試(全員受験)は6/15(日)。
自分の勉強を。
どんな勉強をしようかあれこれ考えるよりも目の前の本の1章に取り組んで格闘したほうが速い。
勉強法はどんどん変えていけばよろしい。



posted by ヒカリ at 12:19| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

期末試験前日に中学生の会場模試

学校の定期試験前、学期末試験前日の今日、会場模試を受けに行っている中学生が多い。

北辰テストは浦和、大宮、一女など公立難関校の重要模試


単元別の仕上げをきちんとやっている後なら受ける意味が大いにある。
仕上げたと思っていたものが本当に仕上がっていたのかたしかめられる。
極めていたはずの単元が出題され解けなかったということはそうあるものではない。

逆に単元別に仕上がっていないまま受けている人もいるだろうから準備を終えてから受けると偏差値は高めに出やすい。
ロケットスタートを切って12月から12、1、2月の3か月で総復習をしていた子はやった分、よい結果が出るだろう。

結果はともあれ初見の問題を時間いっぱい必死で考える経験は今後にとってプラスになるはず。

新中3は、
1に、単元別の仕上がりを
2に、県内順位と受験校内順位を見るために
模試が役に立つ。

学年末試験と合わせ振り返れば春へ向けよい軌道修正ができるだろう。
posted by ヒカリ at 12:25| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

中3の北辰テスト最終回が返却される(2013年2月, 上尾市, 光塾)

今回も中3全員が受験していた北辰テストの最終回が返却された。サングラスをパッと左の方へ投げ捨てラストスパートをかけた高橋尚子選手のような状態の中3生全員とは、小学生の小さいころから一緒に勉強してきた。はじめて出会ったのがつい昨日のことのようだが入試直前を迎えているのだからたしかに長い年月が経っているはずだ。
途中はどうであれ勉強しているのが塾をペースメーカーにしてということであるので彼らが受けるどんな試験でも、ペースメーカー側の塾という立場からは順位と結果がすべてである。(ペースメーカーの立場から言えば、選手がいい記録を出せたならミッションを果たせたということになるしその逆もまた然りだと考えている。)

受験生が(ペースメーカーも)入試直前回での受験校C判定を見れば苦しくないはずがない。
しかしスパートとは常に苦しいものだ。
ここをじっくり乗り越えてゆきたいところだ。
なんとかするしかない。

ただし判定のアルファベットだけでなく受験校内順位を重視するといい。
定員を実質倍率で割ればそこがボーダーとなる。


質、量の両面で埼玉県の公立入試本番に最も近い試験形式での受検結果となった。
最後の最後の会場模試で自己ベスト記録更新で通過している人もいれば数字を下げた人もいる。
好調不調を言える段階ではない。よいものは実力があった、わるかったものは実力がなかった。
最終結果をいいわるい含めて自分の実力として受け止め、その上でいまできる最後の仕上げをしっかりと念入りに一つひとつやり、この実力をもって本番を闘うばかりだ。いやマラソンと違うのは試験日前日まで力を増すことができるということだ。
いっそうパワーをつけて本番を迎えよう。


光の塾内目標は未達となった。
第一目標塾生全員偏差値60以上。こちらは達成。
第二目標塾内偏差値平均68以上。こちらは2.9ポイント下回った。


塾内偏差値平均は、
国語61.8
数学67.5
社会64.3
理科61.5
英語64.3
3科65.7
5科65.1


image-20140213114225.png
image-20140213114239.png



光個人の感想。
目標に届かず残念な結果に終わった。
とくに国語と理科についてはカリキュラムを修正し今後に繋げねばならない。
問題をたくさん解いた。
解いた問題数は相当多い。
それでは足りないということを実感している。

一度解いた問題を完全に自力で解けるまで考え続け解き直すということが当たり前の習慣になるような指導体制をつくりたい。
そして2014年へつなげたい。

最後にまだ解いていない良問題たちをこれからじっくり解きたい。
今回の模試の問題は入試本番でも多数出題に絡んでくるだろう。



posted by ヒカリ at 11:42| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

受験生を引き受ける(2012年12月)

塾を桶川上尾のはざまに開いたときから私国立中学入試準備の授業を実施していた。当時は小学生塾生の約半分が私国立中学受験生だった。
中学受験者全員一人残らず第一志望校合格ということが続いた。(それでうちの塾には私国立中高の在籍者の割合がいまも大きい。)

こないだの冬に全力でついてきた子が第一志望の海陽中の特待試験に落ちたのを機に私立中学受験コースを閉じた。はじめからいつもその覚悟でやってきた。合格させられないのは塾の指導コースではないと考えた。

教えるのは仕事の一部だが合格させるのは仕事の全部だと考えて、やっている。週に5時間分10時間分の課題を課している。ついてきてくれた子に対する自分なりの考えはある。(逆に不合格のあった指導コースは仕事になってないわけだから自分で閉鎖する。)

早大本庄、お茶の水、東大、一橋、浦和、浦和一女など他にも最低2カ年、基本的に3年以上のじっくりと時間をかけて準備をしているコースがある。東大コースの子は小学生くらいから目標の紙に書いている子が半分、高校進学後に決めた子が半分か。

東大なら過去問は必ず30年分やる。ずっとそうしてきたし今年もやった。30日間昼を毎食カレーにするくらいのことか。やる人はやるだろうしやらなくても学力はつく。それは選択や好みの問題だ。たまたま指導者であるものがメニューをそう決めたというまでのことだ。

効率はすこし悪いかもしれないが、いやかなり悪いが、合格に必要な学力ラインよりずっと上の実力がつくだけのペースとレベルで指導している。
一回も宿題を忘れずやれと言ったことを全部やる子が不合格になったら閉鎖するつもりでやっているのはどのコースもどの子に対しても変わらない。
今年の受験生も来年の受験生も本気には本気で応える以外にやりようがない。

指導で苦しいシーンもある。受験一年前になって志望するというケースだ。
意欲を見て断るか受けるかどうかを判断している。間に合わないのではないかと疑念を持っている場合は引き受けない。責任のもてない仕事はできない。挑戦の応援と責任は別のところにある。

引き受けるといっても小学生の頃から見ている子たちだ。
精悍な顔つきをみたらわかることだ。

ヴォクは全員を合格させたい。ここ7年、手段としてセルフラーニングを選択しているがあくまで合格や進学が目的だ。
同じセルフラーニングでも春日部から週に3日電車で通ってくる子もいる。偏差値を70くらいまでこの子はあげてきている。今後も、最終目標に届くなら思いつくことは何でもしたい。
どういうやり方をしたら力がつくのかを毎日考えて、いまたまたまこの指導法でやっているというに過ぎない。
自分の指導経験で最も結果が出たのでこの方針で育成している。

指導日数(毎日から一日まで子どもを見て決める)、指導ペース反復回数、テストの頻度、教材選択なにより本人の継続的実行、習慣や癖をよく見るしかない。
間もなく受験生全員が受験を迎える。


中2生全員が入試一年前を迎え受験モードのスパートをかける。ジャスト一年前のタイミングだった中2の会場模試の結果が今日かえってきた。いまはC判定のオンパレードだった。お茶の水も早大本庄も浦和も浦和一女も難関校だからB判定、A判定などかんたんには出ない。個人の偏差値とは別に、塾内の平均得点と平均偏差値における科目間の強弱を見てプリントや計画、教材進度の微調整を行う。
子別に志望校との目標差異を確認する。

今回は偏差値平均は珍しく英語が数学よりよかった。
ここ3年間はずっと英語が数学に負けていたのでカリキュラムを変更強化したのが効いてきたかな。
同じ本(ソクドクオンドク)ばかり何周も繰り返すのは飽きるけれど語学には反復が効く。

image-20131213122325.png




2年生は過去問研究に入った。「ホーム図書」を定義した。増やすのは問題数問題集ではなく反復回数。なんでんかんでんホーム図書やルーズリーフに書き込めばいい。一目で見える範囲にまとめ一日で全部を見直すことができるくらいコンパクトにまとめる。
もう一回もういっかいと復習を繰り返しつながる知識、試験で使える知識にまで深めてゆけ。

いちばん大切な仕上げの季節。入念に作戦を立てきって、あとはやるだけという状態を用意したい。
目指す道についてはよく話を聞きたい。
引き受けたなら、到達するための道は示す。

数字は北辰テスト中2生の12月の結果。
ずっと一緒に勉強してきた結果の数字。
何年も前からの癖で、紙をきれいにおりまげ携帯で撮影している。

今年の3年生の光塾上尾校の目標は、

1、塾生全員偏差値65以上を達成すること。

2、塾生全員の偏差値平均で70以上を達成すること。

ここまでは去年と似ているが、今年からは子別に県内順位目標も立てるようにした。

偏差値ではなく順位を見るのはどうしてか。

当たり前だが母集団で偏差値という数字の意味はまったく変わったものになる。
これは偏差値の算式を持ち出す以前の問題であって、母集団の層で自分の位置も変わってくる。

また問題のレベルによっては偏差値が高く低く広がったり、また逆にみなあまり差がつかなかったりする。

たとえば私立中学受験生の多い埼玉のようなエリアでは公立中の生徒が主体となる母集団の模試では上位の層が薄くなっているので高い偏差値が出やすくなる。このような場合は上位者の実力差が見てとりにくい。実際には県内10位内と県内100位ではものすごい実力差があるというのに。

しかしながら高校に入学すると私学も公立も混ざってくるため母集団が均一化され自分の相対的な位置を掴むことがより容易になる。
上位者の中でも分布の山が描かれ実力差がよく見えるようになる。

そういうことを考えると偏差値よりは順位を目標にする方がわかりやすいという側面がある。

ざっくり言えば、そんな感じで目標設定をして進んでいるところだ。

念のため書くが塾の目標やヴォク個人の目標は生徒個人にはどうでもいいことなので伝えてはいない。
ヴォクも振り返るときは全体値と平均値などをとくに教科別に参照するが、指導中は個人の目標差異ばかりを重視し、平均との差など考えていない。

目標が100位以内の子がいたらどうやったら達成できるかを考え一緒にそれを追う。
数字については昔からそういう考えを持ってやっている。

東大コースの子なら東大模試で上位者リストに名前を載せるというのをとりあえずの目標(数字はいつだってとりあえずの目標でしかない)にしているのも同じ理由からである。

本当の実力がどれくらいついているのかは模試で確かめることができる。本番はあくまで一回だが途中途中での進捗なら模試でもわかる。
期ごと期ごとに数字のとりあえずの目標をクリアしておくことには一定の意味はある。


全員が目標の数字をつかみ、行きたい学校経由、夢への片道切符を手にすることができますように。

上尾市光塾






posted by ヒカリ at 12:11| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

模試結果返却と志望校内順位の見方。

さぁー(卓球選手の気合で)。

高3、中3。
受けていた模試がかえってきた。もどってきた。


中学生の模試の場合の話。
私学の子たちの参加が少ないと偏差値は高めに出るのは当たり前の話。
偏差値自体はよくても悪くても、県内順位、志望校内順位以外は見なくてよいと伝えている。

高校生の場合は高3からは浪人生と合流するので数字がリアルになる。
高1、2のうちは偏差値にはとくに意味はない。


志望校合格までの距離は近くない。
志望校内順位を見よ。

合格判定はとてつもなく悪い人もいるだろう。
とてつもなく高いところに目標を置いているのだ。かんたんに手が届かないのは当たり前のこと。
なんともならないくらい遠くにそれはあるのかい。



ひと月前から予約注文していた教材が明後日揃う。いま連絡をいただいた。

スケジューリング。進行計画は各自でたてる。
いまこそ自分で計画し自分で実行する時はきた。
全部自分でやるんだ。

そこには最新の入試問題がたっぷり詰まっている。ホットでクールな問題が集まっている。熱い寒い問題がつまってる(それ、どんなの?)
ホット・入試問題・コレクション。

しかも、解答と解説がたっぷり書いてある。
クール・解説・コレクション。
その解説はわかりやすいように日本語で書かれている。
その解説はわかりやすいように難しい問題のところでは言葉多め、しつこめに書いてある。
解説を読んだ後でなら難問に見えた問題がなんとかわかるようになるようになっている。


3回やって、5周やって、問題と解法ごと解答が頭に整理されてゆくだろう。
ノートに張り付けたっていい。
ノートに書き写したっていい。
音読したっていい。
ご飯を食べながら解きなおしたっていいさ。
どんなやり方をしたっていいさ。

いつしか正確に、速く、解ける日が来るだろう。
楽しみでならない。


これから二回目のスタートを切る。
前回冬にうまくスタートできなかった子はチャンス。
今度こそスタートできたらいいな。


「なんとかならなくてもなんとかしなくちゃいけないんですよ。」
(卓球選手の名言で了)。


かえってきた。
ヴォクが見るのはでも数字。
偏差値は指導計画やバランスの立案に不可欠。
個人目標の塾生平均68は未達。
今年も秋までに到達したい。
今年の代は教科バランスが例年と逆転している。
国語の読解力がついてきている。
毎週国語の超長文問題と格闘しているだけのことはある。


image-00250915040222.png
posted by ヒカリ at 05:12| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

中学3年生、県内順位

中3の会場模試結果2013年4月が戻る。塾内では今年もまた塾生平均偏差値目標を、私国立中在籍の受験生を含め3科68、5科68と定めている。もうひとつは個人の判定であるが上位合格に足る判定(A)を全員がとれるのを目標に普段のセルフラーニング指導をしている。今回はどうだろうか。

完全達成はまだだろう。前回3月は未達だった。期限がある。
秋までになんとしても到達したい。
具体化。
「全国高校入試問題正解」を全部○になるまで繰り返す。3周するか5周するかは関係ない。とにかく自力で全部○になるまで繰り返す。




話変わって、個人が自分の模試結果を見るときにこのタイミング、高校入試半年前3月4月6月7月までの結果の時期で見るべきポイントは2点ある。

昨年11月からスタートした入試1年前の総復習セルフラーニング・プログラムの結果として理科・社会の復習の終わった分野・単元ができているか。
繰り返しチェックして極めた分野・単元は必ず結果になる。理科・社会がもしも五科目計よりも悪いなら努力不足。
分野別パート別の練習回数、練習時間、思い出す練習が足りていない。
すなわち、五科の偏差値が三科の偏差値より低いのならば練習回数、反復回数を増やす以外に向上の道はない。
理科と社会は分野別にやったらやった分だけ必ず結果になる。
自分がやりたかったことはなんだろう。
それは11月12月1月2月3月4月5月でどれくらい実現できただろう。

2点目。志望校の合格判定に関しては今の時期は見なくてよい。
むしろ、受験予定校の校内順位と県内順位を見る。

志望校順位が仮に30番なら進学後の学年順位は30番となる(一貫校でない公立高校の場合)。
それが望む順位ならばいい。まだまだと思うならまだまだやったらいい。

県内順位は偏差値72以上の子たちにはそればかりにこだわるように伝えている。
学校というのはどの地域に住みどんな学校に通うかで教科書も違えば環境も違う。
給食も弁当も自販機も冷暖房もなにからなにまでが違う。
その全員が同じ日に会場に集まって同じ教科書範囲の試験を受けた。
これが高校受験生のグループという限られた集団内での位置どり、実力をも表している。
よくてもわるくてもそれが実力である。
しかもこの実力というものは努力して練習したら必ずやったちょうどその分だけよくなる。
だから順位は直視しなければならない。

2点を確認したら改めて科目別のスコアと5科目のスコアを見る。
90、90、90、90、90、450に対して(浦和、お茶附の場合)、届いているのがどれで届いていないのがどれか。
差異を書き出して見る。
+2、-2、+10、-10、+5のように。
好きな科目ばかりやっていてはいけない。
入試科目全体を5枚揃えるための目標と作戦だ。


次の目標は決まっている。
そこに届くために自分のやりたいことは何だろう。
そのことを今週はやっているだろうか。
やっていないなら次回も結果は変わらない。
やっているなら次が楽しみだ。


子どもの会場模試結果をいま見終えた。
さきほどの二点にも注目して見た。
だがヴォク個人の仕事としてミッションとして、塾生のセルフラーニング値と5教科の教科バランスを意識している。いちばんはじめに見るのは教科別の塾生偏差値平均。数学の塾生平均はどうか。国語の塾生平均はどうか。
国語数学社会理科英語の教科別に単純によいものから順に並べる。
それを過年度と比較して縦に見る。このブログ 花の匂い にはそのまま写真で載っているがデータはエクセル君がセルの中に先輩のデータと合わせて保存してくれている。

今回、教科別に塾生平均を見ると国語がもっともよかった。
過去のデータから見ると、5科の総合力と国語1科目の実力の相関関係が大きい。国語がよいとトータルがよく国語がわるいとトータルがわるい。あくまでデータ上の傾向の話だけれど。

すなわち中学生の学力に関する限り、5科目全体の実力が国語力に左右される。
考えてみれば当たり前のことで現代文は3歳以降の読書体験で決まる。
中学生は部活をし過ぎると読書時間は減る。
それでも一冊読むごとに頭がよくなる。
たかが一長文でも精読味読するなら頭がよくなる。
読んで考えるのと現代文の力は比例する。


国語は毎授業、長文の要約作成や記述答案作成(とその添削を受けること)を小学生の頃から行っている。週ベースで見る限り成果など目に見えない。
でも三年、四年、五年、六年という長い時間単位で見るとがらり変わってくるものだ。
国語の上にも三年。

中学生は一年のはじめから年間を通して毎週いくつかの国語の長文添削課題で本文を読んでは要約し、設問と格闘している。同じ問題でも間違えたら最低二回、三回、書き直す。
白紙提出は禁止なので必ず本文を読み直して言葉を調べなおして再考して書くことになる。

こんなことをしても学校の定期的なテストにはあまり関係なさそうに見えるがそれをずっと続けている。でも実際には定期的な試験と関係ないなんてことはいささかもないし、実力試験で頼りになるのは他でもなく自分の読解力と表現力だけだ。

読み解く力は一長文ごとにつく。ことばと文章に張り付いて読む限りにおいて。
うちの場合は三回忘れたら即退会なのでやってこない子はいない。
この科目の実力をつけるために(指導時間内にできるだけ返却するというすこしやっかいな)添削を続けてきた。今後も続ける。
文章をうまく書きたければ毎日のように文章を書き続けるのがよい。
文章を読むのがうまくなりたければ毎日のように文章を読むのがよい。
もっとうまくなりたかったら毎日のようにでなく文字通り毎日読み書きしたらいい。


国語の結果。
ほんの数ポイントのことでもそれがうれしかった。



あくまでうちの指導方針で進めた場合の話だけれど、今年は2回目から、よい兆しが見られた。


個人別には課題が盛り沢山。理科と社会の実力がーーー。つかっている教材名に反して「ステップアップ(セミナー)」していなかったり教材名に反して「実力(が)錬成」されていなかったり教材名に反して「難関突破(精選問題)」されていなかったり・・・。終わったことは振り返り、それでよろしい。

これからどうするか?
これから、「全国高校入試問題正解社会」や「(旺文社全国高校入試問題正解)理科分野別(に)過去問2011-2012, 2013-2014」を分野別に極め、錬成したい。
5教科を全部やる。


各人の分野別の戦略と計画を大幅改善、小幅改良、微調整して6月と本番の7月以降につなげよう。

ヴォクもセルフラーニングの週計画を見せてもらうのが楽しみ。


posted by ヒカリ at 06:37| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

続き 会場模試結果

いま受け取った。
結果は塾生平均は2年、3年とも目標達成、子別個人別目標が未達だった。あとひとり。
この子はセルフラーニングができているので心配していない。
この子はもう失敗を恐れていない。


未達なのはありがたい。
次へ向けて課題があってありがたい。
塾生平均の方は一次目標を達成していた。
次回へ向けて二次ストレッチ目標へ切り替えてゆく。

それから、まだ詳しく見ていないが判定の方で目標校の合格ゾーン(B2以上)に達していない子がたくさんいるようだ。
非常にありがたい。
課題がたくさん見つかりそうだ。
失敗することができた。

やるべきことが己の目にはっきりと見えることだろう。
好き放題にやりたいことをやっていけばいい。ただしヴォクの課す課題は100パーセントこなした上での話だ。


この会場模試を受験したおかげでやるべきことがたくさん見えるようになる。
出題傾向がどうであれ失敗経験を積めたのは大きい。
テストは失敗するために受けている。


今夜じっくり分析して6ヶ月分くらいの補強教材を子別に用意しておきたい。もしも「こういうものを探している。こういう勉強がしてみたい。」何かそういうことを言われたらそういうものを差し出してみたい。そしてやると決めたことはやりとげてほしい。
もしも「こういうものをやりたい。こういう勉強がしてみたい。」何かそういうことを言われたらそれも自由にさせてみよう。
終わるまで見ておこう。一冊丸々自分のものにしてほしい。




教科別平均の数値も分析し過去5年間と比べ今後につなげてゆく。

ヴォクからの課題が中途半端になっている場合がある。
不要なものは削ぎ落としもっと彼らに任せたい。
必要のものはフォーカスしもっと徹底的に追い込む。

彼らならもう自分の足で歩いてゆける。
彼らならヴォクがどんなに追い込んでも投げ出したりしない。
欲しい成果は自分の力で掴み取るんだ。


image-20120315183339.png

ヴォクはどんな対策授業をやるとかは日記に書かない。
やっていることはとても当たり前で、ふつうに本を完璧に読んで解いているだけ。
ヴォクはどんな模試結果が出ているのかを日記につけている。
模試結果は指導経過のすべてだと思っているので。

posted by ヒカリ at 18:33| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新中2、新中3会場模試の結果(2012年3月)

今日は中学2、3年生の会場テストが戻る日だ。
とくに新中2ははじめての外部会場模試で右も左もわからない中、過去問もせず、なんの準備もなく受けていた。強制受験でも自動申し込みでも推薦でもなかったが積極的な受験が目立った。


受けるからには、その結果は目標を超えるものでなければならない。小学生の頃からもうずっと勉強している範囲だ。点数がとれないわけがない。


セルフ課題(セルフラーニングによるテーマ学習)プラスやりたい放題の自由勉強をしている以上、求められるのは結果以外になにもない。

受け取ったら夜、じっくり見てみたい。

私個人の一次目標はここ数年同じで、「光塾生平均で5科目の偏差値65以上、子ども別で全員偏差値60以上」を到達一次目標としている。中学受験生の多いこの地域ではこの数字はとくに高いものではない。
今回もし目標未達でもなんとかして夏7月までに全員で達成したい。
二次目標は5科偏差値平均68、ここも新高1生に続くべく3年の秋までに到達したい。

そこから先は個人が勝手に結果を出すことだろう。

隠れてたくさんやっている子がどれくらいいるかがすこしわかる。ひょっとするとびっくりするほどの結果を出す子もいるだろう。県内一位だって夢物語ではない。それは100点をとるだけで達成できるのだ。



「走った距離は裏切らない。」(マラソンの野口みずき選手)






昨年3月の結果
http://selflearning.seesaa.net/article/191257623.html


posted by ヒカリ at 14:56| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

中学3年生

中3の全塾生が受験していた12月の会場模試が今日戻った。
全員がss60ラインを超えた。数字との闘いだった。

各自の目標はみなうんと高いところを設定している。まだまだ道の途中である。
数字との闘いはきついものだが超☆科目で得た自信を胸にいっそうトレーニングしていってほしい。


模試の順位はそのまま高校入学後の学年順位になる。
0学期の期末試験(入試)までにまだまだ力をつけないといけない。

ラストスパート。
ここからが一番厚い。
これから厚い本を繰り返しくりかえしガチガチに固めることができるだろう。
これから『かんぺき最新問題集』丸1冊を習得することができるだろう。
ここから『セレクト全国高校入試問題』を仕上げることができるだろう。
これからひとつの科目を新たに得意にすることだってできるだろう。
3ヶ月は短くない。


3ヶ月。
ぼくがやることはもうなくなっているけれど最後の春までは練習を見ていよう。



「僕は天才ではありません。なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです。」 イチロー (野球)

posted by ヒカリ at 16:42| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

北辰の自己採点結果

中3の子たちに自己採点の結果を教えていただいた。

前回6月の結果では自己ベストをマークしていた子が多かった。

今回7月の会場模試も結果をとるべくやってきたが、

スコアを作れている子が多いようだ。

5科計で自己ベストを更新した子が多い。

問題が簡単だったというのもあるだろう。
あるいは昨年の12月から重ねてきた練習の成果だろうか。

厚い夏も

自分に克って

毎日克って

秋以降の試合につなげよう。

9月につなごう。

ところで点数にコメント、感想をつけるよう頼んでいる。

たとえば
英語90、◯です。
とか、
数学88、関数とりました。
数学68、夏に極めたいです。
国語95、鉄人と呼んでください!

みたいに。
よいよい、アイアンマンでもなんとでも呼ぶよぉ。


でもなんだかおもしろいコメントをつけてくれる子がある。

勉強は自分次第だとあれだけ言ってるのに、

「9月は◯◯◯点とりたいのでせんせーガッツリ頼みます!」みたいな。



マジシャンかっ!




これはわざとだよな。
バック(保護者)からのパワー(力)かオーダー(指令)のようなものかな。
お祭りは調子が狂うなぁ。


勝手にがんばってね。


ヴォクが見とれよう、秋からのtiger chargeに。
posted by ヒカリ at 19:39| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

中3の会場模試の結果(2011年6月)

中3の会場模試の結果を再配達してもらい今受け取った。

本採点結果は各自の自己採点結果に近く、全体的に(塾生平均値で見ると)結果が数字に現れている。ヴォク個人の目標を上回っていた。

個人別では、まだ詳しく見ていないが80%の子は5科目総合で自己ベストを更新している。ひとえに各自の努力のたまものである。
全員例外なくがんばっていると感じている。
9月までに全員で自己目標数値を達成したい。

これをもって夏の進行表の作成が進められる。
微調整して仕上げよう。

そして肝心の細部(週間予定)は、子ども自身に決めてもらおう。
posted by ヒカリ at 19:12| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする