2010年03月30日

私国立高入試演習

100223_1514~01.JPG三平方の定理まで独学で終えていた子。6/1開始の『高校への数学日日ハイ演』まで暇なので数学の補強用に221有名高校編を手渡した。

したらば、「解けないのがあったから念のためやってみたぁ」と言って標準編も勝手に本屋で買ってやってきていた。ものごっつ速いペースで1週間で半分くらいやっていた、みたいな。

自分から進んでやってみるのはわるくない。
もちろん221のノルマをバシッとこなしてきていた。
中3は次の4月模試がめっさたのしみ。全員申込済。お昼にセブンそばの郵便局の赤いポスツに投函してきた。


花波の個人目標。
塾内・5科偏差値・平均68。

全員の個人目標。
第一志望校のB2判定以上(B2、B3、A1、A2、A3)ゲッツ! !


とるど〜〜〜っ!
posted by 花波 ヒカリ at 17:50| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

あっと驚くビーサプライズドat

学校の進路だよりのコピーを何枚かいただきました。「友達のお母さんにいただきました」とメモがあり、わざわざ違う学校のものまでいただきました。びつくりしました。

新高1生が赤本(過去問)をたくさんもってきてくれました。電車の中、重い荷物をありがとうございました。次の代に活用します。

大学新聞がまた送られてきました。その大学を目指している子に渡します。

通知票のコピーをいただいております。これから手帳に転記したら裁断して捨てます。

通知票には学校や部活での様子が色々書いてありガン読みです。見てはいけないものを見ているような気になりますが、せっかく見せていただいたからにはバッチリ拝読します。

定期試験の成績個票のコピーをいただきました。平均点、全体順位、分布図など興味深い情報が詰まっています。コーチの手帳に転記したら裁断して捨てます。

新小5のヒカリっ子の確認テスト(ハイレボー)が理科100点、社会100点のダブル満点大合格でした。ゴイス☆

高校生に年間シラバスを借りました。学校で使う本やカリキュラム、定期試験の範囲などが詳しく書かれていて便利です。不足は補い、強みは連携活用し、大学入試に生かしたいです。

他にも色々ありましたが、この辺で。



あ、教材作成のソフトが夕方また届きました。掃除が終わったら開封します。めっさたのしみ☆

今日もサプライズだらけの一日でした。
感謝☆

あ(二回目)、受験生たちの確認テストの連続合格記録がまた継続しました。毎年やっているテストで経年比較していますが、ここまで連続合格が長続きしているのははじめてでビックリ。
次の4月の会場模試でもサプライズが期待されます。目標数値達成あるのみです。


ほなね。すた、すた、…スタメン☆
posted by 花波 ヒカリ at 23:28| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の受験古文

受験古文の初回。高校入試の古文の大意をつかむいつもの読み方を伝えた。


1、「て、で、つつ」では切らない。

2、「ば、ど、に、を、が」で切る。意味のまとまりができる。

3、連体形のところで切る。意味のまとまりができる。


早速、マークとスラッシュを入れながら読んでいた。

大学入試古文では基本中の基本だが、中学生は言われなければわからない。
これで大意をつかみやすくなるといいかな。
posted by 花波 ヒカリ at 03:33| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の小学生算数

今日の小学生(小3)。

入室し着席するやいなや、「せんせ〜、もっとたくさん家で勉強したいときはどうしたらいいですか?」


花波:「うん。これだったら、すきなところまでやっていいよ。」

子:「はい。」


くわぁ〜。めっさ積極的。

自己採点の仕方、解きなおしの仕方、自己評価の仕方のセルフ3原則を念の為確認した。
あまりすすまなくていいからね。
でもすすめてくるんだろうな〜。

プリーズヘルプユアセルフ!
posted by 花波 ヒカリ at 03:25| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の受験算数

100326_1647~01.JPG今日の受験算数(小4)。
割合の演習。分数と小数のあとに扱っている。


間違いなく受験算数一番の山場。


あとちょっと!というところまで来ていた。

もとの数(100パーセント、10割)を割合の1ととらえる感覚。


比べる数の、元の数に対する比率(割合)を分数や小数で表す方法。

なんとかしてみにつけてほしい。

てか、もっとうまく伝えたい。

あとちょっと!
posted by 花波 ヒカリ at 03:19| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

今日の花波日誌

今日の小6、中3も確認テスト全員合格が継続した。ヴォクの追試問題作成リーグはなかなか開幕しないのがうれしい。万一スタメンの新人ソフトを使わないうちにそれがバージョンアップになったとしてもそれはそれでいいかな〜、って。

確認テストに合格したのに成績は上がらない、では本末転倒。確認テストの合格基準は高く設定している。4月模試では目標達成も見えてきた。アベ68を達成したい。

3月結果で見ると中3は数学の偏差値平均が他に比べて異様に高かった。ヒカリ英語、しっかりしてね!

今日は通知票と合わせて学年末試験の順位が判明した子がいた。報告メールをいただいた。目標達成であらたにMGHが増えた。おめでとう☆

全員の順位が判明するのはまだ先かな。あと2人。

新中1の教材が届いたが箱を開ける時間がなかった。これから確認したい。lさんに教えていただいた新しい理科と数学がめっさたのしみ☆

東京に引っ越した大学1年生から大学新聞や使い古しの教材の箱が届いた。高校生に活用したい。


ほな、開封と掃除にうつります。すた、すた、…スタメン☆
posted by 花波 ヒカリ at 22:34| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私信 マリアン塾長

100326_1433~01.JPG(私信)マリアンさん、こちらです。

青い竜、名前がセンス◎です、ええ。


食間の意味は決して食事中の意味では(バキューン…
posted by 花波 ヒカリ at 15:06| ぶどう糖・にんじん・マヌカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通知票

今日は通知票の日。

そろそろメールが集まるかな。
posted by 花波 ヒカリ at 12:57| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒッキーモード

昨日は25年目を解いた。過去問研究は実際自分でもいろんな解法で解いてみるためめっさ時間がかかり、1日1年分が限界。

今日は26年目。4時までいつものサ店にひきこもろう。


子どもたちはみなセルフラーニングをがむばっている。ヴォクもがむばりまうす☆


ほなね。すた、すた、…ファミスタ。
posted by 花波 ヒカリ at 06:08| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑談のない塾

というわけで(パート2)、うちの塾には私語や雑談、懇談はない。ついでに言えば電話とファックスもない。授業開始後は鍵をかけ教材の宅配便以外は人が来ても出ていない。



理由。雑談するために塾があるわけではないから。



シャーペンがカチカチうるさい(ディズニーキャラがボディにあたるなど)だけでも、ペン交換の指示がヴォクからある。

ヴォクのめっさ低いがまん基準の限界は貧乏ゆすりと鼻をかむ音くらいのものだ。



あ、でもファックスはあってもいいかな。また一晩寝かせて考えてみます、ええ(また〜?)。
posted by 花波 ヒカリ at 06:01| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特待生合格という選択肢

私学はお金がかかるのは当たり前だが、特待生になればお金はあまりかからないものだ。3年間学費がかからない。


今年も中学や高校に特待生合格がいくつかあった。いただいた記念写真で見ると学費全額無料などと書かれてある。コースも東大医学部コースなど少人数で面倒見のよい(つまりしつこい)クラスで学ぶことができる。

特待生は多数の学校にあるので少しランクを落としても特待生として学ぶという選択肢には現実味がある。

塾生の中にも、3年間特待なら私立に進み、普通合格の場合には公立進学!とヴォクに親御さんから伝えていただいているケースもある。

もちろん子ども本人にはわざわざそんな条件について聞いているかなどと野暮な質問はしない。

予備校も同じだ。模試や講習会がただで受けられたり、無料で予備校(自習室付き)に一年間通うことが成績条件を満たせば可能だ。

浪人して希望の大学を!は決して経済的に無理な話ではなくなっている。


私立でなければ塾にそのまま通うことができただろうに、というケースだってあるだろう。


最低限の勉強をするのにもお金がかかるという現実はたしかにある。勉強で力をつけることはお金のかからない道にもつながっている。
そんなところにさえ勉強の意味はあるのかもしれない。

本来的な勉強の意味は身を立て、社会に貢献することの中にあることは言うまでもないことだが。

でも現実問題として(ヴォクがかつてそうだったような)非常に貧しい家庭の子が、貧困から抜け出し立身しようと思うなら、勉強をたくさんするのは近道だ。

posted by 花波 ヒカリ at 05:50| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーユーハングリー?

こんなことを書くのもどうかと思うが、この不況下、アルバイトをしてまで塾に来ている子たちもいる。ヴォクも高校時代、ヒーローに蹴られる役や紙を配る役などいくつかアルバイトはしていたが、たまたま塾というものとは縁がなかった。塾生がそこまでして塾に来るからには、コストパフォーマンスについてさすがのヴォクでも多少は意識する。ただでさえ電車代やガソリン代がかかっているのだ。費用以上の成果を返す責任と権限が発生していることは疑いようがない。

パフォーマンス(学力)をあげる努力はもちろんだが、コスト(経費)を下げるということも考えられる。まぁ節約というやつだ。


市販の物(問題集のたぐい)を利用するときには、もし本人が手垢などを気にしないのなら、卒業生のお下がり(←ご協力感謝いたします)やヴォクの所有物を使ってもらったりということをするようにしている。

ヴォクは神経質でも潔癖症でもなく古本があるのならそれでいいという考えだったから。
だから本を用意する前に尋ねるようにしている。

すぐに渡せる古本と用意に時間のかかる新品はどちらがいいかな、と。

その質問にはちょっとした意味があったのだ。ちょっとだけよ。

分価まで計算して塾をしている。もちろんセルフラーニングを掛け合わせることによって分価などというものはどこまでも小さくなるだろう。
そ〜だ。

どうせ勉強にお金をかけるのなら、限りなくコストパフォーマンスのいい方法を考えてやってみるのも、こんな御時世にはいいのかもしれない。

なによりハングリーでいられるようになる。学生にとってハングリーほど糧となる条件はない。

ハングリーは成長の栄養となり得る。
posted by 花波 ヒカリ at 05:22| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする