2015年06月17日

高校の水泳部 plus ゴールデンレモンタイム ローズマリーウッド(コリンウッドイングラム)

高校の水泳部の子から聞いた。
部活の予定表の紙を見せてくれたのでついでに少し様子を聞いた。

他の高校に行って練習したり逆に他の高校が来て合同で練習したりすることがとても多いらしい。

中学ではあまりこういうことは多くないと思っていたが高校ではそういうこともあるのだろうか。

知らなかった。

タイムの中では匍匐性のものが好き。
中でもゴールデンレモンタイムは朝や夕方に見ると金色に輝く。
庭のタイムを眺めながら思った、花よりきれいな花とは、タイムのことだ。
ちょっとタイム。
もう全部タイムでいっぱいにしようかなとも思うが名古屋城や墨俣一夜城歴史資料館以上に庭が金色に輝いてしまうので躊躇する。
どうしよう、すこし考えたい、ちょっとタイム。

7F429EFD-0463-4568-830A-78C6BC6870C5.jpg

こっちはローズマリーウッド
E7E54EBF-B13B-4C0E-BD2C-00AF01EC6954.jpg
モーツァルト・ブルーと同じくらい青い。

kindleで出ているローズマリーの書籍はかたっぱしから読んでいる。
文字を指でなぞると知らない単語の日本語訳が出る。
便利以外の何物でもない。

posted by 花波 ヒカリ at 12:36| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

合格の知らせ

塾生より学習院大学法学部合格の知らせをたったのいま受けた。

途中いろいろあったような気が、あまりしない。
この子もまた課題をやらなかったことがただの一度もなく、逆に勝手に好きなだけ自分で決めて勉強する子だ。
それなので、言葉を選ばずに言えば、問題や課題がこれといってなかった。

もちろん本当は課題がたくさんあったのかもしれないが、彼女が真剣に取り組んだ中で自力解決され、ヴォクのところまで未解決のまま持ち込まれたものがあまりに少なかったのだろう。

小さな疑問も放置せず考えた後で質問するような子だ。
6年くらい前、はじめて does が英語で出てきたときに does について質問をされたことを今でもよく覚えている。
いつも質問に驚かされたことが多かったが、あのときの質問(=この子からいただいたはじめての質問)にはたまげた。

「does は s ではなくて何で es なんですか。絶対に does ですか。」というような感じだったと記憶している。

(以降、s,o,x,sh,ch も先回りしてヒント用紙に入れるようにした。質問を受けると次の子からプリントの説明が付け足されるのだが、この子のおかげで英語や古文や数学や理科では説明がたくさん付け加えられた。)

第一志望大学への御合格、おめでとうございます。
合格おめでとうございます。

(せーの、)
ヤッター、ヤッター、ヤッターマン。(お祝いのことばが見つからないので、いちばん好きな漫画の中から、その決めセリフで失礼いたしました。)



posted by 花波 ヒカリ at 22:47| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

祭り 浦和高校の門隊 plus 計算回避の技術

ポチッとな。ヴォクです。

高校生のお祭りのシーズン。
一女と上尾の子にもお祭りの一部を案内された。
3C03E61B-104F-4A45-9049-9622421885CF.jpg
書ききれないので、かんたんに。

浦和高校の門隊がことしも門を仕上げているらしい。
http://urakosai.net/mon/
建築会社を学校内で運営しているようにしか見えない。
twitterというところまでいくと門の写真が見えるかも。


高校に寝泊まりする人が多いようなのだが・・・(それだけハードなのだろう、ということにしておこう)。

ラグビーの入場行進や試合がTVで見られるのはうれしい(録画)。
祭りもYoutubeや動画でなら垣間見られるだろうか。

祭りや大会もいいのだが、ヴォクが好きなのはぼーっとただ普段の部活の練習を眺めること。

ずっと眺めていても変人扱いされないのはもしかしてだけど、OBと勘違いされているんじゃないのぉ、に(三択の女王に)1000点。

あるいは野球部の声がきこえてくるのを聞いているのもまたわるくない。

本題
y=a(p+q)x-apq,(超有名公式で使わないのは損)

角の二等分線の定理(教科書),
接弦定理(教科書),
三角形の頂点の座標が3つ与えられた場合の面積公式S=1/2|ad-bc| (下3つは幾何の名著『中・高一貫の数学 中学図形編』にも詳しく掲載されている。)


これらの公式は知っていたら得する隠し技や裏技公式などではない。教科書にこそ載せられないが、難関の受験生であれば誰でも知っているものであって隠れてさえいない。

入試で高得点をとるにはそれを使うのは当然としてさらに時間短縮のための計算回避の技術が高まるよう練習せねばならない。

磨き上げるべき計算回避の技術についてはどんなものがあるのか。(つづく)

posted by 花波 ヒカリ at 10:26| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

電車に乗って

東京の方からお問合せをいただいたが、満席なので御断りした。
やめる方がいてもし空きが出たら教えてほしいということだったのでわかりましたと返事した。
紹介があってということだったが誰の紹介なのか聞くのはしないことにしているので聞かないでおいた。
そういうことはあとで自然にわかってもいいだろうし最後までわからないまま卒業して、いつかまた会った時にでも教えてもらったらいいかな。

それにしてもどうしてこんなに遠い塾に問い合わせをするのだろう。
電車が好きなのか、何なのか。

posted by 花波 ヒカリ at 06:41| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

高校2年生, 2013年版私の医学部合格作戦Part2

高校2年生が駿台記述模試の結果を手にしてうちに来てくれた。肝心の志望学部のところを見ると医学部とあった。
中3の頃、作文などに時折、将来は医師になり云々と書いてあったのは覚えていたが、それが変わらぬ夢となり、実現に向けて日々努力していると知って驚いた。模試では国語が非常によくとれていた。記述模試は4択のマークと違って実力がかなりしっかり測定できる。実力がついているのだなあ。

高校へ入学後は学校をベースに独学で国立医学部を目指しているということだった。

高校でも元気に楽しんでいることをわざわざ伝えてくれ、帰りがけに学校のものにプラスしてやっておくといいものは何ですかというおまけの質問があった。帰りがけのどうでもよさそうな時に人はもっとも気になることを聞くもんだ。(題の本が参考になりました。)

加須の自宅の机で毎晩彼ががんばっていると思うとヴォクも力が出る。

ありがとうございました。

看護科に進んだ妹さんもとても元気にやっているとお聞きした。6年後は看護師になります、と。
ご兄妹のこと、遠くからお祈りしています。
元気にがんばってください。

posted by 花波 ヒカリ at 21:10| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

明後日の試験、全力をぶつけてきます。

明後日が試験の子がいる。
明後日の試験では答えのある問題と答えの存在しない問題が出題される。
この大学は入試問題がすぐれていて答えのない論述問題もしっかりと出題してくれ、受験生の思考を評価しようと試みてくれる。
採点は困難をきわめるというのに。

そういう問題を解くことをしに明後日行けるのは幸運なことなんじゃなかろうか。
どんな問題が出るだろう。

楽しみでならない。
posted by 花波 ヒカリ at 13:59| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明後日の試験

明後日、試験を迎える子がなぜだか塾に来てくれた。
明後日のその国立大学の2次試験では答えのある問題と答えの存在しない問題が出題される。
この大学は入試問題がすぐれていて答えのない論述問題もしっかりと出題してくれ、受験生の思考を評価しようと試みてくれる。
採点は困難をきわめるというのに。

そういう問題を解くことをしに明後日行けるのは幸運なことなんじゃなかろうか。
どんな問題が出るだろう。
はやく問題が見たい。




はじめて会った六年前の日のことをはっきり覚えている。

「本番にすべてぶつけてきます」のその言葉、聞けてよかった。

困ってもいないだろうに、わざわざそれを言いにきてくれて、ありがとう。






posted by 花波 ヒカリ at 10:55| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

高校2年生がセンター試験を解いて

高校2年生からも大学入試センター試験の自己採点結果を教えていただいた。
ありがたいこと。

今日は集計結果を見たりボーダーを見たりすることができる。
一年後に備えスタートの日。


配付の問題
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120118-OYT1T00990.htm?from=tw

理科社会の2科目受験
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120116-OYT8T00371.htm?from=popin

ボーダーライン
http://border.keinet.ne.jp/
posted by 花波 ヒカリ at 02:04| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

今日の大学受験生。

国立の2次試験へ向けて古文の問題のレビューをしているときだった。


花波:この単語はなんだろうね。わからないね。(念のため実トレと650をめくりながら←いや、そこは辞書でしょう? エクスワードの旺文社古語辞典をなぜひかないかなぁ?)

受験生:それ、覚えています。

花波:え? なんで? こんな連語ってあったかな?

受験生:はい。読み解きで読んでいたので覚えています。

花波:まじでー? (読み解きのページをすかさずガン見)うわっ!ほんとだー。下の段に黒く薄い字でたしかに載ってるし。

うーん、この子はセンター古文も追試本試存在する全部を解いていた。やっぱ古文読解力ハンパないな。負けないようにがむばらねば。

男は唇をかみしめ、たまハウスへと前のめり気味にダッシュするのであった。
写真.JPG
posted by 花波 ヒカリ at 02:48| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

センター試験の自己採点結果。

重要なセンター試験の自己採点結果を教えていただいた。
感謝。

国立2次と私大に向けて進もう。
posted by 花波 ヒカリ at 03:33| 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

高1生の模試結果

4人の高1生(学校はバラバラ)が最近受験した全国模試の結果を持ってきてくれた。

総合で、在籍高校内順位50位以内(360〜440人中)、全国偏差値60のラインをみな超えていた。高校入学時順位からの推移を見ても悪くない。

2年後の一般入試に向けて、ここまでは悪くない。
よい結果も悪い結果も今まで学習して積み重ねてきたことの結果であるととらえている。

まず1年生のうちに自信の持てる超☆科目を作りたい。期末テスト期間から冬休みにかけて日々できることを続けてゆこう。とくに超☆科目の特訓は毎日何があっても続けよう。
posted by 花波 ヒカリ at 22:38 | TrackBack(0) | 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

高校生が模試結果を持ってきた

今日の高1生が全国模試の結果を持ってきてくれた。

今年の国語の記録が更新された。

おめでとうございます。続きを読む
posted by 花波 ヒカリ at 00:02 | TrackBack(0) | 高校生 英数国理社の5教科入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする