2016年10月23日

無言の答案用紙 plus シグノ307とジェットストリームの互換性

Gmailに無言の答案用紙が送られてきた。
ただ答案用紙の写真がある。
答案用紙は中間試験の教科の枚数だけある。
答案用紙には答案が書かれている。
丸や丸に届かない印が朱いインクで書かれている。
写真はカラーで赤のサインは答案よりも目立っている。
メールには文面がない。
写真だけのメールだ。
これが文字通りの意味においての写メール。
0点から100点まで程度の差があるにすぎない。
肝心なことはそこに根性が見えているかということ。
答案に力がこめられているのかということ。
精一杯書かれているのかということを読み取ろうとしてみる。
文字がいっぱい書かれている。
読みやすい文字と読みにくいメモが混在している。

plus
シグノ307はすべるなめらかペンでめっさ書きやすい替芯だ。一度描いてみるとかすりがまったくと言ってよいほど出ずジェットストリームもsignoスタンダードをも凌駕する滑らかさと書きやすさとに驚いて空いた口がふさがらないとはこのことだ。名前は207の上位互換みたいだしsignoのままだが、ナカミはまるで別物。ユニボールシグノ307のとくに0.38はこの細さのペンとして極上である。

かーかーかーの三拍子揃った鹿児島のイチロー、ムネリンみたいなペンだ。

かすれない。斜めに倒してもかすれない。

書き初めからドバッと出る。

乾く。


チェストーーーーーーーーーーーーっ!

「セルロースナノファイバー(CNF)」をゲルインクの粘度調整剤として配合するだなんて、秘密を知って驚きは倍増。

しかもジェットストリームやシグノRTなど多くのペンと長さが同じためいわゆる替芯としての互換性がある。
ジェットストリームを入れて使っていた木軸ペンにシグノ307を入れるようになった。そのときだ、ヴォクが沼から抜け出したのは。右利きの人には十分の速乾性と言える。左利きでも書いてみたが左書きにはこの乾き方は不十分である。

深い深いインク沼だった(過去形で)。

エコな軸なしの替芯があるのがうれしい。
その名前は、ゲルインクボールペン替芯/リフィル UMR-85E ユニボールシグノ307(0.5mm)【青】 UM - 。
細字好み用に0.38があり万年筆のような書き味

307、307、30、30、307(3、3、7拍子の感謝の応援歌を歌いながらフェイドアウト)。