2008年07月31日

北辰7/20戻る(2)(中1、中2)

080731_1937~01.JPG中2は100点満点で行われた。個人的感想だが達成度がわかりやすくてよい。


数学の問題が点数がとりにくい試験形式だったようで80以上をとったものが少なかったようだ。逆に国語がとりやすかった。


仮に全科目80点なら偏差値は国語60.4、数学68.9、英語64.2、社会69.0、理科72.2、計400で5科偏差値が70.1となる。ひとつの目安となるのは得点率の8割(すなわち80点)となるだろう。


5科偏差値では500点中、399点をとると偏差値が70.0、322点をとると偏差値が60.0、受験生平均である偏差値50は250点であった。(全体のトップは468だったようだ。)


目標とする数値がみえてくるんじゃないかな。次へ向けて明日8/1からリセットスタート(略してリセート)して目標の手前に壁をつくり、その壁を破りたい。

Break your own wall.
ぼく自身も、今夜はみんなの結果票を見ながら作戦を練ります。
posted by ヒカリ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北辰7/20戻る(1)

光塾内平均の偏差値60超えはもちろん達成できた。中3も中2もOK。
うちは定期試験ではなく常に学力養成を重視している。定期試験に向けた詰め込み授業は当たり前だがやっていない。過去問配付もやらない。北辰は今回もほぼ全員が受けた。

受けてはじめてわかるのが5科の本当の実力。定期試験で470点前後を取り続けることと、偏差値の70を出すのとは別物。偏差値は一般に60だいまでは定期試験の結果に大体比例するがそこから先、とりわけ65から先は別の能力が必要とされる。

模試は基本的に範囲がない。従って知識や暗記量以上に、科目の理解というものが問われる。自分の頭だけで考えて勉強しているかが点数差になる世界なのだ。偏差値の60だい後半から、とりわけ偏差値の65から先は、普段から圧倒的に「考えて」勉強している人が勝つのが高校入試の世界。知識差だけではない世界。

ss65到達科目と非到達科目とを分けてしっかり分析しながら、目標の高校に必要な数字をおっていくことにしようと思う。

次回は中3が、9/7(日)。いま夏休みに毎日考える勉強をして、頭をいじめているか否か、成果を出す日だ。
中2は次は12/7(日)(高校受験まで一年の回)。

中1は10/5(日)となる(本当の学力確認の第一回)。

(なお駿台と河合の模試は対象者に個別に案内しています。)
posted by ヒカリ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30

080728_2158~01.JPG30歳になったときにあんな塾に行ったなと記憶に残るようにと普段考えてる。次のテストがしのげたらいいとか考えたことはない。当たり前だけど。


僕がわるさをして、テニス部をやめます、てゆうか、こわいからそんなことは言えなくて単にサボって行かなくなったときに、コーチえのもとはぼくに言った。

ぼくがマンツーマンで彼とまともに話をした(聞かされた)のはそのときが最初で最後。

「30になればわかるからやりなさい。」

さて、30を過ぎて、わかった。実際には32を過ぎてから分かり出した。



だから。

コーチえのもとは数学の教師もしており、ぼくは一年間は彼に数学も教わっていたけど授業の中のコーチえのもとの話はほとんど記憶に残ってない。淡々としてた。

テニスの最中のコーチえのもとのことは全部記憶にあるんだけどなぁ。アツ過ぎた。人生がつまってた。



コーチえのもとインテニス。
これを言うのは二回目だけど、ぼくはそんな塾をやっていたい。が、実現できないときばかり。
posted by ヒカリ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30歳になるとわかることがある

080730_1022~01.JPG30歳になったときにあんな塾に行ったなと記憶に残るようにと普段考えてる。次のテストがしのげたらいいとか考えたことはない。当たり前だけど。


僕がわるさをして、テニス部をやめます、てゆうか、こわいからそんなことは言えなくて単にサボって行かなくなったときに、コーチえのもとはぼくに言った。

ぼくがマンツーマンで彼とまともに話をした(聞かされた)のはそのときが最初で最後。

「30になればわかるからやりなさい。」

さて、30を過ぎて、わかった。実際には32を過ぎてから分かり出した。



だから。

コーチえのもとは数学の教師もしており、ぼくは一年間は彼に数学も教わっていたけど授業の中のコーチえのもとの話はほとんど記憶に残ってない。淡々としてた。

テニスの最中のコーチえのもとのことは全部記憶にあるんだけどなぁ。アツ過ぎた。人生がつまって
posted by ヒカリ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離5「壁」

080730_1017~01.JPG全国6万とんで9人のせるふっ子のみなさ〜ん、おはようございます。生徒会長ではなくて成果快調のヒカリです。いかがお過ごしでしょうか。

ぼくはこのシリーズを書き出す前に、「たいせつなのはそれを毎日継続して練習していくことです。」(lion節 「離」より)という言葉にインスパイアされた。


"Practice makes perfect."(習うより慣れろ)って言葉もあるよね。



でもねぇ、勉強を毎日できないから困ってるって人もいるんじゃないかな。

あ〜なんで勉強なんかしないといけないんだよ〜って、壁ばかりを感じてる人。
壁ばっかりだと憂鬱だよね?むしろテニスボーイの憂鬱だよね?(読んだことないけど)。

てゆうか毎日勉強なんかやりたくない人もいるよね。しないんじゃなくて、したくない、勉強は避けたいって場合もあるよね。

実際、受験生じゃない子には毎日やらない子もたまにいる。なんともったいないことか。一日30分でどれだけのことが身につくかを考えると。


毎日勉強はできないっていうのは、そもそも毎日勉強をしたくないだけ。くわぁ〜、くわぁっ、くわぁっ、くわっ(阿修羅マン95万パワーで)。

ただ勉強する気がしないという「壁」だけが高く立ちはだかるようにあって、その向こうに「目標」のない(あるいは限り無く遠く離れた)状態なんじゃないかな〜って。1kmくらいの厚さがある壁自体で、その向こうになんにもない壁。ショーシャンクみたいな青空が向こう側にない壁。目標と乖離した壁。


3000本安打を通過したイチロー選手がインタビューに答えて言っていた言葉。「壁は自分でつくるんですが」って言葉。イチローは目標を自分で設定するから、目標ごとに壁を自分でつくっていく。その壁を自分でやぶってゆく。

テニスの壁打ちでも、本気の人は壁だけをみていない。テニスの壁打ちなら、壁というスクリーンに、ネットや相手コートが映っている。コートのどこに打ち込むのかを考えながら壁に向かっている。

本当に壁だけを見て壁打ちをしてる人もときにはいるけど、そんな人にも目標がある。フォームチェックだったり、フォームを獲得するための反復だったり。自分のフォームをみながら壁に向かっている。鏡に向かってダンスをする踊り子たちのように。



ただ壁を感じているんじゃない。壁の向こう側に何かを目指しながら壁に向かっている。


壁の向こう側にある目標をもって壁に向かうってのはわかった。じゃ、目標を持てない人はどうするの?

ただなんとなくがいいって人はどうするの?

目標をもったら何かが変ります。変るはずです。変りますやうに(祈り?)。


ほなねぇ、サンクス☆(すぐそこ)。



離6「スモールステップ」へ続く(かも)。


ごめん、もう少しだけひっぱらせて・・・ほしぃ〜の☆(哀願)←何なのこれ?歳のせい?(自問自答で終了)

いや離10まで書くって宣言した部分を編集したらいいっちゅー話なんですがね、ええ。
でもせっかく壁設定したからさ。うんうん。
posted by ヒカリ at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

離4(コラボ)

080729_2320~01.JPG「離」の中のlion節に次の文がある。


〜はじめからよくわかっていたら勉強する必要などないのであって、誰でも最初は「よくわからない」のです。〜


「わからない」というのはむしろ当たり前のことであり、恐れるに足らず、逆にわからないからこそ勉強するってことなのかな。

ソクラテスの「無知の知」(自分にはわからないということを自覚する)と同じかな。

ウンウン、わからないから面白いんじゃないかな〜って。かな〜って。


映画フォレストガンプだったはず。「人生はチョコレートの箱と同じ。開けてみるまでなにがあるか分からない。」というセリフがあった。

学生時代に英語版で観たので細かいのはうろ覚えだが、
'Life is like a box of chocolates.'は耳に残っている。

(そして「ショーシャンクの空に」ではないけど箱というのは開けてみないと中になにが入ってるか分からないものだよね。ポスターの張ってある壁だって、ポスターを……(言い過ぎはダメ〜、プラマイゼロっ、むしろマーイ)。)


そうだ。やってみないとわからない。だからオモロ〜。

最後にイチローの言葉を紹介したい。

「僕なんて、まだできてないことの方が多いですよ。でも、できなくて良いんです。だって、できちゃったら終わっちゃいますからね。できないから、良いんですよ。」(イチロー)



くわぁ〜〜〜(久しぶりに織田裕二で)!!

そっか。わからなくていいんだ(キョトーンと)。
わからないのを分からないってわかるところから勉強ははじまるんだぁ(キョンキョンと)。

そっかぁ。

よし、わからないのを探して一個ずつつぶしていこっと、ってこんな感じでいいんかな。

ほなねぇ。はた、はた、……>波田陽区Blog教育ブログ村リンクはここです。教育ブログへ


(コラボ中)ら・ら・ら・ラブソング、ららら>lionさん
posted by ヒカリ at 03:59| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

離3(コラボ)

 lion節に次のような言葉がある。

 

「『離』とは、ある特定の考えに縛られず、一度それを切り離して、物事を客観的に見つめることです。」

「そうすると自分がよく見えてきます。」

「名もなき詩」2008/7/26号より)
 



シリーズ「離」の第三話「離3」ということで、たまたま「理3」という言葉と音が同じになった。東大理科三類が全国最難関の入試であることは周知の通りだが人として別格の人(変わった人、残念な人)だけがそこを目指せるのだろうか。否。それは紋切り型の考え。理3を目指すような人たちは、体験記なんかを読んでいると、周囲の声ではなく自分の声をよく聴いているなといつも思う。そしてごくごく普通の人。人間。偏差値が70だから無理という「特定の考え」をスパっと切り離している。目指すか目指さないかを決めるのは他でもなく本人だ。そもそも入試は偏差値で争われるわけではなく、単に「合計何点とったか」しか見ない。点をとればいいだけの話。脳を鍛えれば点は上がるに決まってる。虹のいろに切れ目ってないよね。ここの部分は別格なんて虹の中の色にあったかな。ただちょっとだけどっちかにいけば赤っぽくてどっちかに行けば青っぽいってだけで大差ないじゃん!!
 


ある南の島(ド田舎)の家庭では、兄弟3人が全員、理3に進学したそうだ。家系的に頭がよかったからでしょ!っていうところで思考がとまるのは、「離〜」できていない。「♪リーリーリー」って、どんどん「離〜」出来る人なら、「ほぉー、理3でも考え方次第で目指せるものなんだぁ、へぇ〜」と思うことだろう。一歩リードってやつだ。 大前研一も、「ゼロベース思考」といってこの重要な考え方を紹介している。前例や周囲の声ではなく、「ゼロ」に戻って、全部白紙にして、スタートすると、枠にとらわれずに新たな視点で物事をスタートできると言うことだろう。勉強の目標を立てるときにも、前回80点だったから次は90点で!という発想もそれはそれで悪くない。でも「離〜」できるんだったら、「どうしたら100点をとれるんだろう」って考えるはず。それを聞いた周りの人は感動に胸をふるわせ応援したいと思うんじゃないかな。 


ヴォクは去年、ある保護者様からメールを頂戴した。「どうしたら一番が取れるんだろう、と子どもが言っていました」という内容であった。そのメールをもらった瞬間に、この子はきっといつか一番をとる!とヴォクは確信した。 

一番をとればそれでいいと思っているわけではいささかもない。一番という目標を本気で持ったということ、そしてそれをとるために動こうと決心したことに感動したと言っているのだ。目標は何だっていい。本気で目指すってことがいいなって思う。今までの経験だけを根拠にしていたら高い目標を本気で目指すなんてことはできない。


難しい。
 
壁がいくつもある。
問題はいつだって山積みだ。
根性の羽が折れちゃいそうになることも、折れることもつきものだ。
もーやーめたっ!って言いたくなることはそりゃあ、あるよね。 


でも、そんなときに、いっかい、「リー」しちゃえばいいんよ。
失うものなんて何にもないところまで「リー」しちゃえばいいんよ。
そしたら始めることがまたできるかもしれないんだ。
 


(離4に続く)
posted by ヒカリ at 14:27| Comment(3) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメンマン

080729_0421~01.JPGおはようございます。生徒会長でないほうのヒカリです。

もいっちょ、阿修羅マンやラーメンマン(タカアンドトシver.)が好きなヴォクです、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

最近は後ろ倒し気味に(あるいは後ろのめり気味に)、わがまま(気まま、流れるまま、バカボンのママ)に、授業という仕事(のようで実は趣味)ばかりをして、自宅の書斎(ウソ、本当はただの仕事部屋)にいないので、なかなかブログを書いていませんでした。

でね(でね?)、ヴォクは一緒にたたかうのがすきなのかな〜って。かな〜って。子供が目標を立てる。で、ヴォクはコーチだから、見てるの。たまに声を出したり、い〜い、いまから言うよ。いくよ〜っ。さーん、にぃ〜、い〜ち、に〜、サーン(変顔で)、用意はいい?大丈夫?OK?

て言ったりして。

引っ張った挙句、
『割合はね、掛け算なの』とか。



a円のpパーセントは掛け算で表せるんだよぉ!とか本に書いてないようなことを声かけするの。

あとはボヤッキーになって、
文章題を書くのに図を書かないんだ〜?へ〜
とか

方程式解いたのにたしかめしないんだ〜?ほ〜
とか。

あとはドロンジョみたいに突っ込んだり。

まぁ、コーチにできることは、まず見るってことだよね。
赤虎さんも書いていらした。
見る。
診る。
ミルミルって(なんかヤクルトが飲みたくなってきたな)。

で、子供がいないときは手帳に書いた目標数値とか、テストの範囲表とかをニヤニヤ眺めながらプリントを作るのが好きなのかな〜って。かな〜って。
だって、ビックリさせたいし。

lionさんは愛を伝えたいがためだけに教材はわざわざ手書きを駆使なさっているという。アツイな〜って。

ぼくも闘えラーメンマンだったか闘うラーメンマンだったか忘れたけど、やっぱ一緒に戦いたい派かな。

ソフトテニスってね。基本的にダブルスなの。前衛と後衛って言うの。でね、ふたりで戦うの。アツイよ〜。
ぼくは相棒とホ○だと学校で噂されてたんだよな〜。たんに戦略を語りながら毎日駅まで一緒に帰ってただけなのになぁ〜。

まぁ、よろしい。ぼくはコーチで、手帳もコーチ。そういうことです。ほなねぇ。
posted by ヒカリ at 05:18| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

教科書が違えば世界が違う。

080728_0224~01.JPG確認テストは大体自作している。
スキャナーやOCRといったおしゃれなものは使わない。同時通訳しながら男は黙ってエクセルにベタ打ち。

中学生の英語教科書なら5種類、素材が違うから手間がかかる。高校の数学なんかだと全部同じでいいんだけど中学の英語はバラバラ。

メリットは余力ある人に他の学校のをあげられるくらいかな。

高校数学も解説まで全部ベタ打ち。今日で数学2Bセンターまでの分が完成した。プリント代はいただかないがほしい子には配ってる。でも紙代を節約して大体はワードかエクセルで送ってる。
ほなねぇ。


あっ、赤虎さん、圧縮の仕方を教えてくださり、ありがとうございました。だいぶ送信が楽に、楽天になりました。したっ。
posted by ヒカリ at 02:38| Comment(3) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

ほしのふるまち

080727_0336~01.JPG神田で速読英単語他をまた大量にグゥエットできた。

旧版ブラボー☆
初版ラッキー★
東大は毎分160語ペースなんで、近い速度の音声CDもダンディ黄色服。


(『やったろうじゃん!!』と『ほしのふるまち』もグゥエットしたことは内緒(^_^)v『電車男』は安かったけどスルーしました、原先生、ごめんなさいっ)
posted by ヒカリ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離2(コラボ)

080727_0107~01.JPG離科1類の続き。

あの一節を読んで僕は驚いた(机からのけ反りながら)。
塾の一万円も高いけど、本の千円も高いんだって思い出した。そうだ、だからもっと神田で100円で買い占めようって再認した。
ちょうど明日は夕方からの授業まで時間があるから神田だ。


たとえば中3で塾に入る。夏休み用に各教科分の教材をそろえるとしたら、1冊1000円×各教科2冊×5教科で、最低10,000円は必要になる。
主教材だけじゃない。ほかにサブで良質のものを揃えていったらまだかかる。

ぼくは一度も塾に行ったことがなかったが、何度も通って店員さんにお礼を言いながら読ませてもらった参考書でも、やっぱりどうしても欲しくなって、家でも読みたいと思ってもなかなかその千円が出せなかった。本当に買わないといかんのか、もう一回読めば血肉化できるんじゃないかなとか考えながら結局もう一回立ち読みするようなことが多かった。先輩からお古のラケットやシューズはもらえても伝説の名著はなかなか譲ってもらえなかった。

でもね、家庭の事情で本があまり買えなかった僕でもやっぱり『英文解釈教室』とか、いまで言えば『速読英単語』とかはね、僕がもう一回学生をやっても買うね。

はじめて塾にくる子にぼくは必ず一冊本をあげる。プレゼントする。それは営業マインドでも余裕の表現でもない。

愛してる本を、塾なんかに入るのはやめてもいいから、独学図書の存在をわかってほしい、そういう思いだ。
だから一番いい本を一冊だけプレゼントする。

本当に本だけをもらってやめた方もいらっしゃるが本当にまったく気にもならない。

本があれば一人でも学べる。本があればお金をかけなくても学べる。

それはまるで、壁があればひとりでテニスができるのと同じだ。
まっすぐな壁ならまっすぐなボールがかえってくるだろう。ゴツゴツした岩壁なら変化球が返ってくるだろう。それはそれでよい練習になる。

まっすぐな本があればストレートに定石を学べる。問題の多い負荷のおおきい本ならたくさん考えることができる。パターン紹介に富んだ本ならたくさんのパターンを暗記することができる。ツルツルした表紙の本ならほおずりできる。そしてスモールステップの親身な本は愛に満ちている。津波級に。


ヒカリっ子で問題集にカバーをかけてつかっている子がいる。解答は書き込まない。姉妹兄弟で使うこともあるいはできるだろう。将来その本をつかって人に教えたりもできるだろう。カバーをつかってたいせつに学ぶ人は必ず成績も伸びる。そういうものだと思う。

離3へ続く(かも)


ほなねぇ。はた、はた、……>波田陽区Blog教育ブログ村教育ブログへ


コラボ離んぐ中:♪ら〜、ら〜、らら〜〜ら〜〜〜、らら〜>lionさん
posted by ヒカリ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離1(コラボ)

080727_0107~01.JPGlionさんの「離」にインスパイアされて。むしろスパークリングされて。

lionがお〜★さんの「」の中に、次の一節(lion節)がある。


つまり、「積極的に勉強すること」=「お金がかかること」と言って過言ではありません。


くわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!(織田裕二で)

「離2」に続く
posted by ヒカリ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独学独習問題集参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする