2010年06月30日

北辰テスト結果(2010年6月)

不在連絡票が届いて再配達していただいた。


今年の中3は前回まで結果が残せなかったが、今回ついに目標数値である塾生内偏差値平均5科目ss68を達成。


まだ詳しく見ていないが、国語読解力のトレーニング(要約)に特に力を入れた分、去年よりほんの少しだけ仕上がりが早いかもしれない。
ヒカリ英語がヒカリ国語に負けてるって(仰天)!

数学は、ストップウォッチ(キッチンタイマー)を用いて7分×6セットのスピード数学トレを取り入れているのが功を奏したか、塾生の平均点が例年よりも数ポイント上がった。

3科に同じく自学式の理科・社会も、ざっくり見て悪くない。


県内平均:239.3点
塾生平均:398.0点


前回に続き今回も塾内トップが入れ替わったようだ。
次も努力を重ねる子だけが結果を残すだろう。


厚い夏の練習をして、7月と9月の試合につなげたい。


子別に見たらきっと、ガードしないといけないところがたくさんみつかるんじゃないかな。
うーん、見たいようなみたくないような・・・(両手で目を隠すポーズで)
夜に詳しく分析したい。
教科別に計画を微調整して今後につなげたい。


メリハリとハリハリをつけながらガッツリガツガツやりたい!!


次からの目標も微調整。(ヴォク個人の目標も)2つに増やすことにした。


1、受験生全員で第一志望校の志望校判定B1以上をゲッツ!すること。

2、受験生全員が自信を持つこと。
  同世代が受験する模試。学力はいつも僅差だ。精神力の占める割合は決して小さくない。

続きを読む
posted by ヒカリ at 19:03 | TrackBack(0) | 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーフタイムが終了して in 2010

合言葉

テスト前で一部の子は準備優先でしばらく前に進めなかった。
テストが終わるとまた好きなだけ前に進むことができるのがうれしい。

とくに数英国はどんどんすすめてしまいたい。
中3と中2は戻ってくる予定の模試結果を見ながらあわせて守備の強化。中3の模試は今日か明日くらいに戻るはず。中3の塾生平均偏差値目標の数値68、達成できているといいのだが。

高1、2は暗記ノルマもスタートさせがっつりストックをためてゆきたい。
ストックがたまりすぎてもパンクしなくてよいように、わすれてもいいことは整理してコンパクトにしよう。

夏の教材はコラボぱわあもあって充実したと思う(大感謝)。
あとはやるだけだな、うん。

posted by ヒカリ at 15:15 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

セルフラーニングの構成要素(1)〜試行力〜

090612_1750~02.JPG新シリーズをはじめよう。

062Q。今日も質問は少なかった。
ギリレレにがんばるのは当たり前のこととして、いかに毎日やるか。たまに気が向いたときだけ練習する人、いつもそれをやってみる人、どちらが強くなるだろう(ド反語で)。いま質問が少ないのは普段やっているからだろう。よいよい。

辞書をひいたり絵を書いたり図に表してみたりといった試行錯誤がないと学力はつかない。

模範解答を大量に読み込むことによって身につく力は、暗記スキルと読解スキルだ。

しかし発想力や論理的な思考力を伸ばすには、たくさんの解答例(他人の頭の中)を追跡し読み込むよりも、模範解答なんてとっぱらって自ら試行を繰り返してみるのがよい。

そういう面倒くさい部分をすっとばして要領よく?学力をつけるのは難しいだろう。

思考力を身につけるには試行を繰り返してみることだ。

一歩先へ試行してみる。
今日1まで自力で試行してみる。すると翌日は同じ1かあるいは2や3のところまで試行するチャンスがある。
なぜなら昨日試行したことは経験知として脳内に蓄積されるから。昨日1までしかいかなかった。なるほどたったの1までしか進まなかったかもしれない。もうちょっとだったのに残念。届かなかったのだね。

しかし翌日は1でないことからはじめられる。この差は大きい。

100m走のスタート地点が1m前に移動してあるようなものだ。
明日は2m前方から、明後日は3m前方から。そんなふうにして、ゴールまでの遠さが徐々に小さくなってゆく。ひょっとしたら今度はゴールまで自力で辿り着けるかもしれない。

だからいつも限界まで考えてみることだ。ジャンプ、ジャンプ、少年よ、ジャンプ!
それを繰り返していくことで(限界を突破するような)試行力自体がまたひと伸びできるんだ。

セルフ試行はさぁ今日はやるかぁといって急にできるようになるものではない。試行すること自体がひとつの重要な力なのだ。

まわりがすぐに手助けしたり、おいしいアシストやスルーパスを出したりしていては試行チャンスが小さくなる。セルフラーナー側に依存心があるうちは同じく試行チャンスは小さくなる。そして何も挑戦してみることができない。ジャンプできない。ひとっとびしないで安全そうな橋の上ばかりを歩いている。

(を!こんなところに橋があった、よかったな。あれっ!今日もまたこんなところにちょうどいい橋があった、ちょ〜〜〜どよかった。ちょ〜〜〜〜〜ど。安心あんしん…。あしたもまたいい橋がかかっているといいなぁ。)


( セルフラーニングの構成要素(2)へつづく )
posted by ヒカリ at 04:00 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

手紙(いや、パクリすぎだからっ!)

合言葉

定期試験直前の子が多いのになぜか質問が多かった。
もしかして仕上がりがギリレレ?

そういうことなの?

全国的にそういう(レイニーな)シーズンなんかなぁ?

手書きメモがあってよかったぜっ(ほっ)。


手書きメモの紹介記事書きます。ねこにゃ〜☆先生のEvernoteに続いて。全国にまだ三人しかいない絶滅人種指定の文具部員として。天然記念物のヴォクが。
BーSIDE〜ぶんぶぐ日記〜に。文具ぶなのにぶんぶ具日記に。


ほなね。すた、すた、…合言葉
(てか、題名ぱくりすぎだからっ(部長ツッコミで)!)

部員は常時募集中。勝手に名乗ってください、ええ。今なら特典で絶滅の危機に立てます。

2010年06月26日

今日の中学受験生

100626_1428~01.JPGこの子(小5)の採点、3枚終了。また三冠王だった。

いま週テスト4枚目算数の最後のところ。

くるのかっ!こないのかっ!どっちなんだぃ(二の腕に向かってささやくなかやまきんにくんで)!!

あ、算数もおわったみたい。1枚10分か。
しゃー、採点だ。
ヒカリっ子:「せんせー、社会もういっこやってきましたぁ。」

花波:「え・・・」
posted by ヒカリ at 14:22 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験票

100626_1304~01.JPG今年もついに来た、開幕戦が。
posted by ヒカリ at 13:10 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の英検一次グループリーグ予選結果(2)

希望者が受けていた夏の英検。詳しい通過のボーダーラインには二重まる先生がお詳しい。
英検はアウェイな(アゥエィ?)会場受験なのでメエルで一次予選結果を知る。

いま小6生(Aさん)の3級予選通過が判明した。hkrのテンションが1あがった。hkrのテンションが19になった。

昨日の準2予選通過の小学生(Bさん)、3級予選通過の小学生(Cさん)たちに続いた。

英語は中学受験のない子が国語と数学のすきま時間でやっている。中学受験に切り換えた子もだいぶ進んでいた子はリスニング音読を繰り返している。もったいないおばけが出ないようにと。

英語につかう授業タイムは週に20〜30分。宿題は週に6時間〜10時間くらい。アウトプットできるまでなのではじめは泣きながらやる子もめっさ多い。なぜかスポーツや音楽感覚で楽しんでいるような子もあるだろう。途中で投げ出して逃げる子も時々ある。また戻るしかないけど。

苦しさの向こうには今日みたいな喜びもあるのかな〜って。かな〜、って。

過去問は3人ともやらなかった。いわゆる英検対策のようなものはやっていない。
英語は言える、書けるまでやればとくにテクニック的なものは必要ないかな。


中学生の結果はまだわからない。小学生と違って中学生はタスクがすこし多め。実技や国語社会数学理科のハザマでの練習だったが、どうだろう。

2級を受けた中学生が練習量は一番だったろう。
英文法は高3内容まで終わっていた。
UNIT英語長文読解練成は標準編と発展編をやった。
フォレストとネクステをやっていた。
英作基本文例600選を覚えた。
駿台700選も覚えた。
速読英単語入門編をやった。
ソクタンは必修編もやった。
ほかにもシステム英単語とか英単語ピーナッツとか…色々やっていた何をやったか思い出せなくなっている子だ。

この子は、だから2級を今回通過しなければならないのだが…。
結果はわからない。
あまりパソコンで結果を見ない派の子だ。

続きを読む
posted by ヒカリ at 12:30 | TrackBack(0) | 英語ペラペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無学年式の欠点

100625_1810~01.JPG小学生は無学年式。学校の進度は気にせず各自の目標とスピードで進んでいる。




欠点。
ぶっちゃけ、たまにその子の学年がわからなくなることがある。ヴォクが。たまに。

まぁ自分の年齢がたまにわからなくなる、いわゆるひとつの年齢不詳住所不定みたいなもんです、ええ(いや、違うからっ!)。



「でさ。今、小学校の方では何年生をしてるかな?」


(ビーバップかよっ!頼むから学年は聞かないでhkr君っ!学年はするもんじゃないからっ!)



はいっ。だから携帯の連絡帳をチラ見して〜の。ついでに見える誕生日は見てみぬふりをして〜の。





からの〜。
え〜!まだ5年生してたの〜?

みたいな。
posted by ヒカリ at 00:06 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

マートンは研究熱心

赤虎さんが書かれていて、以降マートン選手に注目するようになったブランコファンのヴォクです。みなさんこんばん波。

どうでもいい話だが野球な子には野球にたとえながら、サッカーな子にはサッカーにたとえながら解説するように心掛けている。いや、なんとなく。乗りで。中村ノリで。
でないとこんつめていいすぎると説教みたいになっちゃうから。泣いちゃったら嫌だし。



中2生の電磁誘導。今日はありきたりな、自転車をこぐときにつくライトで説明してみた(一部捏造)。



ほわんほわんほわん〜〜〜(回想シーンの音)

デンジマンはおもろ〜だったぜ(電磁誘導だけに)。でんっ、デンジマンっ、でんっ、デンジマンっ!でね(でんっ)、




自転車のライト。あれ、前輪の左についててもライトだよな。本田選手の無回転シュートはゴイスだよな。無回転ナックル姫ボールは投げられる?
でね、





自転車をこがずしてライトをつけられる?
(いえ…)


な!
だから、磁石を動かしたら動かしたときだけ電流が流れるんよ!!

(はぁ…)




次、発電機いこ〜。ブランコはなぜあんなに打つのか、いや動くのか。
電流を流しただけで動いたよな?
ある意味、マートンみたいにすごくない?
(いや、マートンの方が上(バキューン…
高橋選手が投げるのはシンカー?それともスクリュー?
(スクリューです)


(今日は漁師が乗るボートについたスクリューで電気ブランコを説明してみた。)

そぅ。
じゃあ、山本まさは?(スクリューです)




そぉ〜それ〜!
で、スクリューボール投げられる?
でね、船のスクリューね。




電流を流さずして船のスクリューを回せるかな?動かせるのかな?
(いえ…)

な!
そういうことなんよ。電流を流したらスクリューが回るの。










(いや、わがんねからっ!
全然説明になってないからっ!)
まぁ、セルフなもんで。

ほなね。すた、すた、…(あ、やっぱ長めには書けないもんだなぁ。グダグダになるなぁ。と、ポメラちゃんのせいにしながらフェイドアウツっ!)
posted by ヒカリ at 23:42 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英検一次結果

ピクチャ0012.JPG小学生からメール連絡あり。
小学生は3級、準2級一次(予選)を通過できたようだ。おめでとう。


ほかに受けていた子たちはどうだろう。
高校生の準1級とあと1回しか受験チャンスのない中3生(受験組)の結果はとくに気になっている。
posted by ヒカリ at 17:49 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

大盛り、自学多めの質問多めで。

昨日は漢文、古文、数学、英語の質問が(いつもよりは)多めだった。期末試験の前になるとまた質問がなくなるのだろうか。質問は多いほどアツイからいい。

数学は前日までに質問メエルをした人にはヒントと類題をPDFファイルで渡す流れに改良してみた。解説をきくと同じ問題は真似して解けてしまう。そこで類題の登場。

BluetoothのワイヤレスキーボードやポメラやパソコンやiPhoneなどをつかってなるべく高速解答を心掛けているが、授業中はさすがにいかんともしがたく身動きがとれず携帯メエルはたまりっぱなしとなる。基本放置して翌朝ヒントブログに載せるような流れ。

毎年4月になると、今年はなにを勉強しなおそうかと悩む。世界史か生物か日本史か哲学か…。あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、…。


あ、いまはもう6月か。
posted by ヒカリ at 06:10 | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

今日の小学生英語

今日の小学生英語。
英検は受けないの?と聞いてみたことがあるが、受けるような気配はない。
たしかに、中2くらいになったときに、1回で上級くらいから受けてみるというのもいいのかもしれない。


今日の文法は、複合関係詞。

例文は、いつもの600選から、次のようなものが並んでいた。


1.この本をだれでも欲しい人にあげなさい。 Give this book to whoever wants it.

2.彼はそのお金で何でも自分のすきなことができる。 He can do whatever he likes with the money.

3.彼女は何を着てもかわいく見える。 She looks pretty, whatever she wears.

4.どこにいようと、そのことを心に留めておきます。 Wherever I am, I will keep it in mind.

5.どんなに努力しても彼は試験に受からないだろう。 However hard he may work, he will not be able to pass the test.


なんだか教育的によろしくないような気がしないでもないが、まぁよろしい。そのまま扱おう、うん。
posted by ヒカリ at 16:05 | TrackBack(0) | 英語ペラペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする