2016年08月24日

はじまりは一通のメールだった(2) plus 浦和一女のシラバスにある参考書ガイド

と思っていたところ、お母様からプチ情報メールをいただいた。

2月から参考書を書店で購入しほぼ独学で準備を開始。国家公務員試験本番の筆記試験では2300人中○位(上位1パーセント以内の順位)という好成績で官庁訪問に臨むことができた、というような内容だった。

勉強の仕方(短い準備期間で好成績をおさめたのは逆に言えば大学で日々猛勉強していたことの証になっている、通学中の高速学習法などについては真似すべき点がいっぱいある。そもそもこの方はものを大事に使う。高3と大4で同じメガネをかけている方はそう多くないと思う。少なくともヴォクの周りには少なかった。ヴォクなんて・・・。そういう方が時間という最高資源を大切に使うであろうことは想像に難くない。やはりご両親に教育の仕方をお聞きする必要がある。)については別の機会にまた書きたい。せっかくなので。

イチロー選手は自分が天才だと言われるのを好まないが、この方を見ていてまさに同じことを感じる。天才と片付けてしまうにはあまりにもったいない特質をヴォクは見逃さない。

道具を大切にすること、時間を大切にすること、もっと言えば周りの方を大切にする性質をこの方は持ち合わせている。面接官は短い?時間でどこまで見抜いたのであろうか、この素晴らしき特質を。

面接の内容なども詳しくくわしく教えていただいたがここはそういうことを書くところかどうか謎なのでこの辺りでもう書くのは終わりにする。

昼間に、能力の限界と、上には上がいるという話と、大学の運動部で2部から1部に上がるために猛練習の日々を送っていることと、数学の難しさについて話していた直後だった。

本人は順位のことはだまっていた。お聞きしなかったヴォクが悪いのだけれど。(限界突破してるなー。昼間の話は今度撤回しよう。)

あー、この子にはいつも驚かされるばかりだった。
9年前のはじめての順位報告の日のことも忘れられない。「なんと、学年順位は○位でした。」

この「なんと」という文言にこの子の性質が表れている。ヴォクを驚かせようとしているようだが、まさかそれを試験を受ける目的にしていないだろうね? まさかね。
あやうく聞きそうになるくらいだった。

自分のためということもさることながら、周りの人のために闘っているのではなかろうかと、そんな風に思わされることが多かった。

不思議なことは終わってみたらそれはとるべくしてとった成績であるように思えてくる点だ。と、ヴォクが勝手に振り返るのはあまり無責任な気がする。就職活動についてのインタビューを書くのはここで終わりにしよう。

勉強の仕方、ものの使い方、どんな本を読んできたのか、時間の有効活用術とくに「電車勉強トレイン」についてなら書いていないことがいっぱいあるので、次はそのあたりになるのだろう。

(つづく 次号は11月の予定です。)

plus 高校のシラバスはとても役に立つ。
一女のシラバスにある市販参考書のガイドでは厳選された少数の参考書だけが紹介されている。
良書中の良書だけをセレクトして紹介しており、生徒は迷いなく選ぶことができるであろう。
何冊も手をつけるより結局選んだ数冊を極めるのが入門者にとって、大学入試にとっては近道となる。

posted by ヒカリ at 00:02| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

はじまりは一通のメールだった(1) plus 誘導ローズマリー4株と突然変異の多いチェリーセージ株

「早いもので光塾を卒業してから4年目となり、一昨日、就職先が確定いたしました。そこで、近日中にぜひ直接訪問して、その報告をさせていただきたいと思っているのですが、空いているお時間はございますか。」(原文ママ 勝手にコピペ)

というわけで、光の卒業生が訪ねてくれた。
アツアツで律儀な文面のメールを拝読させていただいた瞬間に、就職のことが決まったことを確信した。(いや、そう書いてあったし!)

たしか昨年いただいた年賀状にはこう書かれていた。
「自分に合った就職先を探したいと思います」と。

うーん、どこに決めたのだろうか。

(本人からさっき伺ったのだが、お母さまがたまにブログを読んでいらっしゃるということだったので、今回はお母様宛てに書かせていただこう、そう思い木のペンを持ちながらブログをペチペチ打ち込む光であった。 つづく)

plus 今日の庭のローズマリー。自然な形も好きだが、今回は誘導もの。若木のときにこっちへおいでーと誘導し形をつくったもの(鉄は熱いうちに叩きまくる主義)。

ひとつめ 「咲き廉太郎」
2B9EFE0A-1C23-4FA2-9A9A-ACBFFCE7FDCC.jpg

2つめ 「匍匐上進」その1
90EB3E8E-1D00-4998-A94B-AEA18A39AA83.jpg

その2
334B8A2F-089E-4E88-9BC1-B49CF4827D6C.jpg

3つめ 「RMレボリューション」
FA202F11-EF93-468D-916A-FB3A28309BA9.jpg

4つめ 「サンタケローズ」その1 by ヒカリ
5FF0366B-B6F2-4673-A6FC-C29376D66F3C.jpg

その2
1D87D178-3224-408E-8C48-5982D947AC64.jpg

突然変異で桃白花の中に赤花が咲いた。
チェリーセージ
51136A37-25AE-435D-B2D5-F7112835124C.jpg

本来は桃白なのだが
赤が咲いた。珍しい花が咲くとうれしくて挿し芽をする。
挿し芽からまた同じような花が咲く今日のようなときは驚きすぎて、言葉がない。
D318EB47-12A4-4547-B4D8-399F8F3D81F3.jpg



posted by ヒカリ at 14:45| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

文化部のインターハイ plus ローズマリーマリンブルーとピンクマジョルカ plus 6周受験生

ただいま、春日部高校の子にお土産をいただいた。

全国高等学校総合文化祭に参加してきた記念のお品をいただいた。
03B75E6F-905C-4C41-B447-B4B8633C6D12.jpg

滋賀県に行けるというのもうらやましいし全国大会に代表として出場するというのもうらやましい。
いいなー、いいなー。
いいなー。

ありがとうございます。

plus 庭のローズマリーの花が咲いた。
C488F345-EFD5-4CF2-906D-C3C84CEEA704.jpg
ローズマリーマリンブルー(1)
青の青さはさほどでないが、ピンクと並べるとやっぱり青い。まさに海の青。マリンブルーはまっすぐわさわさと枝がつくので、クリスマスツリー仕立てに向いている。
青い花が好きな人にはとくにたまらないローズマリー。

20698BBE-D26E-4303-92CC-1B41A7F22F52.jpg
マリンブルー (2)


2686BE88-4A75-4B7C-87A5-F5691AE5B503.jpg
ローズマリーピンク

マリンブルーと比べると桃色のようなピンク。
どちらも紫と言われればそれまでだが並ぶとお互いが引き立つ。

引いた写真もパシャ。
486EBAD2-61E1-4B2D-A21A-0C5C18B00FE5.jpg

plus
ある子が夏休みの前半に東大の過去問4周回目を回していた。

どの本をやるかよりその本を24回転やる方がずっと大事だ。
記憶は反復によって強化される。
高速で何周もすると記憶にこびりつくことになる。記憶がなくならない方法は忘れる前に復習してしまうことである。
だから受験勉強に関する限り、回転数をかせぐという概念は大切である。

ほとんどの人は1周しかしないし1周もしないで本をやめる人が多い。
そこでほれたその本を24周回せば大差をつけることになる。

1周しかしない人に24周した人が負けるわけがない。勉強の世界は原因と結果の法則に大きく支配されている。

力がつくのにはわけがある。
その子は夏休みの後半には6周目に入っていた。
問題文も解き方も解答もほとんど暗記してしまっていると言っていた。オリジナリティなどいささかもいらない。

受験勉強には出題範囲があらかじめきまっている。決まった問題を定石通りすばやく解ける力、それが得点力だ。



posted by ヒカリ at 22:14| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

県大会直前に。 plus 伊藤和夫師の復刊本。


県大会直前で練習も仕上げになっているようだ。
いよいよ大会だ。

がんばって。

去年は全国大会で上位に入賞した子がいた。
その子は運動と学業を両立させるためいろいろなことをしてがんばった。
工夫をいろいろ教えていただき後輩にも伝えている。
とくに夏のがんばりが熱く、ノートの分量が厚かった。
熱くて、厚くて、暑い3アツの夏だった。

トップ校に入学し今も両立生活を一直線に進んでいる。
医学部志望で勉強を休むという選択肢がない。
研究したいことがあるのだという。

体力があって塾に6時間くらいいても休憩ひとつとることがなかった。
部活をやる前はもやし体質だった。


いよいよ大会。

ほなね。
復刊されてめっさうれしい。
高校生に紹介しやすくなる。
『英文法どっちがどっち』(伊藤和夫)

B4405342-5676-41F3-AF1D-85D1FD68CBDD.jpg

↑光推薦独学図書、確定。


復刊ドットコムへ行ってきた。『英文法の集中治療室』の方も復刊リクエストを出してきた。

ほなね。





posted by ヒカリ at 23:29| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

学総

キーボードとラケットは触感のヴォクです。
image-00250704075448.png
( フランス )
http://ginza.keizai.biz/phone/headline.php?id=2308


プール開き、硬筆、修学旅行、がくそう。
小中学生はイベントが多く忙しい。

がくそうがくそうと子どもが言っていた。
漢字でどう綴るのか聞いてみた。
なるほど略字なのか。


大事な試合、とくに中3は最後の大会となる。

自分の闘いができますように。

向かっていけますように。
posted by ヒカリ at 07:17| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

高校生の宿題

部活引退までは時間が少ないので週20時間分くらいの課題を課している。部活をやめてからやっていてよかったと思ってもらえたらそれでいい。コーチとして最初の二年間の教科書内容(基本、定石)の習得には最も気をつかっている。


引退後は起きている間中できるので宿題はほとんど出していない。何をやったらいいのかわからないわけがないし基本が出来上がっていたら何をやっても力はつく。過去問をたくさんやるのは独学でも予備校でも関係なく同じだし、わかるまでできるまでやるかやらないかという当たり前のところでしか差は生まれない。

試験形式に差の小さい東京大を受ける子には20-30年分の過去問くらいは全部やっておくようにと伝えている。
それが受験するものの入試への準備のひとつだと思う。
ほかの学校もそうだが、古い年度の問題であっても試験形式が似ている場合は多めにやった方がトレーニングになっていい。



過去問も5年くらいでなく10年分20年分くらいの中で見ると流れができてくる。30-50年分と見ればそれはもっと明らかになる。

変化がわかるよう過去問は古い方から今に戻る順番で見てみる。
2000年に何が起きて2001年にああなって2002年にはまた驚きの出題があったが長い目で見るとそれは定着していてといった流れがみてとれる。例えば東大英語なら2000年以降段落整序問題の出題がはじまってパラグラフリーディング重視の出題方針を見てとれる。

入試はアドミッションポリシーでもあるので伝統校ほど入試は過去のよき部分をきちっと継承している。
ラーメン屋のスープにヴォクは詳しくないが、うまいラーメン屋のスープがいつも変わらない(ような味がする)スープを継ぎ足して作り続けるのと入試問題の作成が毎年行われることには類似点が多い。本質的な部分というものがあり筆記試験ならではの感動的な形式というものがある。東大の英語と京大の英語では同じ筆記試験とは思えないくらいの違いがある。どちらがいいとかわるいとかのことを言っているのではもちろんいささかもなく形式も中身もそれぞれに独自性があるという意味において違っているのだ。

一方、入試問題が決定的にスープと異なるのは材料を毎回変えなければならない点である。手作りの革製品、屋久杉のテーブルなどのように入試問題作成では素材自体同じものが使えない。
過去は研究され継承されるべき作品であるので同じものは絶対に出題されえない。それは学校の存続に関わる重要な条件である。

過去問はだから最低25年分できたら50年分くらい見ておきたいものだ。



posted by ヒカリ at 00:33| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

池田湖の大うなぎ

県大会が終わり部活生活が終わった子の勢いがある。

朝練昼練夜練の狭間でここまで自習時間をなんとかして絞り出していた。それでも映画ショーシャンクのように、基礎の土台だけは毎日コツコツこつこつと築いてきた。

いまは一日中起きてる時間の全部を学習にあてているような感じ。出口の青空は頭の中にもう描かれてある。

ある中3は一問わからなくても二週間くらい考えていたようだ。
一週目ヒントを出さないでおいたら二週目も再計算され付箋の旗がさらに増えていた。

ある高3は全復習を進めていて2-3時間ぶっ通しで飽きて眠くなっても単元が終わるまでは休まないと言ってた。
50分のワンセットを何回も立ち上げるような仕方を提案したがこの子のことだ、好きにやり遂げるだろう。

夏の大うなぎ、イッシーは池田湖の外にもいる。


posted by ヒカリ at 06:00| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

文武両道 部活と勉強の両立について

浦和高校のある高校生が1月にあった実力テストの結果を見せてくれた。
結果は科内1位だったとのこと。
定期試験に続いて、実力テストでの学年1位、おめでとう。
実力試験の学年一位にはとくべつの価値がある。
それは継続的な努力がなければ成し遂げられない。

運動部の県大会と同時期にあったので両立の板挟みが普段比3倍くらいはあったんじゃないか。
夜8時、9時まで学校で筋トレするのは行き過ぎだと伝えよう。それから毎日6時間は寝ることも。

どうすることに決めるのか、それは彼が決めること。




image-20120219045449.png


posted by ヒカリ at 23:00| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

文武両道

(ヴォクの母校鶴丸の校訓のひとつに、文武両道があった。九州大会に旅立つ前の日だったろうか、校長先生は主将だったヴォクを昼休みに校長室に呼んでくださった。アツイ握手の後、ポケットから封筒を取り出しヴォクに手渡してくれた。そこには少しのお土産代と直筆のお手紙が入っていた。うれしかった。)


勉強の成果は時間の多寡に比例しない。

もちろん時間をかけたなら隅から隅まで丁寧に取り組むことができる。細かいところにまで手が届く。時間をたくさんたくさんかけて努力した人間の成績が上がらないわけがない。
勉強法についてあれこれ迷う時間があるなら、ただひたすら勉強した方がずっと早い。


県大会を勝ち進んでいる子たちが両立させている。80対20の法則ではないが、時間勝負に持ち込んだところで勝ち目はない。ならば選択と集中で最も重要な20パーセントの勉強課題に勉強時間の100パーセントをぶつけよう。


昨年の中3生。全国大会まで進んだ子は夏休み開けの模擬試験でガツンと伸びて結果を勝ち取った。夏休みに全国大会に出場したのに、勉強でも結果を出した。そのままの勢い、いや最後まで上り調子で第一志望校の合格を勝ち取っていた。

何が勝因だったと思う?
とある事情から受験体験記は結局誰にも書いてもらわなかったが、この子は話していた。
「まとめをしました」と。

なるほど文字通り、まとめの章のところまで大切に解いて、解きながら流れをつかんだのだろう。この子は嫌いだと言い切っていた科目においてさえ、たくさん点数をとるようになった。

まとめに限られた時間を全部を費やし、自分の知識をまとめ、自分の受験勉強をまとめ、気持ちをまとめた。一問を大切に解いていた。時間はどうせはじめから限られている。ならばこの一問を今ここでマスターする。そんな気持ちがノートのあらゆるページに垣間見えた。


私は陸上を全力でやった。そして全力で勉強も両立させた、と気持ちに整理をつけたんじゃないか。
しかも陸上で鍛えた集中力という名の、目には見えないがツオイ武器までがあったんじゃないか。

両立は口で言うほど容易いものではない。フィッツジェラルドは書いている。3度目だが紹介しよう。



「一流と二流を分ける試金石は、二つの相反する物事をできるかどうかの中にある。しかも同時に。」



両立させたい人へ。どうかあなたが両立のチャレンジに果敢に挑み続けますように…。

時間はかかるかもしれません。いつ芽が出るやも読めません。

いつかきっと芽が出るその日まで。

posted by ヒカリ at 01:23 | TrackBack(0) | 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

中3

中3のキャプテンが県大会出場を決めたようだ。
どこまで勝ち上がるだろう・・・。

昨年は全国大会に出場した子がいた。
今年はどうだろう・・・。

サッカー部の子はこれからだ。
本田氏の『アメリカ合州国』同様、まったく気がつきません・・・(!)(それ、本多ですっ!!)
posted by ヒカリ at 15:24 | TrackBack(0) | 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

今日の新中1英語

100303_1504~01.JPG今日の新中1生。中学合格後から英語をはじめ楽しく短文英作文を進められている。

今日の確認テストはどうかな〜。

部活を楽しむ大前提は本分である学業をきちんとやることだ。

両立準備を今の時期にもできるのは運がいいかも。

posted by ヒカリ at 15:12| 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

部活動と勉強を両立させている子供たちへ贈る言葉。

部活は生きがいではないだろうか。
とあるヒカリっ子(まったり系の部所属だった)が「高校に入ったら今度は青春を謳歌したいです」と言っていたのが、耳に残るが、部活動とは学生にとって青春なのであろう。

また、あるヒカリっ子に「今日は元気ないね?」と僕が尋ねると、「部長のメニュー変更で、今日はボールが打てなかったんですよ」と言っていた。
テニス部員たるもの、毎日ボールを叩かないと、ストレスのたまること、想像以上のものなのだ・・・。

ヒカリ自身はと言えば、学生時代は、ナンテ一本だった。不器用で1つのことしか熱中できない僕は、小中高大とナンテイ一本だった(苦しくて楽しかった時代を思い出しながら)。やはり、めがねの上からボールを顔面にぶつけられる恐怖心は何者にも代え難い喜びだ(弱いくせに逃げないMキャラを隠しながら)。
部活がなくなると生きた心地がしなかった。

さて、この部活動、唯一の欠点は、疲れてしまい家に夜帰り着くと、バタンキューのパターンを生じさせるという点である。
これを改善するには、

@食事を満腹になるほど食べないということ

A風呂は寝る直前まで入らないということ

B学習時間ではなく本のページ数のノルマをつくること

C部活をやる代わりにテレビ・ゲームを封印するということ

の4点が有効であろう。

@は、満腹になると眠くなり、それこそバタンキューなので、腹八分でおさえよう。
Aは、風呂も体を温めすぎると眠くなるので、勉強の後に入るようにしよう。
Bは、学習時間が少ないのは、部活をやる以上、当然である。そこで、週のノルマを決め、テストで点をとるために、テスト直前週以外のすべての週は「理解科目」=国・英・数をこつこつ2ページくらいずつ毎日取り組んでいこう。テスト前の部活が休みとなる週に、「暗記科目」=社会・理科をつめこめばよい。
ノルマをこなさない限り、寝ころんだり、風呂に入ったり、漫画や読書をするのは絶対にやってはならない。
Cは、ただでさえ時間が少ないわけだから、部活動以外の趣味は土日に集中させるようにして、平日は勉強に時間を必ずとる習慣をつけることだ。

最後に、フィッツジェラルドの言葉を紹介する。

「人が一流か二流かをわける試金石は、性質の異なる物事を実行することができるか、しかも同時に実行することができるかにある」
この言葉は、記事リクエストをしてくださったshinnさん親子にお贈りしたい。
posted by ヒカリ at 23:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 文武両道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする