2011年07月22日

自分で付け足すこと(1)

今日の小学生(小4)のモノの理屈(ぶつり)の話。

ただコーチに言われることをこなすだけではなく、自分で考えたことを付け足そうというようなものを感じた。ファイルの表紙を見てそう思った。

漢字もテストしかしないが満点おお合格だった。

今日の第一声が、「せんせー、ぼくは理科もやりたいです。」だった。


花波:「いいねぇ、で何で急に理科??」

子:「理由が知りたいからです。」

花波:「へー、理由かぁ。全然わからないことばかりだしヴォクも毎朝理科を趣味で勉強してるんだ。全然わからないけどね。で、どんな理科が?」

子:「理由が調べられるようなの。」



「うーん、ないねー(本棚の前でシロクマみたいにウロウロしながら)」



ヴォクも同じ年の頃に「宇宙のふしぎ」や「昆虫のひみつ」などを読み漁った(立ち読みが多めだったけど)。テレビの「わくわく動物ランド」に毎週張り付いてた。



早速ステージ1をオーダーをした。これぞまさにジャストインタイムならぬジャストビハインドタイム!

って、遅れてるしっ!

しかもその子の机の隣で電話入れってどーゆーこと??
じゃましないでよー。



まぁ、言って始めさせるよりは、どうしてもやりたいという声を待っていたい。

今日手渡すことはできなくなるけれど、待ちに待って受け取るのも悪くない。



彼は来週どんな本を手にすることになるだろう。

彼は来週それを受け取って理科のなにかがどう変わるのだろう。
続きを読む
posted by ヒカリ at 01:59| 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

ぶつり

高2の子のもっていた物理の問題集(のページにたくさん出てくるイラスト)がとてもかわいかった。

それがほしくなった。

明日、探しにいってみよっと。

posted by ヒカリ at 01:13| 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

「この式変形にはついていけます、でも意味がわかりたいです。」

覚えてしまうとわかるはずのことがわからなかったりする。


今日は高校生にせっかく式変形の(かなりいい)質問を受けたのにいいヒントを出すことができなかった。いつものように授業後に悔しさが増す。


数学や物理学は覚えることは非常に少なく考えるべき問題点がたくさんある学問である。


もっと考えて少しはいいパスが出せるようになりたいなぁ。
写真.JPG
posted by ヒカリ at 02:22 | TrackBack(0) | 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

NHKのネット講座

こんにち波。

ここに書くのはお約束で3回目だが、物理、化学、数学など一般に難しいとされるものをNHKネットで観てみたが、わかりやすい。

はなとして、花や波なども一通り観てみたがやはりわかりやすい感じだった。

とくに波の基本式(波長が長いと波が速く進む)についてここまでわかりやすい説明を耳にした、目にしたのははじめてだ。

大山光晴さんと義達祐未さんの演技力のせいだろうか。感動的。

小学生にもわかるくらいのモードになっている。

λ(ラムダ)好きの子が増えるんじゃないか。

ストローを買う子も増えるんじゃないか。

いろんな道具が出てきておもしろい。

(逆に、30分もかけてじっくりゆっくりたった1つのことを取り上げているので知っていることを

観るのにはよほど探究心・研究心がいるのかな。)

いずれにしても初学者にはおすすめだ。

イメージ図書や説明図書と合わせて視聴してみるのもいいかもしれない。

イメージ図書の方はいらなくなる部分もある。


http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2010/tv/butsuri/archive/chapter010.html
posted by ヒカリ at 15:32 | TrackBack(0) | 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

定滑車と動滑車,理科

今日も滑車の質問があった。

http://selflearning.blog.so-net.ne.jp/2011-04-08

時期的なものかな。
posted by ヒカリ at 01:14 | TrackBack(0) | 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする