2016年01月20日

新しい練習相手としての過去問。 plus 「インクのいらないペン」plus ウォータードリッパーで淹れる水出しコーヒー

過去問は受験勉強におけるスタートでありゴールである。
受験勉強は過去問に始まりがあり、過去問に仕上げがある。

ゴールは入試本番で当日スコアをたくさんとって合格することだ。
これは入試を受ける以上、変わらない。

スタートは入試問題を知ること、早く封を開けるべきだ。なんだ? こんなのなの? えっ、これで何点とればいいの? 発見がある。

トレーニングは入試問題を知り尽くすことだ。入試問題は過年度のものとの類似性があまりに大きく、知れば知るほど定石が見えるようになる。

得点力がある人は、科目自体の知識と技術のある人、それから過去問に精通し流れを知っている人。

スタートに戻る。過去問がわかるまでは教科書と入門書を読み込むしかないのだからスタートは過去問がわかるまで単元を学習するということになる。

千葉の子は千葉の過去問が解けるまで、東京の子は都の過去問が解けるまで、独自校入試の子は独自校入試の過去問が解けるまで(日比谷、お茶など)、埼玉の子は埼玉の過去問が解けるまで。同じく、東大東工大一橋の子は東大東工大一橋の問題が解けるまでというのを単元、分野、領域学習のゴールに設定している。すべての過去問は単元別難度別にフラグを立てて整理してあり、易しいものから難しいものへと順番に練習メニューを組み立てている。

過去問がわかるだけでなく今度は自分でささっと解けるようになるのがいちばんの練習メニューなので、過去問自体に学ぶのは受験勉強のメインになる。

かくして受験勉強は過去問と向き合い続けるのが基本となる。

過去問に学ぶには。
過去問は2度解けば学びは1回目の2倍以上のものがある。過去問演習をする際にはまずは10年分を深くやり込むのが基本戦略となる。20、30年分やり実戦模試をやり予想問題をやりと手を拡げる前に、10年分が完璧に解けるのか?と自問自答するべきだ。30年分40年とやるのにもその上でなら意味が出てくるというもんだ。

入試問題というものは2回目に解くときには1回目と違って視野が広がっていて、一段高いところから問題の設定を眺めることができる。同じ解くでも深い理解に到達できる。結局この問題は何が聞きたかったの?というところにまで考えが及ぶようになるのも2周目以降の話だ。また2周目以降は他の年度で出題されていた知識との関連性がわかるので、分野単元における出題意図も一層理解が深められる。
だから過去問10年分は最低2回以上解けばいい。受験前最後の1年はそういうことに時間を使える。それはそれでいいのだが。

ただ過去問をポンと渡して解くということを実施してもささっと解いて満点をとって、それで終わってしまう。
なぜなら子どもが勝手に入手してもう解いているからだ。一度解けた状態の子にただ再度解いてというのでは機会の損失。別解を鑑賞するための趣味的なクラブではない。年間48回、96回の授業チャンスは最大限に生かしたい。

何年か前に過去問が10年分以上終わっている子、1年間かけて40年分解いている子などもいるので、そのまま解いてくださいというのでは、授業でやる意味が半減する。

そこで、追題して出題する。
もしくは改題して出題するようにしている。

よい問題には背景があり、多くの周辺事項を巻き込んでいる。拡げること自体は容易い。
しかしどこに向けて拡げたいのかが明確でなければならない。許されるなら過去問の改題追題では拡げるよりは深めたい。

新しい問題を問題として立てるのはなぜなのか。
その問題を立てたことにどういう意図があったのか。
どんな技術を高めたくてその問題を出すのか。
戦術は戦略に従う。問題も、到達したい技術目標に従って作成し出題している。

去年までの改題にさらに今年は改良を試みて改々題として作成する。
かくして10年もののかいかいかいかいかい問題みたいなものができあがってくる。
かーいかいかい愉快痛快改題は怪物くんばりのボリュームになってしまう。

改題の作り方には大体7つの工程がある。
1、ためしに思いつく限りの追題を作成する。

2、ためしに自分で解いてみる。

3、ときに思ってもみない良問に出会うことがある。改題がよいとすればそれはもとの入試過去問題が優れていたからだ。

4、改題同士を比較検討し統合したり融合させたりすることを試みる。

5、最終的にBESTと思われる問題にし誘導を調整し、問題の難度を調整する。

6、B問題用、C問題用、D問題用の3段階に設定し作成としては一旦終了。

7、子どもの答案用紙を見て調整し仕上げを行う。


以前やった問題でも新しい設定に焼き直して新たな問題に取り組むことができる。
問題を練るのが楽しくなるのももとの入試問題が優れているからであって、過去問のおかげで練習メニューが充実する。慣れてくると問題を作ることもできるようになり時折、「こんなの作ってみました」と持ってくる子がいる。

過去問に感謝しながら過去問を解き倒したい。

センター試験が終わった。最終模試も間もなく終わりを迎える。

いよいよ残すは本番あるのみとなった。
本番の試験で当日たくさん解くために、ためてためて、力をためて。

Plus
ヴォクの仕事は過去問を追題、改題している時間が非常に長く、毎日数時間問題を作成している。
本棚には全国の過去問(もとの入試問題)が約40年分ほどあり、全国の高校、全国の大学などの主要なものが各教科ほぼ揃っている。

さらに入試問題を改題した問題ファイルが単元別、分野別にあり、単元と難度を入力すればセレクトされるようにライブラリになっている。問題はルーズリーフに閉じ、エクセルで年度や難度を管理している。

せっかく集めてきた入試問題と、格闘、作成し続けてきた問題改題のライブラリがなくなればヴォクは仕事を続けることはすぐにできなくなる。

ヴォクの場合、もっとも重要な資源は過去問と改題にある。
たとえば木のペンの職人さんは素材の杢や素材の金属部品に相当のこだわりを持つ人もいることだろう。ペンにも金具、木、シャーペンの芯の機械、つけられる替芯の種類など多種多様のポイントがある。

木の加工技術にこだわりをもっておられる方もいるだろう。
木の強化にこだわる方。木肌の表面の美しさにこだわるお方。
木肌の調整(木自体の肌さわりを残すのか調整するのか)であったり漆塗りであったり拭き漆仕上げであったり、シャーペンの機械部分であったり木の杢であったりこだわりは人それぞれあるだろう。

同じペンの金具でも銅がいいという人もいればチタンがいいという人もいる。
シャーペンの芯の太さが好みに応じて変えられるような仕様にすることにこだわりをもっている方もいる。

毎日公園のベンチと木のテーブルを布巾で掃除しているおばちゃんはどんなところにこだわりをもってやっているのだろう。

ヴォクの場合は、教材の中の、入試問題の素材とセレクトにこだわりをもっている。入試問題の倉庫がそのしるし。入試問題が集まっていてそれを整理してセレクトして精選して。

はじめ入試の問題は人間が作った人間を測る道具であったのだろう。確かに入試の日にはそれはそういう目的をもって使われる。しかしよい入試問題は日々の学習において、学習者が思考を深める最高の教材になる。

過去問は入試本番までに教科の知識と技術を磨く日々の練習相手であり、過去問は合格点を取るための練習試合であり、過去問は入試当日の現在形の入試問題を解くときの併走者たるだろう。

Plus
IKEAのスタンディングディスクで作業してみた。なんだかめっさいい感じだった。腰にも優しく集中力も増す。そもそも教材を作るときに床に正座して机の上のMacに向き合うという生活自体を見直すタイミングだ。
何個買おう。一晩寝かして検討だな。

Plus
ナプキン 4EVER CUBAN フォーエバーキューバンの書きごこちがゴイスだ。2ヶ月ほどつかってみて大好きなボールペンの黒を使う必要がもはやなくなってしまった。このペンにはまずもってインクもなければ替芯もない。半永久的に描きまくることができる。替芯の残量を気にしなくて済むし低コスト。
それでもめっさ好きなカーリー杢の木軸のペンにはいつも触れたいので今までのボールペンも使うが、代打で使うという結果になってしまった。Signoのペンでものを書いたとき以来の衝撃。なんといってもゴイスなのは、
筆圧によって薄く書くも濃く書くも自在にできるペン(みたいな摩擦筆記)。 えんぴつかっ!鉛筆かっ!
おまけに楓って。

plus ウォータードリッパーで水出しコーヒーを淹れてはじめて飲んで以来、コーヒー革命が起きている。ヴォクの中で。
ヴォクの中心で大声が叫んだんだ。うまい。いや、叫ぶゆとりなどなかった。ごくごくごくごく、息をつぐ間もなく、まずは飲み干した。
なんてうまいんだ。

その後いろんな落とし方、挽き方、蒸らし方を試している。心はキュリー夫人。

きょう現在で、水1滴を細かく挽いた粉に1.6秒で落とす淹れ方がうまい。
1.6秒/しずく ということだ。そういうことなんです、ええ。




posted by ヒカリ at 23:48| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

千葉から来ている光っ子。全国入試問題32年分、解くだけで毎日が終わる件。

千葉から来ている子は12:30にご自宅を出て14:30から光での指導が始まる。電車の中が暗記タイムになっている。往復の電車の時間の中で暗記がどこまで進むだろうか。電車になるというコストが大きい。目標は必ず達成したい、教える方のヴォクはそれしか考えていない。

東京から来ている子。医学部を受ける子。公立一貫校を受ける子。東工大を受ける子。それぞれの子が定めている目標や学校の入試問題を見て指導のラインを引いている。カリキュラムは過去問が知っている。過去の問題を研究すればどんな力が問われているのか見えてくる。目標は、当たり前だが結果として達成する、そのために光の指導が存在する。

学校の定期試験の学年順位など入試とはあまり関係がない。定期試験は暗記コンテストの側面が大きいが、TOP校の高校入試、難関の大学入試は考える力で大差がつく。実力差が大きく出る。

埼玉県、千葉県、東京都だけでなく全国の高校、大学の入試問題が25年分、大学は32年分、本棚に並んでいる。
東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬だけでなく、全国の問題が並んでいる。

ヴォクの弱点なのだが、集める癖があり、一度入試問題を集め出すと毎年集めないと気が済まない。
引越しにも負けず災害にも負けずどうにかこうにか揃ったままでいる。

床からから天井まで壁にビルトインでオーダー製作した本棚。ふつうの壁がなくそのままこの天然木の本棚は城壁のように分厚い。地下にまで補強材を入れた本棚の床がきしまないか、それとも木は強度を増すのか。

木と紙の対決はまだまだ続きそうだ。
東大の地下室の本棚と違って毎日のように本を出し入れしているのでほこりもかぶっていなければつんとした匂いもない。図書倉庫の方も毎日ヴォクが出入りしているので本の保存状態はわるくない。

この仕事をやめる日までは問題研究のため集め続けるだろうが、引退したらスパッと本を集めるのはやめるつもりでいる。

本当は子どもに全部配ってしまうのがよいのだが、解ききれないだろうことと、解けば解くほど1題の良問を考え抜く時間が奪われるのとで難しい。
良い問題は考えさせてくれる。
良い入試問題をじっくり味わい尽くすほうがいい。



posted by ヒカリ at 17:42| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

新幹線ひかり号のスピードで計算する問題集

スピードは価値である。
サッカーや野球やテニス、スポーツでは当然だが受験でもスピードがないとまず苦戦することは間違いない。
大学入試センター試験などは問題が簡単なのだからスピードコンテストの要素が大きい。


そこで、『合格る計算』、『速読英単語』、『読み解き古文単語』などのスピードをつける書物の出番となる。
改訂された『合格る計算』(以下「うかる」)はさらによいものになっている。
とくに数学Vはカードまでついている。

反応速度を上げるにはパターン化するという方法がある。
目には目を、パターン問題にはパターンをというわけだ。

スピードが意味をなさない領域は筆記試験ではなかなか考えにくいが、あるとしたらなんだろう。

ほなね。



posted by ヒカリ at 05:31| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

チャート、体系数学

学校指定の数学の問題集がよくない子がいたので捨てるように伝えた。
学校のやり方もここまでやってみての判断。

公式一つひとつの導出さえできないうちに何問の難問を解いたって力などつかない。

最後は自分で決めるべき。
イメージ図書、教科書と動画、基礎講座、iPad、もなにもかも揃っている今の時代に学校指定のものに拘る必要はない。

生まれ変わっても読みたい本を探せと伝えた。
同じ単元の問題だけでも最低10冊は比べてみたらいい。

どの参考書が公式の導出や定義に厳密なのか。
どの参考書がよくある誤答例やFAQを記述しているのか。
どの参考書が計算過程までメモしているのか。
そしてどの参考書がそもそもなぜそう解くのかにまでせまっているのか。
解法の選択という観点はあったほうがいい。

仮にパターンを伝えるだけが目的であるのならインパクトを込めて伝える工夫を凝らした参考書を使った方がいい。
そして図がデカくてキレイなのがいい。


図がデカくてキレイ
なのがあるの。

同じ船に乗っているのだから学校指定の問題集とさよならするわけにはいかない。
しかし学校指定の問題集の方をサブにスーパーサブにして、レギュラー図書は別にあっていい。

ヴォクはそう思うとる。

ほなね。
わかりやすい本を見つけたら自分でどんどんやってみる。
それが学習の基本。

🔳︎「授業を受けるだけでは成績=点数が上がらない」=「学校・塾・予備校だけでは結果がついてこない」。
なぜならわかった気になっても自分で練習して自分なりの仕方でマスターしなければ自分の身にならず「問題が解ける」状態にまでならないから。
🔳︎もちろん、先生・師・コーチに「やり方」を習って、それで上達する部分は大きい。しかし、授業は「勉強法の伝達や原理原則の導入が中心」なので受験で必要になる範囲を、学校・塾・予備校ですべてカバーするのは無理。授業を受けるのを「スピード1」とすれば、自学自習は「スピード20」ぐらい。自分でやった方が、早い。試験範囲は広いのでどんどん進まないと終わらない。
🔳︎「自分でやってみる」というのが基本となる。
🔳︎ 自分でやってみてわからないときに質問するべき存在がいればいい。
🔳 たとえば数学のチャート式は全国の多くの高校で採用されている。同じチャート式を使っていて学力差が生まれるのはどういうわけなのか?
それは何周も繰り返して自分で考えるようになり自分の手と頭で問題が解けるようになっているかどうかの違い。集中していたら1周目から解けるときもあるだろう。
ダラダラと考えてしまうと3周目にやっとわかりかけることもあるだろう。
わからない問題は考える。
ときには白チャートや教科書の定義や導出を調べる。
そしてまた自分で考える。
そきまでやってはじめて良い参考書であるチャートが生きてき始める。
ただ解いているだけではチャートの持ち腐れというわけだ。
4STEPもチャートを解くときは自力でパッと解けるまで繰り返さないといけない。
大変だがチャートの問題と解答を覚えてしまうくらいになってはじめて入試問題が解けるようになってくる。




posted by ヒカリ at 06:45| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

2年生にとって2月が熱い2つの理由。

222。
学部や入試日程が異なっても出題形式が同じ大学が多くある。
すると2013年度までの過去問同様に2014年度の今年の問題が練習に使えるようになる。
受験生にとっては今年の問題を過去問と呼ぶ奇妙な数日間が生まれる。

一方で高1、2生にとっては最新の3年分だけは触らずに大切にタイムカプセルに保存している。
過去問は極上の模擬試験


大学名を冠したいかなる模試以上にその大学の試験での得点力を見る模試の役目を果たすからである。
かくして4年前から30年前の問題だけに手をつけている。
この奇妙な数日間を境にして4年前の入試問題を開封する。

練習メニューが新しくなったときの新鮮な心地を味わうことができる。
だから2月、3月は過去問演習が新鮮な驚きの連続となる。
熱い。

もうひとつ、たとえば仲のよかった先輩方が入試を戦っている姿を目にする。
普段とは違った先輩方の様子に熱いものを感じる。
部活では見えなかった勉強熱心な先輩の表情に驚きスイッチが入る。
それは合格体験談とちがって間接的で雰囲気上のものであるだけにじわじわとしかし熱く伝わってくるところがある。
posted by ヒカリ at 00:39| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

Yojiさんの新しい問題集『ひとりで学べる理科』

セルフ塾を主宰していらしたYojiさんが執筆された独学図書を紹介。

Yojiさんのは新しく出版され音声解説もある数学と理科はとくに独学者向きのすぐれたプログラム学習書だ。

詳細はこちらから。
http://selfyoji.blog28.fc2.com

Yojiさんは塾の(塾生募集の)チラシを一度もまかずにずっと塾を運営されていたらしい。

「セルフラーニング」と「チラシを一枚もまかない」という点などヴォクのself, ヒカリも共通点は少なくなく?、Yojiさんにはお世話になっている。

だから紹介しているというだけではない。

本当にすごい問題集は、1つの問題自体の中に論理があり、取り組むことが発見につながる。

問題群の並びにアクセルがあり、考えることで思考が深まる。

本全体がひとつの体系になっていて、小宇宙のようだ。

なんの問題集を読むかで結果は別世界となる。

問題集で差はつく。


posted by ヒカリ at 05:56| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

コネッツ続報

posted by ヒカリ at 05:42| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

めまい図書 物理の講義[新課程]

実況中継的に話し言葉でポイントを講義式に解説してくれる独学参考書や独学問題集が増え、日本語の学参界はたいへん便利で初学者に親切でやさしい世界になった。紙面のつくりだけでなく、CD音声付きのもの、映像付きのものと聴覚面でも視覚面でも工夫が見られる。

一方で、ひと昔前、昭和の頃の参考書は包括的網羅的で詳細かつ体系的なものが多かった。それに、なにより分厚かった。

たとえば高校物理では現在『物理教室』や『新・物理入門』は方向性の差こそあれ辞書的にも利用できる詳しく体系的な参考書である。

これらとたとえば、昭和の2冊『親切な物理』、『前田の物理』とを比較的に並べてみると、古さを通り越した古典のもつ圧倒的な存在感にめまいを覚える。

高校の頃、『親切な物理』も『前田の物理』もいつも机の上の本棚の正面にあった。当時はそれが物理だった。ヴォクの物理生活のはじめの1冊は『物理の講義[新課程]』だった。ヴォクはこの書物に出会って物理をやろうか他の教科に本腰を入れようか迷っていたのを覚えている。
その次に出会った参考書で命運が決まった。それがこの2冊「親切」と「前田」だった。あまりの詳しさに打ちのめされた。

今は、本棚に物理の本が増え物理という言葉が喚起する参考書の印象は変わったはずだが、「親切」と「前田」を開くと、今でもやはりめまいに襲われる。

そのまま再び読み返してしばらくするうち、ああ高校の物理に戻ってこられたという落ち着きを取り戻すことができる。

似たような感覚は英語での『英文解釈教室』を開くときにも起きるし、数学での黒い表紙の『大学への数学』を開いても生じる。

それらは物理の、英語の、数学の体系的な何かを形作っていて、原風景のように思考回路に枠組みをつくってしまっている。

新しい入試問題に接して、破壊して創造するということを毎日やっているようでいて、同時に原風景を後から辿っているだけのようでもある。

これらのめまい図書は、精神衛生上のことを考えて本棚では奥の見えない列に保管するようにしている。手前に新しいものを置いて背表紙が見えないように留意し並べる。

それを目にすると圧倒され開かずにはいられない気分になってしまうから。

何十周と読み返しても落ち着きの得られない深い森の中にまたヴォクを閉じ込めてしまうだろうから。

めまい図書を開くのは休みの日だけがいい。

19738419-E740-4797-A0AE-5E9E1CCBAC91.jpg

posted by ヒカリ at 12:26| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

育伸社のTさん

Google Driveがスタートした記念日となった今日知ったのですが、「シリウス21」をはじめ教材のことを私にいつもいろいろ教えてくださっていたTさんがご異動とのことでした。

とても残念です。

でも新しい地でも、元気にお過ごしください。


(それから、鍵を見つけていただきまして、ありがとうございました。)
posted by ヒカリ at 16:25| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

古文

今日の中3生。
古文の仕上げ初回だったが読み意味ともノーミスだった。

「古文上達」というこの本がおもしろくてもう45話まで読んでしまったとのこと。

たしかにこの本には面白い説話が多いと思う。

posted by ヒカリ at 12:46| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

平面図形空間図形の図形ミックスジュースを解いたあとに

今日の中学生(受験生格闘mode)。

帰りがけに質問があった。この帰りがけというのがいい。

人はたいてい一番肝心のことをまるでふと思い出したかのように、あ、そういえば・・・と帰りがけに尋ねることがある。古畑任三郎みたいに。

今日も、HTの来期の打順構想に関わる肝心の話がきたか、ついにきたのか? とヴォク、予測して、
目を瞑り、
前かがみになって。(頭の中に城島選手とマートン選手と元阪神スタメン4番新庄選手を思い浮かべながら)




(暗闇の中から)「せんせー、かんぺき最新問題集には2年版というのがあるのですか。」



(ずこーーーっ)お!よく知ってるね。(目を見開いて)

どこかで見たのかな?(真正面からガン見)



「学校で前の席の子が持っていました。」(ニヤリ)

いいねー。おそろだねー。で、4番打者なんだけどさぁ・・・。あ、電車の時間かぁ。またね。


(新庄選手はずっと同じグローブ(グラブ?)を使っていたと聞いたことがある。そして彼は毎日かんぺきと格闘している。一問を解きつぶす。全高入を5年分やるか、8年分やるか、それは習得度が決めること。)




「練習のプログラムを試合より数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学んだ。」 マルチナ・ナブラチロワ (テニス)



話は変わるが、難関校入試対策の入り口として『塾で教える高校入試数学 塾技100』はすごくいい本だと思った。とくに難関私立高校の入試数学や東京、神奈川の自校作成独自入試数学対策を独学独習で進めるのにもよさそうだ。平面図形はもちろんのこと、空間図形までたっぷり扱っているのがユニーク。ドパターンの定番問題をはずしていない。

数学で100といえば、「JUST100」, 代ゼミの「グレード別」シリーズなど名著揃い。

100という数は少ないと多いのはざまで網羅性や完結性をも満足する不思議な数であることだなぁ。

posted by ヒカリ at 01:05| 問題集参考書で差がつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする