2011年05月27日

たまが書きました(36)

たまが書きました。

きょうは、はなにぃがくしですきすきしてくれたの。

くしにぼくの白い毛がついた。

ずっとされるとクロネコになっちゃうにゃ。

はなにぃは「これ、マフラーにしたいなぁ」って言ってた。

またね、またたびね、もふもふね。



「たこ焼のうた(明日もがんばろう!)」まもなく発売。
posted by ヒカリ at 02:22| たま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑談

中学生は仮入部が終了し本入部になった。
テニス部員が多いのはなぜだろう。
気になる。
何のラケットにしたのだろう。
気になる。



中1生に聞いた。
英語のリスニングで失点て、何で?なんでなんで?
(Aさん)「放送が聴き取りづらかったです。」
(Bさん)「放送が聴き取りづらかったです。」
放送の音声自体が聴き取りにくかったらしい。
気になる。



今日、実際はカンニングしていなかった子に「何か見て書いてる?」と聞いてしまった。
実際は何も見てなんかいないというのに。
カバンもしまっているし、机の中にも何もない。
嗚呼。
ごめんなさい。
でも、何かが疑わしいときはすぐに聞くのがヴォクの考え方なのです。
ごめんなさい。ごめんなさい。



高2生は定期試験期間中、睡眠が連続連夜2−3時間だったらしい。
いったい身体は大丈夫なのだろうか。
気になる。



カフェイン(錠剤)を飲んでみたらおなかがいたくなった。
ヴォクには合わない。
あの子は大丈夫なのだろうか。
気になる。



4教科目まで報告したきり、最後の1教科の結果が聞けないままでいる。
そういう子が何人かいる。
気になって仕方がない。
放置プレイは勘弁。



「たこ焼のうた(明日もがんばろう!)」まもなく発売。」
気になる。



今日の小学生。
ノルマの3つを超えて、6単元進めてきていた子があった。
倍速のことが気になった。
どういう配分でやっているのか聞いてみた。
月1火1水1木0金1土1日1かと予想しながら。
その子の答えは毎日6個ずつ6周だった。



とここまで書いていたら小5生から電気メエルが今来た。
どうしても文パタが終わらないので、すみません。
でも、英短文テストは大丈夫ですと。
えーと、文パタを読んで書いて、その後に、仕上げで短文を覚えようというのが
毎週のやり方だったのだけれど・・・(課題忘れマイナス1をメモリながら)。
まぁ、あれだな、昔、ヴォクも小学5年生をやってたの。
そのときの担任の先生が給食のときクラスのみんなに言いました。
「基本は三角食べです。ご飯を食べ、おかずAを食べ、おかずBを食べ、そしてご飯に戻り、おかずAを食べ、おかずBを食べ、途中で牛乳を飲む。こういうふうにして三角形を描きながらぐるぐる交替でバランスよく食べてください」と。
ヴォクはそういうのは苦手だった。
まずメインにがっつく。次にメインのお代わりにいく。できたら目立たぬよう2番目くらいに。たまにおかずBで、しめにご飯。
この子もメインから取り組みたい気分だったに3000点。
posted by ヒカリ at 00:22| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

どうでもいい話(149)

どうでもいい話


日の学習ノルマを決めてあるのと成果は比例する。


一日で進められるだけすすめようと思っても、体力と気力が切れたところでストップしがち。


今日中にどこまで進めたいのか、進めねばならないのか、それを一日単位で期限を設けスケジューリングしておくのは、ノルマ達成の上で役立つだろう。


全科目毎日1ページなどとシンプルなものでもいいかもしれない。
120ページの問題集を60日で1周回完成させたいのであれば、体調の良し悪しに関わらず何がなんでも毎日2ページだけ進めねばならない。


決めたところまで進むしかない。


「人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには、走らなければならない。 」
Albert Einstein
posted by ヒカリ at 02:22| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悔しさという名のバネ〜「たこ焼のうた(明日もがんばろう!)」

今日も戻ってきた教科の点数をいくつかメエルで教えていただいた。ありがとう。ありがとう。

中2の子が数学満点だったらしい。この学校は数学と英語の問題がいつも難しい。ゴイスです。ghです!
この子は春頃から丸つけの精度を上げてきていた。
問題集にはった付箋紙(?マーク)の数が人一倍多かった。


中1の子が定期試験の自分の答案をコピーしてもってきてくれた。丁寧に継ぎ目をセロテープではって本当の答案用紙みたいだ。「悪かったです」とだけいって差し出した。

思い通りにいかなかった点数のものを振り返るのがどれだけ面倒くさいことか。

目標だった450点を数点下回っている。彼の目標は達成されなかった。(中1生全員450以上というヴォクの目標も合わせて未達となった。)

この子は次、達成するかもしれないし達成しないかもしれない。それはすべてこの子自身の実行次第。

次へ向けて学習の量、方法を確認した。

問題集の取り組み順、学校の傍用問題集を解くタイミング、問題集の回転数、問題集に赤◯をつけるタイミング(大問ごと)、2回転目の丸つけの仕方(二重◎)、ときなおしの青丸は一日以上置いて解いてできたときのみつける、理解◯の点線丸の付け方など何点かのポイントを確認した。

この子が考えた次へ向けた改良案を見せてもらった。それは具体的なものだった。

負けました。今回はたしかに450とれませんでした。

ヴォクがたしかめよう、ヴォクの目で。
次回期末の結果でたしかめよう。
この悔しさのバネの強さを、バネ定数の大きさを。



たこ焼のうた(明日もがんばろう!) もうすぐ発売。
miuとしてのデビュー曲「たこ焼のうた(明日もがんばろう!)」のCDがいよいよ6月8日(水)にリリース。(miuzic Records 定価700円)



「あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か。それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。」 by マハトマ・ガンジー
posted by ヒカリ at 00:02| 自分との闘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

どうでもいい話(148)

どうでもいい話。



消しカスの量と学力は比例する。



今日の高3生はいつものように消しゴムのカスの量が多かった。
この子が帰るときは机の上に消しゴムが大量にたまっている。



1回微分し増減を調べ、たまに消しゴムを使い、
2回微分し凹凸を調べ、時折消しゴムを使い、
グラフを描いたり消しゴムを使ったりしていた。

消しゴムを何回も使っていた。

消しゴムは自分の手を動かして考えたことのあかしである。
posted by ヒカリ at 15:47| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間

日記の方(http://selflearning.blog.so-net.ne.jp/)に書いてたカフェインをはじめて飲んでみた(影響)。

いつものアイスコーヒーと混ぜて飲んだからだろうか、眠くならなかった。

まだよくわからないのでもうちょっとだけ試してみようかな。
posted by ヒカリ at 13:26| ぶどう糖・にんじん・マヌカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい花波詩(147)

エラーしやすい場所を知るのと成績は比例する。


賢明な学習者は自分がどこで間違えたのかを自己分析する。どのように間違えたのかを自分に対して説明できるようにする。

賢明な学習者は自分がなぜ間違えたのかを自己分析する。

間違え方や間違えた理由をマップの一部として把握していれば、次に同じことをする場合にエラーをする可能性は小さくなる。

だから、エラーが少なくなる。
エラーしやすいポイントに立ったときに、自分に話しかける。以前にこうやって考えて誤った。あのときの考え方はここの部分がいけなかった。たしかあのときはマップのこっちの間違えの道に進んで迷い込んだのだった。間違えマップにたしかにそう描かれてある。


今度はエラーでないはずのあっちの道を選択しよう、と。

エラーの経験、失敗の経験は、それをマッピングする(書き出して意識化させる)限りにおいて宝となる。

書き出していけばエラーが多ければ多いほど優れた地図ができてゆく。
posted by ヒカリ at 01:11| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改良回路(5)

高校生が物理と古典と数学の点数と平均点を教えてくれた。たとえ悪いときでもよいときでも判明する度すぐに教えていただける。こんなにありがたいことはない。総合順位(結果の個票)を見る前にすぐに次へ向けた作戦の微調整が可能になる。この子は物理の問題集「リードα」の解く順番を変えると話していた。


前にも書いたが、今年から中学部のMGHの基準項目を1つ増やした。

これまでは相対順位項目だけだった(自己ベスト学年順位を更新するとMGH表彰)。これも悪くはないが、他人との相対的な順位ばかりを問題にするのは課題点でもあった。


今年からは自分基準、満点差異を重視するべく、定期試験100点満点でもgh表彰しお祝いの握手(または粗品プレ)をするようにした。


日常、「満点をとるためには」という言葉を授業中に連発しているのに、実際に満点だったか否かの結果を評価しないのはスッキリしていなかったので、その点、まだはじめたばかりだが、わるくはないかなという気がしている。

まだ答案の返却は3割程度、今日が試験だった子や明日が試験だという子も多い。加須の子はいつものように中間試験自体がない。


各々、自分のベストに近い準備ができていたと思う。
結果がどうなるかは全くわからないが、460点であれ、475点であれ、490点であれ、495点であれ、500点満点でなかった部分に着目し、今回の準備の過程を次へつなげてゆきたい。


自分の弱かったところに着目し強化する道は次の成功につながっている。失敗はたくさんした方がいいが、次へ生かさなければ意味が小さくなってしまう。


各人の中で改良回路を作り上げ、満点に近づいてゆくことができますように。
posted by ヒカリ at 00:45| 自分との闘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

どうでもいい花波詩(146)

勉強しながら掃除するのと成績は比例する。



どうしても今掃除をする必要があって、どうしても今勉強したいことがある。
今日のノルマがある。
そんなときのひとつの方法として、ながら掃除というのがある(だろう)。


机の上にどうしてもいられなくなった。
それでも勉強は回っている(ガリレオかっ!)。
どうしよう。

問題点について考えながら歩く。

問題点について考えながら風呂に入る。

問題点について考えながらトイレに入る。

問題点について考えながら車で移動する。

レストランでランチをとりながらパソコソを開きながら仕事のタスクを処理しながらコーヒーを飲むビジネスパーソンみたいに。いったいメインはどっちなんだい?(全部です!てか喫茶店てそういう場所でしょぅ?)


板Padなら寝ながら映像授業が観られる。

紙の下に木製の板(パッド、made in ダイソー)を敷けば寝ながらでも文字が書ける。

手書きのメモ帳があれば歩きの途中に気づいたことを書き留められる。頭の中に書ききれないものは
紙にメモる。

手の平サイズの本があれば電車の移動中にも暗記が出来る。
しかも、目的地に着くまでに15個覚えるぞって、期限さえ切りながら練習できる。
ノルマ分覚えられなかったら山手線をもう一周だー。ひとり山手線ゲーム。


問題点について考えながら体育で持久走を走る(いや、そこはただ走っててぇ〜)。

問題点について考えながら登山する(いや、ただそこに山があるから登っててぇ〜)。



机に座って参考書を見ながら勉強することができる(それ、ただの勉強ですっ!)
posted by ヒカリ at 02:22 | TrackBack(0) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォク、ヒジテツをガン見して。

はなにぃのオキニシャツ。

毎日着たいシャツがある。このシャツもまた毎日身につけたいシャツである。

はじめひじのところにボタンがついていて、ほーほー無駄イズオシャレ、よいよいだなんて思ってた。
かっけー。
肘に鉄のボタンかぁ。
鉄(かね)でできたしっかりしたボタンでセンスがいいなー。
いやー肘鉄かー、いいのを買ったな。ヴォクセンスよしっ。
当時ヒジテツはでも二軍だった。

それからしばらくして。
後日ボタンが見えなくなって残念ではあるけれど、夏い暑だったので腕をまくると、アレレ、ひものようなものが袖から出てくるではあーりませんか。

なんじゃこりゃ。
袖からひも?

まあよろしい無駄イズオシャレ。ひもヒジテツよいよい。



ん!
そのひもの先にはなにやら穴がついていて、

それにたしか肘あてのところには無駄にボタンがあったよな。


なんと難解なパゾー。なんと何回も来てて。

そのひもをピピっと伸ばしてボタンにあてる。

ひもの先に穴があってサイズがボタンくらい。



ヴォク、その穴にボタンをつけてニヤリ。

そういうことなんよ。

ね、いいシャツだったでしょう?(ニヤリ)

以来、このシャツは一軍スタメン。

腕をまくってボタンをつけてとめたらあーら不思議、そでがずり落ちてこないではあーりませんか。

そーゆーことなんよ(きづくの遅っ!)。
写真.JPG


てかT&C SURF DESIGNSてどこにあるんだろう。
遠い記憶の中から探しださんば。
posted by ヒカリ at 02:22 | TrackBack(0) | 独学独習問題集参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「この式変形にはついていけます、でも意味がわかりたいです。」

覚えてしまうとわかるはずのことがわからなかったりする。


今日は高校生にせっかく式変形の(かなりいい)質問を受けたのにいいヒントを出すことができなかった。いつものように授業後に悔しさが増す。


数学や物理学は覚えることは非常に少なく考えるべき問題点がたくさんある学問である。


もっと考えて少しはいいパスが出せるようになりたいなぁ。
写真.JPG
posted by ヒカリ at 02:22 | TrackBack(0) | 親切な物理、くわしい物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

どうでもいい話(145)

どうでもいい話。


勝手に先の方まで進めるのと上達は比例する。


毎日1ページずつ完璧にやるのをノルマとしてあるのに、勝手に2ページ練習する(ような)子がいる。一日3食でいいところを一日6食するようなモードになっている。


自分ノルマを自分で倒してる。
目標意識の強さがこの衝動を生み出しているのだろうか。


こうなったら上達は速くなる。倍速モードも悪くない。


今日の子はまた勝手にひとつ先まで進めてきていた。
posted by ヒカリ at 00:22 | TrackBack(0) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする