2009年06月30日

定期試験の範囲変更。

090630_1727~02.JPG試験範囲が変更になる報告メエルがあった。

>英語の範囲がまた縮まりました。
>3-1までではなく
>3-1の前のページの23ページまでです。>プログラムで言ったら2-3までとなりました。

なるる〜。

そのメエルを受けてひらめいた(逆立ちはしていないけどひらめいた)。

今回のMGHはキー坊の仲間にしたい。


ほなね。
posted by ヒカリ at 19:06| Comment(4) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国大会でもがんばれ!!

090619_1712~02.JPG中3のヒカリっ子のNさん。中1の頃からいつも文武両道でがんばっている子。

8月22日から大分県で行われる全国大会への出場が決まったそうだ。

おめでとうございます☆
posted by ヒカリ at 01:52| Comment(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の英検途中結果。

090628_1853~01.JPG小・中学生が受けていた英検。

今回は準2と2級では不合格連絡もあった。
2級に小学生が受かる一方で、準2級に中学生が不合格になることがあった。英検には英検の性質がある。

まだ全員の結果はわからない(ホームページのことを知らなかったのかな)。


悔しくても言い訳はしない。全員合格できていないのを指導の反省材料とし次に生かそう。
何が足りなかったのかを子別に考えるしかない。
posted by ヒカリ at 01:13| Comment(0) | 英語ペラペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ねこの手と伊良部

伊良部選手がインタビュワーに質問されました。

「神様がひとつだけ願いを叶えてくれるとしたら、何をお願いしますか。」


伊良部選手は笑顔で答えました。
「神様がひとつだけ願いを叶えてくれるとしたら、何も頼みません。僕には夢がありますから。もう夢に向かっていますから。」

うろ覚えだがそんな言葉だった。


今日は猫の手と伊良部にNACK5(ナックファイブ)された一日でした(いや、ナックアウトだから(樋口新一先生風の関西ツッコミで))。
posted by ヒカリ at 01:44| Comment(2) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

数学がわからない?

090626_1726~01.JPG今日の高1生がこんなことを言っていた。


去年は数学が難しくて仕方がなかった。今年また同じ単元を勉強しているが今年はよくわかるようになってきた、と。去年わからないと感じていたが、実はおしいところまで来ていたのかな、と。




この子は家庭学習では今は数学を中心にやっている。行きたい国立大学の入試にも数学があるのでとくにしっかりやっているようだ。今では得意の国語や英語と、数学の偏差値が同じくらいにまでなっている。


あきらめずにずっと反復してきたからこんなことになったんじゃないか。苦手意識があったはずの数学でも、ずっと毎日やっているうちに楽しくなってきたんじゃないか。やればやるほどわかるようになり、わかればわかるほど数学が楽しくなってきたんじゃないか。


話を聞きながらそんなことを感じた。一回転でわからなければ二回転やってみたらいい。二回転やってわからなければ三回転やればいい。いや何回転だろうが、わかるところをほんの少しずつでも上塗りしながら増やしていけばいい。もしかしたら次やるときにはハッ、そういうことだったか!とワカルかもしれない。

それでもダメなら本を変えるなり、作戦を変えるなりしてでもやり続けてみたらいい。


あきらめずに繰り返すことの向こう側に、理解への扉が開いていることだってきっとあるのだから。


いまわからないことでも未来にわかるようになるためのきっかけになれる。
わからないことを大切にしよう。

わからないはわかるにつながってるのだから。
posted by ヒカリ at 04:35| Comment(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆ガンバレ☆暗写

090626_1727~01.JPG今日の中2生。いつも英語教科書の暗写で満点をとる子がいるので、聞いてみた。



「いつもさぁ、すごい余裕で満点だよね。ただの満点おお合格じゃなくて、またきたかオデンみたいな満点おお合格だよね。」


「あ、はい。」


「毎回満点合格するために、いつもどれくらい暗写の練習してるのぉ?」


「まず単語だけ練習して、その次に何度もなんども本文を音読します。そしたらもう書けます。」














(コツをつかんでるな〜)






もう一人。小5生も完全英作文が満点おお合格だった。

「いつもどれくらい練習してるのかな?」

「う〜ん…。月曜日から金曜日まで一応やっています。」




ピヨーン!!





(それって、毎日ってことだよな!コツをつかんでるな〜〜〜)





やり方は人それぞれだけどやっぱり満点おお合格には深い訳があるものだなぁ〜、って。
ニヤ〜、って(ヒカリっ子のRさんが描いてくれた漫画とコラボで)。


ほなね。すた、すた、…ノンスタイル。
posted by ヒカリ at 00:24| Comment(2) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

タ〜イムショック

ウチは子別なので授業中はマンツーでコーチの質問シャワーをあびることになる。

確認タイムになると30分のうちに質問が150くらいのときもある。もっと多かったり少なかったり。


さしなので、口数が少ない子も答えざるを得ないから、一年くらいするといつの間にか話すようになる。

勉強してこないと会話が成り立たないから、たしかめ範囲を家で自学してきていないといけない。

なかなか過酷な環境だなぁ(ひと事みたいに)。


たまにタイムアタックと勘違いしてなんでんかんでんはちゃめちゃに即答で答える(カブリで)子がいるが、次第にそんなことはなくなる。

ファイナルアンサーしか言わないでね、とか言われるからかな。


まぁ、慣れたらプレッシャーとは感じないだろう。

ほなね。
posted by ヒカリ at 14:51| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の小5英語

090626_1851~01.JPGこんにち波っ〜〜〜!(全国6人の花波んちゅ、お決まりの後方にのけ反るポーズで)



今日のヒカリっ子(小5)。

まだ光歴は浅い。なんか月かな。コア算数も後ろの方にきている。ウイニング国語Aもよく読めている。



あまった時間は英語。
doesが登場する難しい単元の吉田の英作文(英語完全作文15文、中1の2学期のところ)で、オオ合格をゲッツ(ダンディで)!!
ポインツは14.3/15だった。つまりは日本語を見てすぐにスラスラと英語に書き換えられる文が15個中、14個あったってことだ。
わるくない。



自学したの?と聞いてみたら、おばあちゃんが毎朝5時にたたき起こすということだった。
どうやら眠いけど覚えたということらしい。

プライベート(ライアン)なことなのでそれ以上詳しくは聞かなかったが、とにかく徹底的にやろうとして実際にできるようになっているのがいい。

感動した。
眠さにたえてよくがんばった!(元総理のコスプレで)




すごいよ、おばあちゃん!(いや、そこは本人をほめるところだからっ!!)



そんな自分ツッコミをしながら温泉喫茶をあとにする僕です(銭金の上田で)。みなさん、雨上がりのいい匂いがする夜明けのミューの4:44をいかがお過ごしでしょうか。


ほなね。すた、すた、…合格スタンプマン(スタンプマン?)。
posted by ヒカリ at 04:44| Comment(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

第3シーズン直前

090626_1608~01.JPG7、8月。
受験生はこの第3シーズンがめっさ重要。
この期間に自分と向き合い、どこまで自分に克つことができるかで春の成否が決まる。

教材も整った。


小・中・高とも、模試結果を確認次第、夏の独学カリキュラムを微調整し、あとはやるだけという状態にしたい。
ほなね。はなね。
posted by ヒカリ at 16:12| Comment(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねぇ知ってる?

さつ○っ子がまだ気になったままのヴォクです。こんばん波〜〜っ!

090626_0327~02.JPGねぇ、知ってる?と聞かれましても、いや、全然知らな〜い。



ではまた。よい夢を(主に僕が)!
posted by ヒカリ at 14:00| Comment(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい話(38)

気持ちをこめて文章を読めるのと国語(物語文)の読解力は比例する。




どのように黙読しているかを知りたくて、もちろん正しく読めているかどうかを確認する意味もこめて、音読を低学年の子や初期の子たちに必ずしてもらっている。確認が完了し上手だとわかった子には徐々にその機会は減らしている。

漢字の読みやイントネーションが正しくできているかはもちろんだが、なにより、意味のまとまりごとに気持ちをこめて読んでいるかを見ている。スラスラとつまることなく読めるかということ(それも大事なことではあるだろうが、気持ちをこめて読める子はそもそもあまり不正確な読み方はしないものだ)以上に、意味を捕らえようとしながら読んでいるのかを確かめている。棒読みではなく、意味を追跡した読み方をしようとしているのかを聞いている。


意味を考えながら話を追いかけながらゆっくり読んでね、と僕は伝えている。



悲しいところは悲しげに、元気なところは元気よく、それをしてもらっている。

音読を気持ちをこめてできる子ほど要約してまとめて表現する力もあるように感じる。
音読のあとに黙読した上で要約をしてもらっていると、そういうことを感じる。


声に出さずに耳の中で読むときも変わらないんじゃないか。文章の意味を考えながら、文章の中に入り込んで、文章にはりついて、文章のトーンに合わせながら読むことが国語とりわけ物語的な文章の読解の土台であるようにヴォクは感じている。

およそ客観的な問題である限りにおいて、国語の問題の解答は本文の中にある。そこに何が書いてあるのかを考えながら読んでいる子は、声に出させても気持ちをこめて読むものだ。はずかしがって小さい声やボソボソ声であったにしても読解力の一端はその中にも読み取ることができるように思う。

だからヴォクは音読をしてもらうことをやめない。国語が好きな子や国語が好きになりたい子は、楽しそうに読む。間違いに線を引いて指摘すると、うれしそうに修正しながら読む。

そういうことは大事にしたい。

ほなね。
posted by ヒカリ at 01:09| Comment(2) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

今日の小学生算数

小2のNくん。いま1時間目が終わるところで10ページ目にきた。答え合わせや解き直し、自己評価までひとりでできている。

この辺りはサクサク進めて楽しそうだ。
posted by ヒカリ at 17:59| Comment(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする