2015年11月19日

英語英文速読術スラッシュリーディングを身につける独学参考書 Plus 試験範囲の中にタヌキがいて

さて(いや前に何も話していないのだけど)、ある学校の先生は試験範囲の提示の際に紙に1枚も2枚も学習のポイントを書いている。
何をやったらよいのか、試験にはどんな問題が出題されるのか。

授業と自習とテストがつながっていることがよくわかる。
生徒もこの先生の教科はとても勉強しやすくやりがいを感じていることだろう。

毎回メッセージに加えて一枚の絵、味わい深い挿し絵までついている。
今回はイチョウの葉の絵が書かれた風呂敷を背負ったタヌキの絵。
今回の絵も実にいいタヌキだ。タヌキマリオよりもかわいいかもしれない。
いやネコマリオよりかわいいくらいだ。

テスト範囲表の情報量の差はあまりに大きい。
ページしか書かれていない、単元名すらないようなことも日常茶飯事。
テストの範囲表にあることはテンションあげて練習メニューに加えるところなのに、メッセージなしのページだけとはなんとももったいない機会損失であることだなー。

Plus 英文速読のためにスラッシュリーディング術を指導している。
英語長文がさくさく返り読みせずに読めるようになる。
そもそも英語を読むときに和訳する必要性がどこにもない。
フレーズやクローズごとに意味内容をつかみながら次へ次へ右へ右へと読んでゆくやり方。

同時にWritingのスキルも高めたいのでWritingでは逆に文法を重視している。

読みと書きは極めれば極めるほど同じところにつながってゆく。
しかしそのアプローチの方向は真逆でいい。
最終的につながったときが英語マスターになるとき。

ヴォク自身は学生時代は映画の字幕と英文解釈教室とRIC式と思考訓練の場としての英文解釈などと英語に関する参考書は何十冊もいろいろやった。当時はどんな英文でも読める聴けるのがゲームみたいで楽しかった。

いまは教える立場なのであれもこれもというわけにはなかなかいかない。
成果も必要なので趣味的にいろんなことをするようなことはしない。
よってメインの読み方以外の部分については参考書を渡すことになる。

スラッシュに関してはキクタンリーディングはCDも編集もよく独学用では群を抜いている。




それと、alcさんのこのダウンロードサイトは大活用できるはず。めっさいい。タブレットやiPodなどに音声をダウンロードして聴きまくるもよし、iPadやPCにPDFをダウンロードして読むもよし。書籍や電子端末だけで終わらせず発展的な部分を無料で用意してくれている。
http://www.alc.co.jp/dl/
posted by ヒカリ at 13:13| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

きょうの中3入試対策理科 運動エネルギー(公立高校入試)

今日の中3生の質問。
運動エネルギーの公式は中3理科の教科書に掲載されている。(よって公立の入試範囲。)

それを見て、「運動エネルギーとは速度のことですか」と。

鋭い、するどい。

たしかに1/2mv^2を見てそう考えるのは道理にかなっている。

実際には、運動エネルギーは仕事の能力を表しており単位は[J]となる。ジュールなので「仕事」の単位と同じである。

次回この範囲の演習問題を用意しよう。
高校数学の知識がなくとも理解することができる。

坂道を下りる質点の位置エネルギー(重力のする仕事)が運動エネルギーに変わる。
このときはじめの位置エネルギー=1/2mv^2を解けば、終わりの質点での速度v[m/s]が得られる。

微分も積分も不要な良問である。

1/2mv^2の1/2はどこからやってきたのか。

そして1/2mv^2全体の単位は何か。
次元はどうか。
[仕事]=[力]×[距離]=[M][L]^2[T]^-2

そういうプリントを用意した。

東大、京大などの特色入試を受ける可能性が大きい代の子たち。
夏まで無学年式でやってきたが、最近は高校入試を見据え、受験対策を行っている。

特色入試は論文や数学物理の難問など無茶苦茶学力重視になる大学が出てくるはずだ。

難しい問題でも粘り強く考える力、あきらめず試行錯誤する力、そういうものが社会や難関大の入試でますます求められるようになると思う。





posted by ヒカリ at 10:52| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

やっと解き終えた

紙にしてシャーペンを手に時間を測って解かないと気が済まないので今頃だ。
解答の数字を見て採点しながら業務スーパーで大人買いしてあるた○焼きを食べて寝よう。

センターは通過点でしかないのははじめからわかっていても精神的な影響は大きい。
よかったものは自信になり、わるかったものは不安になるだろう。
でもただの通過点なのだ。

マークでない、二次の記述試験勝負。
posted by ヒカリ at 02:16| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

センター試験 問題 解答

センターの問題が到着した。

何時間も遅れたがこれから解こう。きょうは4科目。

image-20140118235219.png


posted by ヒカリ at 23:21| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

テスト対策のプリント

自分でできる子にとって必要なものにノート、教科書、問題集というものがある。

問題集については多ければ多いほどよいかといえばそうでもない。
なぜなら人間に与えられた時間が無限でない以上、多くをやることはすなわち精度が上がらないことをも意味するからだ。

たとえば過去問を30年分1周するのと過去問を10年分3周するのとを単に比較してみるとどうだろう。
答えはかんたんではない。

だからヴォクはテスト前の対策問題の数をよく考える。
あるときは1日20枚を4週間続けるだろう。これはよくある。
あるときはもっと少ないものを絞って繰り返すように指示するだろう。たとえば一つの長文は喉がかれても最低5回は黙読音読を繰り返しなさいと指示する。
またあるときは対策はひとりで好きなようにしなさいと伝える。

逆にやるべき勉強手順に答えがあったらみんなそうするし答えなんかないからおもしろい。
かつて栄東からお茶大に進んだ方が中2から高1の頃にやっていた勉強法は斬新なものだった。ヴォクは驚いてそんな勉強法をつくったのか!とのけぞった。

教科書の中の自立語の全部にチェックペンを入れる。自立語というのはご存知の通りそれだけで意味を持ち従って文節をつくる言葉である。かくして歴史の教科書は助詞助動詞を除いて真っ赤だった。
それを緑のシートで隠してひたすら暗記。
彼女は日本史がそれでいつも満点近かった。

憶えるまで覚える。根性という言葉がよく似合う勉強スタイルを彼女は作り上げてゆき高2、高3になるとさらに進化していった。
その話もまた書きたい。

話戻って、問題集は多ければ多いほどいいとは思わない。
必要なものをセレクトしたらそれが身につくまで繰り返す。
そういうスッポンみたいな姿勢が学習には不可欠なんだ。
あずかった小学生全員にこれを伝えている。
テストの準備と対策は自分でできるようになってほしい。
だから定期試験の過去問は絶対に一枚も手渡さない。

いま持っている教科書と問題集、こたえはこの中にある。
一問解いたら知識なら覚えるまで問題なら自力で解けるまで繰り返して復習せよ。
しかし一回の復習でマスターするにはどうしたらいいかも同時に考えよ。


この記事のカテゴリは「こたえはこの中に」しかない。
「この」は掛詞で。

あれ、カテゴリが見当たらないなぁ。
カテゴリが多すぎるのも問題だ。

メニューは「ラーメン」しかないラーメン屋みたいにカテゴリなんかないのがいいのかな。

ほなね。
posted by ヒカリ at 05:36| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

社会のノート

ピンポーン・・・

眠っていると音がした。
卓球ではなくてドアフォーンだった。(いや、あんたの家に卓球の台はないしっ!)

昨夜アマゾンに頼んだ数学の問題集かな。

眼鏡めがねと言いながらコーチの眼鏡をかけて、いつものトミーのズボンを急ぎ身につけてピンポンダッシュするヴォク。

マスクをつける時間はなかった。
素顔が見られるがまぁよろしい。(キン肉マンかっ!)

わおー。
教材製作会社の方がお見えだった。

そうでした、そうでした。
わざわざ有難うございます。

社会もノートが出来るのですね。メモメモ・・・
文系科目も充実するのですね。メモメモ・・・。
うれしいです(感謝)。

早速授業中に伝えた。
ヴォク:「この理科のノートなんだけど、来年は社会もノートがつくんだぁ。
今日知ったの。」

子:「せんせー、こっちの数学には解説ノートはつきませんか。」

ヴォク:「きたー。聞いてみたんだけどね、・・・つかないって。やっぱり考えるための本だから、こっちはなくていいね。このままいこー。」

たのしみだなー。


tommyつながり
http://news.music.biglobe.ne.jp/ptl/sp/news.music.biglobe.ne.jp/201109/article_19.html
posted by ヒカリ at 00:41| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

コンプリートして鉄人になった子

入試範囲でマスターすべきカリキュラムを終えた子はメンテナンス期に入った。

シャッフルクイズやパラリー( パラパラリーディング)をしている。
忘れそうな頃に見直すことで記憶が強化されるといい。
記憶のメカニズムは奥が深く、いろいろな復習が考えられるが、ざっくり言って繰り返しがその基本となる。

コンプリートした教科はお気にの強化書で反復演習、強化してストイックに進めたい。

コンプリートした子にはさらなる昇段試験の前に鉄人認定をしている。一度鉄人になった子たちは自分のペースでセルフペースで進めることができる。段位は16段や27段ではなく「鉄人◯◯」となった。

もう少しで鉄人になりそうな子たちがとくにがんばっている。


image-20110908140020.png
posted by ヒカリ at 10:10| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

秘伝のタレ

東松山の味噌だれほどではないけれど、
ヴォクの仕事の秘伝のタレたる鉄人教材のファイルは全部SkyDriveやDropboxにも保存してある。

ほかUSBスティックやGmailやDropbox2にもコピーを保存している。

同期がちょっと面倒だが、継ぎ足しものなので、常にいい状態で保存したい。

パソコンが水没しても壊れてもこの問題集だけはなくしたくない。
この塾の味噌だれ。
posted by ヒカリ at 08:07| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

数式図形エディタ

数式の作成には、(チャートの?)数研の専用ソフトを利用している。

数式や図形、記号などの入力がかなり楽にできるようになっている。

青茶や体系数学などの問題集のライブラリーの何千問を利用することができるのもいい。

(パソコンヲタの?)lionさんに教えていただいたソフトが数多く、そのどれもが非常に役立っている。

今日も今しがた計トレの編集が終わった。

感謝。
posted by ヒカリ at 09:03| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

(理科の)実戦コンプリート

コンプリートが人数分届いた。

シリウスとステップアップセミナーとマイクリアの次に7月から使おう。

http://selflearning.blog.so-net.ne.jp/2011-06-17-1
posted by ヒカリ at 16:00| プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

べた打ち 速読英単語

新しい本とクイズのべた打ちの終わりが見えてきた。

この中学版は赤虎さんも書かれていたが、大きな可能性を秘めているとヴォクも思う。




image-20110427030025.png


image-20110505224237.png

posted by ヒカリ at 15:46 | TrackBack(0) | プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

シリウス21理科を手渡しながら

茨城の倉庫?の方から送っていただいた育伸社さんの真新しい教材を受け取った。


シリウス理科は3分冊構成。

まとめ暗記教材のシリウスノートは暗記すべき重要事項が赤字で書かれ赤シートで隠れるようになっている。どんだけ便利かっ!


錬成教材のシリウス21理科本体にはステップアップ式の配列で易から難へと問題が多数載っている。そして移行措置は別冊でない。


確認教材のシリウス21理科単元確認テストでは自分の到達段階を冷静に点数のみで知ることができる。


解答解説教材のシリウス理科解答解説集は結構分厚い。いや解説はかなり厚い。


シリウス理科21の本体は248ページあるようだ。


シリウス理科の解答・解説集はかなり厚くマルキュー、103ページある。改訂前よりもずっと見やすい。
すべて大型A4サイズ。


感謝しながら使い倒したい。

image-20110315154518.png

この子は新しい教材を受け取ってどんな気持ちでいるだろう・・・。


卒業式の音楽の話だけでなく、新シリウスの感想も今度聞いてみんばいけん。
posted by ヒカリ at 15:48 | TrackBack(0) | プリント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする