2008年12月27日

成績を上げるのは自分だ。

18日にも書いたが公立の中学生、2学期の期末テストの平均が440点を超えていた。いまその点数の右の列に通知票を入力している。平均点は今年が一番よい(私立は科目数や難度が違うので話をカット)。480前後の子たちが増えた。450前後の子たちが増えた。


中でも中1、中2は塾での学習が週1回で、基本が家庭学習。
宿題をしない子など塾生の中にひとりたりともいない。



家庭学習中心の場合、上位層(450以上)は当たり前のこととして、学年一位級(480以上)が増えてくる。

それは誰にも頼らなくなるからだ。(僕個人は部活が毎晩8時くらいまであったのもあり塾に通ったことはない。講習会に出たこともなかった。)

自分を信じることだ。試験中にだれも代わりに問題を解いてはくれない。だれも何のヒントも出してはくれない。





成績を上げるのは自分だ!!
posted by ヒカリ at 03:05| Comment(4) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お手紙の詩

宿題を出すためには宿題をやる子がいなければならない。

宿題は手紙みたいなものだ。読まれずに破られるくらいなら手紙なんてはじめから書かない方がいい。

手紙には宛名が必要だ。この手紙をだれに出すのか。それとも、もう手紙は出さないのか。

ポストにたまる手紙はない。

届く手紙と出さない手紙とがあるだけだ。

届けたい 届けたい♪

のび太、勉強しなさい。カツオ、勉強しなさい。(1) (★2) (3) (★4) ((6) (7) (8)
♪学年1位をとるために)()()()()()()()()(10)(11)(12)(13)(14)(★15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(★32(33)34)(35)(36) (37)♪質を追っても量をこなしてる人には勝てない。)()((4)♪たまにはぼくのこと(1) (2) (
♪超一流階段の登り方

)()()()(5

♪コーチ・えのもと)()()()()()()()()(10(11)12

♪テストに強くなる)()((4) (5)

♪わかるとは解けることではない(1)(2)(3)(4)(5)

♪塾屋は何を売っているのか。)()()()(終)

♪受験の合不合予測の立て方(1) (2)
♪1:1.6の法則
♪国語答案作成法♪志望校の過去問を解く際のポイント(1) (2)夏が最もノビタ

♪のびる条件(小学2年) 小4のヒカリっ子からの質問メール

♪木田優夫のDAKYピッチング教室に想う 
♪英語学習の方程式

♪計算ミスをなくする(1)(2) (3) (4)ミス ユニバース Mr and Miss miss

♪宣言するということ

♪模試のA判定 ♪小学生のセルフラーニング
♪英文音読 (音読2っ!

♪勉強の方程式

♪いまさら塾の存在理由(1) (2) (3)

♪メモをするその速度 ♪メモルちゃん(1) メモラー(2)

♪私立中で一番ヒカリっ子の英語学習法

♪セルフ・ランニング再び ♪SABが無料で自学法を公開するワケ ♪フォニックスとは何か

♪九九の暗記の弊害

♪成績停滞原因としてのパンク

♪速読は30歳を過ぎてから役に立つ

♪英語独学法

♪独学式は引っ越しなど環境の変化に強い

♪三か月間の超〜集中

♪英文600選・700選の覚え方(小学生)

♪1日30分の積み重ね

♪子供の顔が見えない問合せ

♪標準は予習シリーズにあるわけではないっ、子供の頭の中にあるんだっ

♪情報処理科目としての受験国語

♪英語で100点(私立中)

♪個人的な体験(1)  (2)机

♪授業はむやみやたらと延長しない

♪ぅリードアンドルックアップ法(1) (2) (3)

♪80対20の法則は受験勉強にも有効

♪1コマの時間が125分である根拠(1)()(

♪現在の四年制の大学生のうち東大生は何人に一人いる?
♪★テスト前に自分をテストできているのか。2学期中間試験結果(5)。

♪入試は偏差値表の上で起きているんじゃないっ!(1)

現場で起きてるんだ〜(2)! ()()
♪埼玉県立高校の高校入試を突破するために 

♪1年1度の「いい塾」の日に伝えておきたいこと

♪解説タイムは授業全体の20パーセント
♪英文暗写の作法 教科書暗写(1)
♪悪のシケプリ(1) (2)世界史0点で東大に合格するよくある話に思う。

♪独学のくせをつける(1) ()((4)

♪個人的な家庭教師体験(1) (2)

♪成績が必ず伸びる方法がある

♪ギブアンドギブログ

♪100点を狙うというコトバ

♪小学生のうちに英検準2級・2級に余裕で合格している子(1)()()(

♪意欲する)(★)()()(

♪ぼくのつくっている教材紹介)()()()(

♪部活と勉強の両立

♪超科目をつくろう

♪勉強をして何になるのか ♪★ノウハウと潜在意識
♪もしもシリーズ(1) (2) (3) ♪★独創的で不器用な伸び方があっていい。 ♪★受験での正しい合格確率。 ♪★定期テストと受験勉強。 ♪いつも暗記チェックシートから。
♪趣味としての勉強(1) (2) ♪社会の学習法(1)  ♪終わりと見せかけて、実は継続。 ♪勉強にセンスが関係あるのか ♪むしろ英文黙読法
♪ザ・授業(ぼく流))()()((6)()(8) ♪英文法を英文ごと覚えるための方法(1) (2) 成績が絶対に上がる指導法?? ♪特訓モード7/1〜8/28 ♪イヌ型勉強とネコ型勉強(1)
♪セルフは塾ではない(1) セルフって?(2) セルフラーニング(3) ♪なぜいま、英検・数検なのか(1)

♪やる気なんかなくていい。姿勢だ。(2)

♪北辰戻る(1) ♪北辰テストの意味  ♪今日の小学生英語 (2) (3) (4)) (6) (7) (8) (9) (36) (小5)
♪根性の分かれ  ♪世界のナベアツ式英語学習法。 
♪等価交換(lionさんとコラボ) ♪攻めの姿勢(lionさんとコラボ)(1) (2)

♪記憶のらせん(lionさんとコラボ)

♪社会・理科の重要性 ♪今週の当たり本 ♪E君のこと (2) (3) ♪独学アシスト塾(3) (2) (1) ♪根性ぷらす文型in英語
♪解ける→わかる→考える(コラボ) ♪ヒカリジム

数学バッティングセンター(1) (2)

♪暗記のコツコツ ♪信じること つながり
♪歴史用語や英単語などのメッサ速い覚え方 ♪受験生の真夏の果実 ♪いやしの絵 ♪北辰結果(1) (2) (3) (4) ♪離)()()(
告白(1) 告白(2) ♪問題集は3回まわす。 ♪記憶のコツ ♪受験校を決める人(1) (2)

♪勝負はいつも僅差

♪オレオレ解きから遠く離れて ♪問題集に自分の答えを書き込むか(1.0)   ♪釣堀の中の受験生

一問一答 (2)

♪見たことも〜ない木ですからぁ
♪「ハヤベン」の極意 ♪プレゼントとしての宿題(1) ♪改良回路(1) (2) ♪タメ寝・タメ解き。 ♪デカビタ・マインド
♪『○と×』(1) (2) (3) ♪牛丼と成績個票の価値 ♪プレゼントとしての宿題(1) (2)お手紙としての宿題 ♪定期テストの範囲票の好例 ♪セルフラーニング塾の弱点(1) (2) (3)
♪ひどい塾(上) (下) ♪高校英語の学習指導要領の改訂案について (2) ♪目標差に対応する形態としての子別指導。

posted by ヒカリ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

12/26(金)の花波日記。

081225_2144~01.JPG今日のrun:25分。

今日よかったこと:塾生全員の期末テスト結果が揃ったこと。

今日つくった教材:前期予想(5)。

今日よかった本:アカペラ(山本文緒)。


深海を聴きながらベタ打ちします。

ほなね。
posted by ヒカリ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導書

高校英語は講師用指導書(本体の二倍以上の厚さ)もセットでわた(バキューン…(ヴォクが多用しているこのバキューン…は樋口新一さんのパクリです(一応報告まで))


中学国語で言えば教師用指導の手引き(学校用)みたいな位置付けでしょうか。


(S様 先ほどはしぃさぁのサーバがダウンしていたので、SABに書きました。道場でないから携帯から見られません。ごめんなさい。実練と文パタほかの違いでしたよね。でも3学期から中3まではトレジャーシリーズをコツコツくまなく反復だけで本当によいと思います。)
posted by ヒカリ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/25(木)の花波日記

081225_0111~01.JPGもはや誰も期待することさえない花波日記を今日も書こう。

もともとよそで書いてた日記だから。



今日のrun:35分。

今日よかった本:伊藤真の兵法。

今日つくった教材:関係代名詞確認テスト。
今日よかったこと:通知票報告メエルが30通くらいきた。



なぜだろう。走っても走っても体重が増えてる。ランの時間が短いのかな。はたまた、カレーかな。はたようく、鍋かな、いや、ラーメンか?
むしろタコ焼きがわるいのか?


ちがうか〜/(◎o◎)



じゃあなんでかな〜。




(陽区)でもぉあんたぁ〜っ!

子供にもらった菓子は食べないといけないというのにかこつけてクッキーやチョコばかり食ぁべぇ過ぅぎぃで・す・か・らぁ〜〜〜!

残ね〜〜〜〜〜〜んっ!


机の上に歌詞と菓子を置きす斬〜〜ぃりぃぃ〜〜〜〜〜〜〜っ!

本家、陽区はこちら……>波田陽区Blog

ブログ村


皆様へ
本当にお気を遣わないでください。お願いします。

太りますぅ
。°・(>_<)・°。

目指せ!マラソン(マジ)
posted by ヒカリ at 01:31| Comment(7) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつものランニング

081225_0005~01.JPGいつものランニング

いろんなコースを時間決めで走っている




あれ?


今夜は景色がいい家や道がたくさんある気がする…
posted by ヒカリ at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

高校英語の学習指導要領の改訂案について

http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200812220292.html
↑「高校英語、英語で教えるべし」学習指導要領の改訂案↑
改訂案は「授業は英語で」を初めてうたっている。


これについて、早速、ブロガーの間で話題沸騰中みたいですね(そうですね)。



僕の私見。

「高校英語を全部英語でやる」のに、
賛成・反対の前に、

「英会話(LISTENING・SPEAKING)」というスポーツ(耳学問)と、
「英文読解READING」や「英語作文WRITING」という学問(目学問)を別立てにして考える必要があると思う。


2つの名前に分けるのに無理があるのなら、「英会話」と「それ以外の英語」でもよいだろう。


英会話が全部英語ということの趣旨はよくわかる。それは今までにも程度の差こそあれなされてきた。英会話の授業を英語だけで行うのは当たり前だ。英語で会話をするのに日本語はいらない。

一方で、英文読解や英作文(つまり読み書き)を全部英語でやることは、「日本語と外国語との対比の中で、一言語としての日本語を相対化するような視点を養う」という絶好の機会を子供たちから奪ってしまう。 日本語なしでは、言語学の勉強にならない。

日本語と英語でどう構造が違うのか比較することが許されなくなる!!

例えば、日本語では動詞は後ろだけれど、英語では主語のあとに来ます、なんていうトークがしにくくはならないか?

それでは英語の特質をつかむのに、
理論や文法は排除し、まさに「習うより慣れろ」だけでいこう、と宣言する
ような事態になってしまうのだ。

公式なしで数学をマスターするのと同じくらいの無理があるだろう。



英文読解や言語学としての英語の学習には日本語との対比が必要だ。
そもそも、英会話をしているとき以外は、思考は結局、母国語である日本語で行われている。


英語を学ぶ意味には言語のひとつとしての英米語を学ぶ点(ことばとは何かという問題)、それから国際語のひとつとしてのEnglishを学ぶ点(コミュニケーションの問題)の二つがあり、前者にとって日本語を対比することはとくにはずせないのだ。


僕は英語は流暢に話せるが、日本語ナシで高校生に英語を教えることは、僕のスキルではできないかな。英会話を教えるのと、英文読解や英作文を教えるのは全く別の次元だと僕は思う。

まぁ、原則英語で?ということだし、教材の中から日本語が消えるわけでもあるまいし、勝手に周りが騒いでいるだけだと考えたらいいのか?そういうことなのか?
本当にそうなの?ねぇ?


関連記事(たくさんあるので、一部だけ(無断で、すみません)):
●(TakeshiGotoさんの)高校新学習指導要綱 2http://plaza.rakuten.co.jp/tgstyle/diary/200812230004/ ほか多数

●(willさんの)一応。。。 http://plaza.rakuten.co.jp/will2000/diary/200812230000/

●(赤虎さんの)私見 http://plaza.rakuten.co.jp/schoolwars/diary/200812240001/ほか多数
posted by ヒカリ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の小学生英語(41の2)

081224_1627~01.JPG今日の小学生英語の英作文テスト(分詞)も全員合格でした(^_^)vよくがんばっています。


次回は関係詞(主格と目的格混合ダブルス)です。


OTくん、Sさん、プレゼントをありがとうございます。ランニング後のおやつにいただきます。


(皆様へ お気遣いは無用です。)
posted by ヒカリ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の小学生英語(その41)。

081224_1553~01.JPG41週目の今日の小学生英語は、関係代名詞(主格)。

ほかに英単語100語くらい、英語長文を40分、数学と計算を40分、国語を40分。

英検や数検もあるのでいつもの気合いで進みます。

ほなね。
posted by ヒカリ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通知票の絶対評価方式を評価する。

また不可解、奇々怪々の通知票の季節がきた。先ほどからメールが鳴り続いている。

(公立の)絶対評価は実技教科の場合とくに難しいだろうね。例えば病気や事情で体育を休んで2や3をつけざるを得ないのは謎なんだよね。点数、事情、スポーツ測定、部活、病気など総合的に見られないからね。(つける教師もたいへん。)単に合計点の加算方式。へんなの。何かが欠けたら事情があっても考慮せず。

根拠のみえない数値評価を選抜時に重視する学校は減ってきている。通知票とはそういうものだ。「5」の人数制限がないから学校間格差も甚だしい。

選抜する高校や大学側も学力試験重視の学校が増えているから(選抜時に通知票を開かない(判定につかわない)なんてザラです)、自分にあった選抜方式の選択をするというのが現実的であろう。


通知票を重視しない選抜はたくさんあるし通知票を利用できる選抜もある。受験生は選択して受験することができる。

(だいぶ前にはロカビリーさんのところで通知票の付き方については意見交換させていただいた記憶がある。)
posted by ヒカリ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語を英語で授業する(2)

http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200812220292.html
↑「高校英語、英語で教えるべし」学習指導要領の改訂案↑
改訂案は「授業は英語で」を初めてうたっている。


これについて、早速、ブロガーの間で話題沸騰中みたいですね(そうですね)。



僕の私見。

「高校英語を全部英語でやる」のに、
賛成・反対の前に、

「英会話(LISTENING・SPEAKING)」というスポーツ(耳学問)と、
「英文読解READING」や「英語作文WRITING」という学問(目学問)を別立てにして考える必要があると思う。


2つの名前に分けるのに無理があるのなら、「英会話」と「それ以外の英語」でもよいだろう。


英会話が全部英語ということの趣旨はよくわかる。それは今までにも程度の差こそあれなされてきた。英会話の授業を英語だけで行うのは当たり前だ。英語で会話をするのに日本語はいらない。

一方で、英文読解や英作文(つまり読み書き)を全部英語でやることは、「日本語と外国語との対比の中で、一言語としての日本語を相対化するような視点を養う」という絶好の機会を子供たちから奪ってしまう。 日本語なしでは、言語学の勉強にならない。

日本語と英語でどう構造が違うのか比較することが許されなくなる!!

例えば、日本語では動詞は後ろだけれど、英語では主語のあとに来ます、なんていうトークがしにくくはならないか?

それでは英語の特質をつかむのに、
理論や文法は排除し、まさに「習うより慣れろ」だけでいこう、と宣言する
ような事態になってしまうのだ。

公式なしで数学をマスターするのと同じくらいの無理があるだろう。



英文読解や言語学としての英語の学習には日本語との対比が必要だ。
そもそも、英会話をしているとき以外は、思考は結局、母国語である日本語で行われている。


英語を学ぶ意味には言語のひとつとしての英米語を学ぶ点(ことばとは何かという問題)、それから国際語のひとつとしてのEnglishを学ぶ点(コミュニケーションの問題)の二つがあり、前者にとって日本語を対比することはとくにはずせないのだ。



関連記事:
●(TakeshiGotoさんの)高校新学習指導要綱 2http://plaza.rakuten.co.jp/tgstyle/diary/200812230004/ ほか多数

●(willさんの)一応。。。 http://plaza.rakuten.co.jp/will2000/diary/200812230000/

●(赤虎さんの)私見 http://plaza.rakuten.co.jp/schoolwars/diary/200812240001/ほか多数

●(ヒカリの)高校英語を英語で授業する(1)。 
posted by ヒカリ at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 高校生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする