2010年02月28日

傍用問題集(2)

おはよう。おはよう(祈り)。


でね(でね?)、
学校の傍用問題集を使い倒すことほど力のつくことはないんよ。

学校の傍用問題集を解けるように学校の授業がある。
学校の傍用問題集を解けるように教科書がある。
どうしても(6回以上読んでも)学校の傍用問題集が解けないのなら参考書を開いてみたらいい。

学校の傍用問題集はわざと解答解説が簡易になっている。なんでかって?
な〜んでか?
目で追うだけでなく自分の手を動かして勉強できるようにだ。

学校の授業を前提にブラックボックスにしてあるからだ。
傍用問題集はわかりにくい→自学しにくい→つかえない…って?
んなこたぁない。授業を生かせば力がつく。わからないところは参考書を紐解いて予習復習したらよい。

学校の傍用問題集を徹底することもしないで自分の好きな本や参考書しかやらないとしたら学校の授業(それが生活の中で大半を占める)を無駄にしている。教科書(学校の授業の基本)を無駄にしている。基本を無視だなんて、もったいないオバケがでる。教科書や学校の傍用問題集も読まずになにがはじまるんだい?


合格者は基本を重んずる。合格者たちは学校の傍用問題集の価値を知っている。アプリーシエイトしてる。
それを解くことからわざわざ逃げない。

傍用問題集は見た目は地味だしみんながもってるから希少価値はない。でも力がつくんよ。まじでまぶで。

学校の傍用問題集を徹底的に使い倒して表紙もボロボロになるまで繰り返している子がいる。ヴォクはそういう子が成績が悪いのを見たことがない。字を丁寧に書く子が必ず成績がいいのと同じく、学校の傍用問題集に対して丁寧に取り組んでいるような子もまた実に成績がよい。

学校の傍用問題集を繰り返すのと成績は比例する(どうでもいい話だけど)。

親は子に本当は何の問題集を買い与える必要もない。傍用問題集にほとんどすべて揃っている。

傍用問題集を100パーセント身につける、これもまた実に力のつく稽古だ。


違う、ちがう、ち〜がう、そうじゃな〜い。志村〜、うしろ〜。
傍用問題集に気がついて〜。


ちが〜う。学校で配られたあれだよ〜(声を枯らしながら)。


入試でも基本を制するのが基本(基本だけに)。

学校の傍用問題集は地味にいい。



ほなね。今日も雨ですね。
posted by 花波 ヒカリ at 06:24| Comment(0) | 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

問題

100227_0510~01.JPG英と数を解き終わった。

数学は大問3の漸化式を立てるのが難しいな。
例年通りパターンの1、2をガッチリとれるかどうかで決まりそうだ。

英語は読解力重視になっている。90年代以前に戻った感じ。
要約の過去問30年分くらいを使って、正確に読む訓練が必要だろう。


国語はまた明日。
posted by 花波 ヒカリ at 05:27| Comment(0) | 東大、一橋大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

1番ライト、イチロー(14)

100223_1506~01.JPGエンゼルスのボビー・アブレイユ外野手と同期のヴォクです。みなさん、こんにちは。雨上がり決死隊的なアンニュイな午後の昼下がり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日のイチロー選手もよかった。

同地区へ移籍した松井選手に対し、イチロー選手は言ったらしい。「早く赤い帽子が似合うようになってほしいですね」と。



200本について聞かれたイチロー選手:
「できないはずがないものを、わざわざ言うこともない。」


くわぁ〜〜〜!
野球盤でイメトレしよっ。うん。
posted by 花波 ヒカリ at 15:25| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期へ向けて

大学入試前期がおわった。高校入試前期がおわった。

中学入試の世界では難関校になると1日目で合格を決められないこともある。2日目や3日目で合格が決まることもある。
粘って最後に合格を決めるのも初日であっさり合格を決めるのも合格に変わりはない。大きな実力差があるわけでもない。4月から同じスタートラインに立って、行ってから努力を重ねたものが力をつける。

今年の高校入試は定員配分がちょうど中学入試のようになっている。
倍率は浦和、一女で3倍を超えてくるだろう。




以下、県のサイトよりリンクです。

倍率など:http://www.navi.spec.ed.jp/w/index.php

埼玉県公立高等学校 前期募集 入学手続に関する確認書提出者数・後期募集人員(2月25日(木)更新)
埼玉県公立高等学校 後期募集 入学志願者数(3月1日(月)更新予定)
埼玉県公立高等学校 後期募集 入学志願確定者数(3月3日(水)更新予定)
posted by 花波 ヒカリ at 14:30| Comment(0) | 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーダーと得点開示

埼玉県の公立高校入試の話。
例年、高校生から得点開示された点数を教えてもらっている。

よくボーダーという言葉が使われるが公立高校入試は内申が絡むので学力試験のみでのボーダー(合格最低点)は本当は存在しない。選抜基準はあくまで合計点であり、配点票の通りである。

次に、採点は学校別に行われるので採点基準は学校によって異なる。A高校の400点とB高校の400点が必ずしも同じ正解率であるわけではない。

点数開示は、3/17〜24の期間中、各高等学校に、その案内が掲示される。それに従って聴きにいけば自分の点数がわかる。それを待っての情報のみが正確で、今頃掲示板などで流れている自己採点結果などとはだいぶ異なることが多い。当たり前だけれど。

内申がきびしめなら試験で多めにとればいいまでだ。細かいことを気にする必要はない。

合格の可能性は?と聞きたくなるかもしれない。
なんでも可能性通りに進むような世界ではないんじゃないか。
可能性は日々刻々と人の力で変動する。
可能性は自分で切り開いてゆくものだ。
posted by 花波 ヒカリ at 14:18| Comment(0) | 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挑戦も安全運転もなく

中3は前期試験で自分の行きたい学校を受験した。
一年前の春から、夏休み前から模試の志望校判定の欄に書いていた学校を受験した。

挑戦もなく、安全運転もない。スコアを上げ、模試の判定を上げ、この受験に備えてきた。行きたかった学校があったからそれに向けて稽古を重ねた。
計画通りだ。


前期を終え、本番は後期1回となる。
挑戦とか安全運転とかない。
行きたい学校を受験する。
そのために練習をずっと何年も重ねてきたのだから。

本番がいよいよ来る。出願は今日からだ。
行きたい学校は自分が一番よく知っている。
posted by 花波 ヒカリ at 04:32| Comment(0) | 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内申平均の学校間格差

公立高校入試では内申のつけ方がからい学校は合格率も低いといった(アンニュイな)情報が入ってくる。そんなことははじめから想定の範囲内。点数調整?ザッツインザブラックボックス。
条件は今更変わらない。

映画グラデュエーターではないが、どんな条件でも力の限りとりにいくだけだ。勝つんだ!
posted by 花波 ヒカリ at 04:28| Comment(0) | 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

アイコーありあり(1杯限定)

サ店にて。


ヴォク:「え〜と、いつもの。」


新人Aさん:「えっ!」


ヴォク:「あ、カレー大盛りとライス。」


ヴォク:「あ、ライスじゃない。アイスです。」


ながらく料理名で頼んでなかったから滑舌がわりぃやぁ(いや、違ってたからっ!明らかに大ご飯を思い浮かべてたっしょ!まんが日本昔話みたいなんイメージしてたっしょ!)

くすっ。
posted by 花波 ヒカリ at 14:06| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内申 OR 実力

自分は挨拶や敬語が苦手で態度があまりよくなく、中学の内申がよくないから、公立高校入試は不利かなと考える子がときにいる。
たしかに敬語の使い方を知らないと内申は悪くなる。たしかに挨拶の仕方を知らないと内申は悪くなる。部活などで先輩に叩いてもらうなどしなければ敬語や挨拶はすぐにはうまくならない。コミュニケーションがとりにくくなれば内申は上がらないのは自明の理かもしれない。


いまの公立高校入試制度の問題のひとつがそこにある。内申を加味している。はたして公平なのかどうか。点数化で公平といえば公平だし、点数化されるときに不公平はつきまとうといえばそうだ。地域差も学校差もあるだろう。でも評価に純粋な意味での公平さなんてない。人が人を評価する以上、その人の主観的な評価になることは避けられない。敬語も挨拶も届く時と届かぬ時がある。

態度がわるいとわかっているならよくしたらいいが、態度がよくてもわるくても内申はつく。


ところで、入試の際に3割〜5割くらい内申を見る学校と、内申はあまり見ない学校がある。大学の一般入試は内申は見ない。今日の2次試験は完全実力試験。






もしも内申が現実問題としてわるいならこれでもかというくらい力をつけておくしかない。内申を見ない一般入試で行くなら力をつけるしかない。内申を見ない一般入試で行くなら本当に、力のつく稽古をしないとだめだ。試験の点数だけで評価される。推薦もない。内申もない。その日の一発勝負だ。推薦入試でもなく、内申入試でもなく、学力試験なら一発勝負だ。


朝青龍がいなくなった。土俵上のここぞという勝負に実に強くていい力士だった。
ファンが多かったのかはヴォクにはわからない。でも実に強かった。
力だけを追い求める世界でなら彼はまだまだやれただろう。

話を戻せば、入試に合わせて戦略を組まなければならない。
内申重視か、実力重視か、配点票は覚えるまではそれを机にはりつけておこう。
posted by 花波 ヒカリ at 09:34| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うわ

「今電車です。とってきます!」と朝方メールがあった。

ヴォクのことはどうでもいいから自分の相撲に専念して。連絡はいらない。ほなね。


そういえば公立高校入試の前夜にもそういうのがあったなぁ〜。姉妹塾の先生からもそちらの塾生さんからメールをもらいましたと連絡をいただいた。

どんだけ余裕なんだろう。不思議だ。
posted by 花波 ヒカリ at 09:33| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人稽古

100223_1925~01.JPG100223_2013~01.JPG塾生の親御さんからたまにメールをいただく。本題のおまけでサラッと書かれてあるがおまけにこそ意味が詰まっている。
たまにということは毎日のようにわが子のそれを考えていらっしゃるに違いない。


(引用)

>家ではまだ、毎日の家庭学習の習慣はついていません。

(引用終わり)





やってるかやってないかはもしメールをいただかなくてもすぐにわかる。子別にチェックしている。

教科書を書かせる。塾では一切練習させていない。教科書の英文自体は塾では教えていない。せっかく学校の授業がある。そんなたかだか暗写も一人でやれないでどうする?

やっている子は完ぺきに書いて来る。ほとんど一字一句間違えない。小学生でも10歳でもやる子はやれる。年齢は関係ない。

やらない子は穴だらけだ。

やるしかない。

やらなかったら?
そういう選択肢はない。3回でアウトだ。本気でやらないなら意味がない。趣味のサークルじゃないし。


今日からはまたどうだろう。


修学旅行だろうと何だろうとやらないカウントは継続中だよ。おおめにみて3回までね。
今日からはまたどうだろう。
やるしかないけど。
posted by 花波 ヒカリ at 07:12| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後は一人

不合格があったとしたら残念だ。
昨日は泣いた人には自分ががんばっていた証拠だと伝えた。

もし涙も出ない、悔しくもなかったなら練習にベストを尽くさなかったからだ。手を抜いていたのが積み重なったからだ。自分で自分に聞けば一番よくわかる。

逆に合格していたとしても満足感はなかったはずだ。




練習や稽古は裏切らない。

残された日々がある。はじめるに遅すぎることはない。
今日からでいい。学校は全部自習だ。一日中稽古できる。

一人でできるまで、もう一回練習ができる。
posted by 花波 ヒカリ at 06:47| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする