2011年07月29日

世界へ出国

光っ子のお母様からお便りメールをいただいた。有り難うございます。

成田から、留学先へ向けご出国したとのこと。ホストファミリー宅到着は、日曜日とのことだった。

かわいい子には旅をさせよと言うけれど、遠く知らない国、知らないホストファミリーへ単身向かうのを送り出し、待つのはどれだけつらいことだろう。

本人は携帯もパソコンも持っていきません、と話していた。

一層二層強くなって無事に帰ってくるその日まで、祈りながら待とう。
posted by 花波 ヒカリ at 20:54| category not found | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北島康介選手

北島康介選手、つよい。

強いなぁ。
posted by 花波 ヒカリ at 20:39| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考の速度で(3)

移行時間を小さくするの続き。

たとえば、学校で嫌な行事があるとして、朝あまり起きたくない(ような)ときがある。(逆に好きなことができる日は朝早くから目が覚める。 ヴォクなら六角家本店に行く日は早起きしちゃってまだ開いてないことが多い。)

人は誰しも好き嫌いがあり嫌いなものを前にすると動きが鈍くなるようなところがある。

勉強に置き換えてみる。仮に数学が今はあまり好きでないとして、英語や国語なら30分、60分と没頭してたのがうそみたいに次、数学!というところで突如、身体の動作が鈍くなってしまうことはないだろうか。

次は数学だぜっ!
次は数学だーぁ〜↓ あ?
と頭の中では思っているのにどういうわけか身体は冷蔵庫の方に動いている。

コーヒーを飲んで、さぁ次は数学・・に・・・いかな・・いといけなかったとも言うはずだったんだけど・・・まぁ明日からやろうか。

明日きやがれっ!カモーン!

そういえば今日は寝る前にやっておきたいこともあるわけだし(ふふふ)・・・といったような経験は誰しもしたことがあるだろう。














かーーーーーっつ(大沢親分のロング喝で)!
なにがふふふじゃ!



逆なんよ。
なんでいま先にコーヒーを飲んだかな。

一問解くの。

一問だけ解いてから冷蔵庫に行くべきだったのよ。

「さきれいぞーの、あとすー」じゃなくて、そこは「さきすーの、あとれいぞー」でよかったの(業界人っぽく)。



そういうことなんよ。



でね、移行時間を小さくするために、タスクからタスクに移るときにまず休憩してから移るんじゃなくてもう前やってた科目の本を閉じる前くらいに先に次の教科のを開いちゃうわけ。

え!?じゃまじゃね?

前の本が後の本を邪魔してません?


いーの。
目にはいっちゃえば気になるじゃん?

な?(ガン見)


で、1問だけなにも考えないでとりあえず手をつけてみるの。頭が動かないでもいいから、指先で数学の問題をなぞってみるの。


人間不思議なもんで一回指を動かしちゃえば意外に抵抗感は小さくなるようなところがある。



ちょーーーどエンストした重い車をひきずろうとするときなんかにはじめ動き出す前にはびくともしなかったような車が、一回動いちゃえばそのまま動き続けるのにはあまり大きな力もいらなくなる、ちょーどそれみたいに(動摩擦力の性質)。


とりあえず嫌いなものは分割して1個だけやってしまう。


人は言う、「困難は分割せよ」と。

またね、またたびね、もふもふね。
posted by 花波 ヒカリ at 01:11| なんとかします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考の速度で(2)〜移行タイムを小さくする〜

たまにはスピードの話。

すこし前回から時間が空いてしまったが、牛丼屋(前回は牛問屋、同時平行などと間違って書いているみたいだけども)と移行タイムを小さくするの続き。
移行タイムを小さくするために実際なにを準備したらよいのか。




時間が有限である以上、学習においても次のものが重要である。
スピードである。


処理速度を上げなければならない。部活をしていて時間が少ない?
ちょうどいい。
限られた自分時間の中で処理速度をあげたらいいまでだ。

電車の通学時間が長くて、自主トレーニング時間が短いだって?
ちょうどいい。
電車の中での処理速度を向上させたらいい。

誰だっていつだって時間などあまり十分にない。
同じ限られた3時間でも、どれだけ多くのことを進めることができるのか、そこに学習スキルアップのテーマのひとつがある。

まず一日のノルマを設定する。
それを実際に消化する。

それ(の実行と検証)を繰り返すことで処理速度自体が向上してゆく。

計画を立てよう。今日何ページまで終えるのか。
それは今日の自分への目標設定、期待だ。

実行したら結果(進捗)を測定しよう。記録しよう。
それは自分の今日のスキルに対する評価であり、明日の新しい目標設定にそのままつながっている。


スピードを上げられるのは自分自身しかいない。スピードが上がれば集中力が向上する。
集中力は数字で測れないが問題集のマスターしたページ数は測定と検証が可能だ。


一つ一つのページを急いでやってみる。そういうトレーニングもある。そして計画は一日の課題を明確化し、集中タスクと集中タスクの間に存在しがちなダラダラモードの休憩時間(移行タイム)を小さくしてくれる。



「昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。」 
Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.(アインシュタイン)



思考の速度で(1)
http://selflearning.seesaa.net/article/156008713.html
posted by 花波 ヒカリ at 00:28| なんとかします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中3、7月模試結果

中3、中2の受けていた会場模試の結果が返った。
中3塾生の英数国理社5科目合計得点の平均は376.2だった(全県の受験者平均は238.2)。

ヴォク個人の目標としては、秋、塾生平均得点400。

そしてなにより、各自の個人目標(第一志望校のB2判定以上)を全員で秋にクリアしたい。


今回、各自の目標は未達成の者があった。いろいろ改良点が見つかったことと思う。
結果を受け止め、日々の練習に繋ぎ、9月、10月に向けて前進しよう。


12月が過ぎ、1月が過ぎ、2月、3月、4月、5月、6月が過ぎ、
7月の現在地があって、
ここから8月、9月、10月、11月、12月、1月、そして2月まで自分との闘いは続く。


中3は自己採点通りの結果だった。
フルマラソンでいえば25キロ地点を過ぎたところでの大事なだいじな結果だ。

数学の単元横断型融合問題演習、
英語の全文法事項をシャッフルした英短文600本の暗唱、速読英単語マスター、
国語の超長文読解演習、
社会理科の入試問題演習、
英語長文読解演習とリスニングトレーニングなどこの厚い、30キロから35キロ地点のこの夏の登り坂は最大の難所でもある。

我慢強く、ハイスピードで練習を重ね、さらに昇段したい。段位は走った分だけ必ず上がる。

結果票を見て計画にメリハリをつけ微調整しあとはやるだけという状態にしたら、毎日の練習をやり抜くことに専念しよう。

志望校は決まっている。
配点は決まっている。
目標点は定まっている。
昇段審査の範囲も決まっている。

いま何をしたらいいのか。

自分に克つ。



「小さなことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ。」/イチロー選手









image-20110730043001.png
posted by 花波 ヒカリ at 00:25| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

中3

自己採点では全員、わるくなかった。ここまでの自己ベストをさらに上げてきている。

昨年12月からセルフラーニングでスタートした分厚いぶあつい問題集を身につけた分は必ず結果になってかえってくる。

ふたをあけてみてどうだろう。実採点ではどうだろう。結果が届くのは明日頃かな。

悪くてもよくても悪くても、失敗しても成功しても失敗しても、夏の今につなげ、毎日自分と闘い、9月に自己ベストをさらに更新すること、それだけを目標においている。

つなげるという意味では失敗なんてない。積み上げてゆこう。
練習は裏切らない。

いただきます。

卒業生のいるパン屋さんでパンを買ってきた。

ハチミツつけて、いただきマウス。
posted by 花波 ヒカリ at 12:30| マヌカハチミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

自分のやりたい学習

最近見ていて、いいなぁーと思った姿勢があった。

 

たとえば、

一冊の本を持っているとして、先に勝手に好きなように進めておいて、人から言われたら軽く再チェックしてついでに対応するという自分主体の学習姿勢があった。ノルマとは遠く離れたところで自分の身になるような学習を進めている。

 

たとえば、

同じ入試過去問を解くでも、解答を見て納得した後、時間をおいてもう1回、2回身についたかなと自分で自分を確かめるという自分主体の学習姿勢があった。入試問題の大部分は全問解けるようにはできていない、それでも全部できるまで最後までやろうとする学習姿勢がある。その難関校の入試過去問題において、1回目はいささかも合格点に届いていなかったのが、3回目のノートでは満点をとっている。採点用紙には、自分のとったスコア(満点)と合格最低点が並べてメモしてある。そしてどういうわけか4回目も解いていた。

 

たとえば、

自分の好きな本を読むという自分主体の学習姿勢がある。試験に出るとか出ないとかいうことではなく、自分の興味のおもむくままに本を読むという学習姿勢がある。知りたいものは知りたいのだろう。

 

たとえば、
問題集の問題の下に解答日、〇、点線〇(自力では解けなかったもの)、半点線〇を小さく丁寧な字でメモしていた。丁寧な、気持ちのよい文字だった。後日再挑戦するときを意識しているのだろう。

2011年07月25日

たまが書きました(41)

今日ははなにぃと公園に行ったにゃ。

肩の上に乗ったり、ボールを籠の中まで取りにいって戻ってくる芸をしたりしたの。

またね、またたびね、もふもふね。
posted by 花波 ヒカリ at 02:22| たま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

はちみつ(3)

はちみつ

あたらしいハチミツを買ってきた。

本を見に行った帰りに試食したのだが、見たことも食べたこともない花の蜜だった。

早速、パンにつけて食べてみよう。
posted by 花波 ヒカリ at 21:42| マヌカハチミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国語科

ある中3生の第一志望校に調整、決定があった。ひとつに絞るまでにはいろいろ考えるところがあったのではなかろうか。ひとつを選ぶということは他を捨てるということでもある。
外国語科を志望したい。「英語が話せるようになりたい」ということだった。

英文法、英単語、英文読解ともすでに必要なレッスンは終わっているので、あとは春まで本人のトレーニングとなる。

この夏は600文の英短文をすぐに言って書けるまで覚えるように(2周目)と伝えてある。

高校入試だけではなく英語の資格試験と進学後を意識して、リスニングとスピーキング中心に今後はレッスンする予定。この子もいつも音声CDを繰り返し聴いていてテキストには音読日、リードアンドルックアップhttp://selflearning.seesaa.net/article/100023741.htmlの練習日がたくさん並んでいる。

10回も20回も日を変えて繰り返し同じ英語長文を研究、練習している。知らないことがなくなるまで繰り返している。


せっかく数学など他の科目も得意なので授業中は国語数学など他4科中心にしばらくなりそうだ。本人に聞きながら毎週の練習メニューを決めてゆこう。

とくに国語は英語と連関しているので読み解きの十分な練習を積み上げたい。


と、ここまで書いてて思ったけど勉強ってテストの点をとるためにやってるんじゃないんだよね。毎年受験生を見ているとそこの大事な部分の感覚がおかしくなりそうになる。あかんあかん。点をとるだけを目的にしたらあかんぞ、自分っ!

この子のお母様が以前(お兄様が高校へ進学するときに)話されてた。テストで点をとるだけでなくいろいろな勉強をして教養をつけてほしい、というようなことを。

はげしく同感。

勉強は、いろいろ興味を持ったり考えたり読書をしたりするようになった結果としてできるようになるだけで、そもそも勉強(試験)ができるようになることだけを目的にすると、試験の後につながってゆくものがなくなっていくんだ。
posted by 花波 ヒカリ at 20:14| 進路 国立大学入試に備える高校1年生の学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい話

たまにはどうでもいい話、兼文具部日記。

文具へのこだわりと成績は比例する。

ある負けず嫌いの勉強中毒者はゼブラのこだわりのシャーペンを6年間ずっと使っている。
いつみても絶対に他のは使わない。文字が綺麗すぎてずっと見つめていたいくらい。

ある勉強マニアは小中高ずっとこだわりの鉛筆。短くなってもそのまま鉛筆。文字をすすすーっと素早く書いている。それでいて濃淡があり味わいのある文字を書く。

ある勉強が趣味の子は書道家かと思うくらい文字がきれい。紫のこだわりのペンが好きで紫系に滅法強い。

ある子はノートよりルーズリーフを使う。B5でなくこだわりのA4の大きいもので理路整然としている。消しゴムを誰より多く使いすなわち丁寧で、結果エラーが少ない。

E君はこだわりのクリーム色のルーズリーフを365日使ってた。紙といえば白が普通(ふつう?)だがみやすいというだけの理由らしい。彼はくる日もくる日もスタ演のページを順繰りにその紙に解いた。本とルーズリーフ1枚とシャーペンと消しゴムだけが机の上にあり他の何も参照せずコツコツとスタ演をとき続けた。2時間後くらいに見てもまだ違う問題を解き続けてる。午前の日課ということだった。ヴォクが聞いた時点ではそのスタ演を解くのは24周回目で東大模試ではいつも名前を優秀者リストに載せていた。

またある子は、・・・ってみんなこだわりがあるね。

イチロー選手がバットを大事にする話は日本国民にはあまりに有名。順番はつけられぬがきっと道具の手入れには相当な時間をかけていることだろう。

同じくペンを大事にする子は勉強が上手くなる。
目の前の問題に集中するには目の前に問題とノートと愛するペンだけがあるようにし他のものはいったん閉じてしまえばよろしい。むしろ他のものを見えなくすることで目の前の問題だけと闘うことができる。
外界を遮断し問題に没頭することになる。

イチローがイチローたる所以は打席に立ってバットを立てるまでの一連の動作がいつ見ても同じように見えることである。「イチロー」が打席に立つと景色がイチロー色に変わる。
われわれ勉強中毒者も愛するペンを相棒に、自分のスタイルを作るなら、問題に集中することがたやすくなるんじゃないか。
イチローがボールに集中しているみたいに。




そんなことを思いながら大きいアイコーを飲んでいる。
コメダ珈琲のアイコーやカツバはどうしてでかいのか、それはログハウスが人の気持ちを落ち着けるのと同じくらい明白なこと。

夏休みから過去問をスタートする受験生がいる。
いまの自分よりすこし大きめの過去問を丸飲みすることはそのまま得点力アップになる。
見た瞬間に解法がセルフティーチングできるよう「もういっかいもういっかいノート」にもう一回、もういいかい?まで解いている。直している。つまりはときなおしている。大きなノートにはりつけて、問題をじっくり味わうことができる。

もういっかいノートだが、糊で貼り付けたり背を補強したりで厚くるしいのが嫌だったのだろうか。「裸のルーズリーフに書いてもいいですか」という質問があった。ルーズリーフにやる。悪くない。裸のというのは『英語リーディング教本』などの著者の薬袋せんせいがよく使われる用語で何もついていない方のという意味である。
「リー教」をやると用語と思考回路がみない流にどうやらなるようだ。よい本とは影響力の大きい本のことを言うのだな。

ルーズリーフカバーリングでプラスチックカバーがなければ薄手になってスリムになっていい。


「問題を左ページにはるか、問題を右ページにはるか、それが問題だ」とシェークスピアみたいな言い方でひとりごちている子があった。
問題集なのだからそれも利き腕や姿勢を考慮して気持ちのよいやり方でやったらいい。
両方にはってもいい。
それはあなたが決めることです(ひさしぶりに家政婦のミタさんキャラで)。
右の椅子、左の椅子、好きなお席へどうぞ。

勉強道具、ソファー、参考書、机、腕時計、携帯、帽子(ぼうし?)、ルーズリーフ、・・・選ぶ基準の中で手触りや臭い、大きさ、思い出などの個人的な要素は大切だ。学生の勉強ライフにおいて、文房具の選択は解法の選択と同じくらいに重要なのではないかと思う。
少なくともわしはまだそう思うとる。

赤ペン赤ペンというけれど一色目が赤と決めたらあかんけん。
原則一色目から好きな色をつける。これ文具道なり。

文房具もペンも糊も自由帳も乗りで選べばよろしい。
ノリノリの中村紀でたのしくブンブン勉強したいもんだ。


ヴォクが文房具を仕入れている家庭的な中心であったカインズがワープしてしまう。
走ってゆくにはすこし遠くなる北本ロヂャースの向かいに移動してしまう。
文具の神店ダイソーと文具の王者キャンドゥーもわっぜいいのだがやっぱり「紙さま仏様カインズ様」が近くにないと困る。あのコピー用紙以外は使えない。あのA4用紙じゃないとやだ。
うーん、どうしよう。
考えねば。

ヴォクは今猛烈にかなしい。
あれは蒲郡店だった。
ヴォクは当時アルバイトで各地飛び回りイオンのようなモールやユーストアのようなストア前などで営業の仕事をしていたのだけれどカインズでブースを借りるときはヴォクも相方(カレースプーンで前に紹介した男)も成績がめっさよかった。
カインズでカステラを焼いてたおじさんもカインズからは離れられないと言ってたのがなつかしい。
バックヤード(倉庫みたいなところ)も花売り場も店内もお客さんが集まる入り口もどこでもテンションが上がった。
それがカインズ。
そういうことなんよ。

文房具屋としての鹿児島のAZマニアやニシムタ狂あるいはマックスバリューファン、そしてパルコの中のユザワヤー(アムラーのアクセントで)のために一言だけ言わせてもらうと、そのどれもヴォクは大好きよ。
でもカインズもよかけん、もういっかい書いてみたと。


もう一回 もう一回
もう一回 もう一回♩

後記
ユーストアーでなくユーストアです。
というツッコミメールを岐阜にお住まいのYさんからいただきました。
ありがとうございました。いつものように訂正だけしておきました。

そういえばロジャースと書いていて以前M3さんに突っ込まれたのでした。
ふだんはコメ、ダイ、ユースト、カインズなどとあだ名で呼んでるのでWikiか鳥人辞典かなにかできちんとぐぐってちゃんと正式名を確かめてから書けばいいのだろうけれど、いやそもそも本家のホームページくらいは開けって話なのだが、まぁ、後から見つかったらなおせばいいことじゃんとおもっている方が大きい。

そういえば、やったろうじゃん!の後ろの!マークの数もS先生に教えていただいたのでした。
感謝。

最後に、川崎ムネリン@シアトルマリナーズへ。
この際、ヤンキース戦で打ちまくってください。
お願いします。
posted by 花波 ヒカリ at 08:12| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする